« 【演劇】(ネタバレ注意!)STAP問題と奇しくもシンクロ「酒と涙とジキルとハイド」三谷幸喜 | トップページ | 【オペラ】やっぱり不気味「ヴォツェック」新国立劇場 »

2014/04/18

【歌舞伎】藤十郎一世一代の「曽根崎心中」2014年4月歌舞伎座昼の部

 藤十郎一世一代とうたった「曽根崎心中」が絶品でした。公式サイトはこちらです。
 まずWikipediaで歴史のおさらいです。「曽根崎心中」は言わずと知れた近松門左衛門の名作。教科書にも出てました。初演は文楽で元禄16年(1703年)竹本座。しかし、本作を初めとする心中ものブームによる、リアル心中の増加により、幕府は享保8年(1723年)に心中物の上演、出版を禁止し、上演は途絶えました。
 昭和28年(1953年)、200年以上のブランクののちに新橋演舞場で再演。宇野信夫の脚色により、九平次の悪が露見する場面が加えられました。徳兵衛は2代目中村鴈治郎(現藤十郎の父)、お初は現在の4代目藤十郎である2代目中村扇雀で、以後約60年余にわたり、藤十郎はこの役を演じ続け、育ててきたのです。
 この「曽根崎心中」のストーリーはちょっと「微妙」です。ふつう「悲劇」というと、心中へと否応なしに追い込まれていく過程を描いていきます。しかしお初と徳兵衛は、劇の前半で心中を決意するのであって、ちょっとあっけないくらいです。宇野信夫が付け加えた九平次の悪の露見によって、かろうじて「悲劇性」が保たれています。替わりに描き込まれているのは、曽根崎の森で心中する二人の情愛です。ここにこそ、この芝居の眼目があると言えましょう。
 藤十郎のお初は完成された芸で円熟の極み。傘寿を越えたおじいさんが、若い娘に見えます……が、時としてちょっと独力を要します。直前の演目の又五郎の女大名が一瞬重なりました。翫雀の徳兵衛もお見事。ただ今回の公演、その他の役者が関東系だったのが残念。歌舞伎座だから仕方ないかもしれませんが、橋之助や左團次、東蔵が持ち味を出してたものの、上方の役者で固めていたら、もっと和事のはんなりした情感が出たと思います。
 今後は扇雀や壱太郎がお初を演じるのでしょうか。ちょっと寂しいですが、それはそれで楽しみでもあります。
 幕開きの「壽春鳳凰祭」は、歌舞伎座新開場を祝う鳳凰祭の最後を飾る雅やかな踊り。「鎌倉三代記」は申し訳ありませんが日頃の疲れから寝倒しました。
 「壽靱猿」では膵臓癌の手術をした三津五郎が登場。こうした滑稽な踊りを、爽やかかつ洒脱に演じるのは三津五郎ならでは。小猿の子役が名演で、猿らしくもありながら、けなげで可愛らしく、かつ哀れでした。殺されるとも知らずに一生懸命芸を演じる姿が、震災やら原発事故やら、様々な危険のなかで無邪気に生きる無知なる我々を思わせ、また弱者を守ろうとする人々の暖かな気持ちが、この不寛容の時代と重なって、ちとウルウルしました。
 話しは変わりますが、松竹さんにお願い。ホームページに義太夫や鳴り物の人の名前も表示して下さい。ぽん太は最近筋書きを買わないので、よろしくお願いします。
 

歌舞伎座新開場一周年記念
歌舞伎座松竹経営百年
先人の碑建立一年
鳳凰祭四月大歌舞伎

歌舞伎座
平成26年4月10日 昼の部

歌舞伎座新開場一周年記念
一、壽春鳳凰祭(いわうはるこびきのにぎわい)  
   女御 時 蔵
   女御 扇 雀
   大臣 橋之助
   大臣 錦之助
   女御 梅 枝
   同 新 悟
   大臣 萬太郎
   同 隼 人
   従者 進之介
   帝 我 當

二、鎌倉三代記(かまくらさんだいき)
  絹川村閑居の場  
   佐々木高綱 幸四郎
   時姫 魁 春
   母長門 歌 江
   おくる 歌女之丞
   富田六郎 桂 三
   三浦之助義村 梅 玉

三、壽靱猿(ことぶきうつぼざる)
  鳴滝八幡宮の場  
   猿曳寿太夫 三津五郎
   奴橘平 巳之助
   女大名三芳野 又五郎

坂田藤十郎一世一代にてお初相勤め申し候
四、曽根崎心中(そねざきしんじゅう)  
   お初 藤十郎
   平野屋徳兵衛 翫 雀
   油屋九平次 橋之助
   天満屋惣兵衛 東 蔵
   平野屋久右衛門 左團次

|

« 【演劇】(ネタバレ注意!)STAP問題と奇しくもシンクロ「酒と涙とジキルとハイド」三谷幸喜 | トップページ | 【オペラ】やっぱり不気味「ヴォツェック」新国立劇場 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

仁左衛門の一世一代とは違って、息子の襲名披露ともなれば、あっさりアンコールに応えてましたけど。

投稿: 通りすがり | 2017/09/05 04:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/59485305

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】藤十郎一世一代の「曽根崎心中」2014年4月歌舞伎座昼の部:

« 【演劇】(ネタバレ注意!)STAP問題と奇しくもシンクロ「酒と涙とジキルとハイド」三谷幸喜 | トップページ | 【オペラ】やっぱり不気味「ヴォツェック」新国立劇場 »