« 【料理自慢の宿】的矢牡蠣のフルコースに舌鼓・いかだ荘山上(★★★★★) | トップページ | 【宿】登録有形文化財のローマ風呂は工芸品レベル・岩本楼@江ノ島(★★★★) »

2014/03/31

【料理自慢の温泉】ブランドは名ばかりじゃないよ!間人ガ二が美味し「炭平」(★★★★)

Img_7993
 2月中旬、的矢牡蠣のフルコースを満喫したぽん太とにゃん子は、一路日本列島を横断し、日本海に面する丹後半島へと移動。お目当ては超有名ブランドの間人(たいざ)ガニ。お世話になったのは炭平さんです(公式サイトはこちら)。
 冬になるとカニを食べたくなるぽん太とにゃん子ですが、高価なブランド蟹はこれまで避けてきました。しかし、だんだんと高齢化してきて、いつ死ぬかもわからないので、今年は奮発することにしました。
Img_7963 建物は新しく立派な和風旅館です。
Img_7985 ロビーです。軽い感じが好ましく、色彩感覚もいいですね。
Img_7966 客室は落ち着いた和室です。窓の外は日本海。どんよりと曇っております。実はこの二日後に日本列島を大雪が襲いました。予定が一日ずれていたら、高速道路上で丸一日缶詰になったかもしれません。
Img_7969 洗面所など細かいところも、美しく作り込まれております。
Img_7978 いろいろな自家製リキュールが並んでいて、試してみることができます。
Img_7990 メニューです。お金がないので量はいいけど、いろんな食べ方を味わいたいということで、一人カニ1匹の「蟹フルコース」を選択。
Img_7986 様々な調味料が並べられてスタンバイ。お造りに茹こっぺがに。そしてこれだけは外したくないのが蟹刺身。舌の上でとろけるようにやわらかく、甘みと旨味がノンブランド品とは全然違います。
Img_7991 カニを美味しく頂くには、美味しい日本酒が不可欠です。銘酒セットをお願いしました。
 茹でガニ君登場!(冒頭の写真)。蟹味噌が新鮮で美味でした。
Img_7998 蟹炭火焼セット登場。美味しくいただいてあげましょう。
Img_8001 脚が焼き上がりました〜。う〜ん香ばしい。生もいいけど焼きもうまい!
Img_8000 カニミソが焼き上がりました〜。ふわふわアツアツです。煮るのと全然違うんですね〜。
Img_8004 蟹しゃぶです。生でもない、茹ででもない、独特の旨味が魅力です。
Img_8008 最後はもちろん蟹雑炊で〆。仲居さんが作ってくれたのは、軽くかき混ぜるタイプでした。
Img_8015 デザートは温州みかんシャーベット。味といい色合いといい、京都らしい一品です。
Img_7977 さて温泉です。蔵を模した浴室の入り口は雰囲気があって悪くありません。
Img_8022 内湯は岩風呂風です。
Img_8023 日本海が見渡せる露天風呂が付いております。展望が良すぎて、下の農家から丸見えですが、にゃん子によると、女湯はちゃんと見えないようになってるそうです。
 残念だったのは泉質がカルキ泉のこと。消毒臭が強すぎて、「温泉」を楽しむことができませんでした。
Img_8018 朝食も、地元の海の幸や新鮮な野菜が美味しかったです。
Img_8020 野菜や飲み物はバイキング形式になっており、さらにへしこや白バイ貝(?)はお好みで焼いて頂けます。
 これまで「ブランド蟹なんて、ノーブランドと味は一緒なんじゃない!?」と思っておりましたがさにあらず。甘みといい旨味といい、高いお金を払う価値があることを初めて知りました。蟹料理だけなら5点満点なんですが、残念なのは温泉。宿全体として評価した場合、温泉がマイナス1点となって、ぽん太の評価は4点となります。でもカニは絶品ですよ。

|

« 【料理自慢の宿】的矢牡蠣のフルコースに舌鼓・いかだ荘山上(★★★★★) | トップページ | 【宿】登録有形文化財のローマ風呂は工芸品レベル・岩本楼@江ノ島(★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

酒と食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/59380932

この記事へのトラックバック一覧です: 【料理自慢の温泉】ブランドは名ばかりじゃないよ!間人ガ二が美味し「炭平」(★★★★):

« 【料理自慢の宿】的矢牡蠣のフルコースに舌鼓・いかだ荘山上(★★★★★) | トップページ | 【宿】登録有形文化財のローマ風呂は工芸品レベル・岩本楼@江ノ島(★★★★) »