« 【旅】伊勢マイナー観光(島崎又玄邸跡・駕籠たて松の潮湯跡など) | トップページ | 【演劇】(ネタバレ注意!)同時代的な重いテーマに三谷幸喜一流の笑い「国民の映画」 »

2014/03/08

【歌舞伎】(ネタバレあり!)歌舞伎役者による普通の演劇「空ヲ刻ム者」2014年3月新橋演舞場

 初日に見て来ました。会場は満員。観客の反応もよく、拍手も多かったですが、ぽん太はちと不満でした。公式サイトはこちらです。
 スーパー歌舞伎II(セカンド)をうたっての公演。猿翁が生み出したスーパー歌舞伎が、四代目猿之助によって新た出発する、という企画なのでしょうが、方向性に疑問を感じました。
 猿翁のばあいは、歌舞伎の型や約束事を守るという原則が守られており、それがスーパー歌舞伎の「歌舞伎」としてのアイデンティティとなっておりました。しかし今回の舞台では、見得もほとんどなく、歌舞伎としての様式性が意識的に排除されておりました。歌舞伎らしさは、衣装や、宙乗り、立ち回りといったところでした。これでは「スーパー歌舞伎」ではなく、「歌舞伎役者による普通の演劇」だと思います。じっさい歌舞伎役者じゃない三人の役者も舞台にとけ込んでおりましたが、役者たちの力量もあるでしょうけど、むしろ劇そのものが非歌舞伎的だったせいもあるんじゃないでしょうか。
 脚本も納得できませんでした。細かいところでは、面白いところがありました。例えば十和が一馬に最もふさわしい不動明王を彫ろうとしてできあがったのが、すべてを削ってしまって何ものこっていない状態=「空」(くう)だというのは、思いつきませんでした。題名の「空」が「くう」であることが、芝居を見て初めてわかったのは、最初から猿之助の狙いだったそうですが、ぽん太もまんまとのせられました。ただ全体が、仏教によって支配しようとする支配階級と、真の心の安らぎを求める農民たちの二項対立といった、一昔前のサヨク思想みたいになっているのが残念。東日本大震災を経たいま、支配被支配だの権力闘争だのを越えた、もっと大きな生きることの苦しみを視野に入れて欲しかったです。民衆のためを思っていた一馬がいつの間にか民衆を苦しめることになる……という話しもありきたり。こんかいの脚本の前川知大が仏教に詳しいのはわかりますが、もし「ヤマトタケル」などを書いた哲学者梅原猛が脚本を書いたら、もう一段深い思想を提示してくれたのではないかと考えてしまいます。
 歌舞伎なんだから、重苦しいテーマなんかなくてもいいじゃない、という考え方もあると思います。でもその場合に舞台の面白さを作り出すのは、歌舞伎独特の様式美だと思います。こんかいはその様式美を廃しているわけですが、そうしたらいったいどこに面白さを見いだせばいいのでしょうか。状況説明の独白をしている鳴子に他の登場人物が「誰に話しているの?」と突っ込んで、「説明だよ!」と答えるという常套手段のやり取りで笑えるお客さんには、これでいいのかもしれませんが。
 翌日見た三谷幸喜の「国民の映画」が、三谷流の笑いをとりながらもシリアスなテーマを扱って、とても面白かったので、よけいに落差を感じてしまいました。
 派手はでしい衣装を着て、ありきたりな感動もののドラマが展開して行くのを見ていると、なんだかアニメやテレビゲームの世界に見えて来ます。もともと歌舞伎はサブカルチャーだったわけですけど、スーパー歌舞伎IIはサブカルチャーと再融合していくのでしょうか(ちなみに海老蔵歌舞伎は、ナイナイ岡本を出したり、くまもんをだしたりして、テレビ業界と融合しつつあるようです)。
 立ち回りでの、ダブル戸板倒しや、戸板を使って猿之助が屋根に飛び上がる動きにはびっくりしました。宙乗りもダブルできましたか。
 演技はみな巧み。澤瀉屋のみなさんは、笑いを取るための間の取り方がうまいですね。どうせなら中車さんにも出ていただいて、土下座のパロディなど見たかったです。


スーパー歌舞伎II(セカンド)
空ヲ刻ム者
―若き仏師の物語―
平成26年3月5日 新橋演舞場

十和 市川 猿之助
長邦 市川 門之助
双葉 市川 笑 也
菖蒲 市川 笑三郎
興隆 市川 寿 猿
喜市 市川 弘太郎
時子 市川 春 猿
吾平 市川 猿 弥
九龍 市川 右 近
   
伊吹 福士 誠 治
鳴子 浅野 和 之
一馬 佐々木蔵之介

|

« 【旅】伊勢マイナー観光(島崎又玄邸跡・駕籠たて松の潮湯跡など) | トップページ | 【演劇】(ネタバレ注意!)同時代的な重いテーマに三谷幸喜一流の笑い「国民の映画」 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/59243139

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】(ネタバレあり!)歌舞伎役者による普通の演劇「空ヲ刻ム者」2014年3月新橋演舞場:

« 【旅】伊勢マイナー観光(島崎又玄邸跡・駕籠たて松の潮湯跡など) | トップページ | 【演劇】(ネタバレ注意!)同時代的な重いテーマに三谷幸喜一流の笑い「国民の映画」 »