« 【温泉】湯西川温泉で隠れ里の雰囲気が残る数少ない宿/清水屋旅館(★★★★) | トップページ | 【歌舞伎】藤十郎一世一代の「曽根崎心中」2014年4月歌舞伎座昼の部 »

2014/04/17

【演劇】(ネタバレ注意!)STAP問題と奇しくもシンクロ「酒と涙とジキルとハイド」三谷幸喜

 以下の文章には「ネタバレ」が含まれておりますのでご注意下さい。

 恐らく三谷幸喜は「よしきた〜〜!!」と叫んだのではないでしょうか。ジキル博士の人格を分裂させる薬、学会発表の前日になっても実は完成しておらず、苦肉の策で別人格のハイド氏を役者に演じさせるというお話。昨今話題のSTAP細胞問題と見事にシンクロしております。折しもぽん太が観に行った日は、ケビン・コスナー笹井の記者会見が、劇と同時進行で行われておりました。ジキル博士を演じる片岡愛之助は、「これまで200回も実験に成功してるんだ〜」とか「実験ノートが4〜5冊ある〜」とか叫んで、笑いを取ってました。
 STAP細胞の発見の記者発表が行われたのは今年の1月29日、画像データの不自然さが海外の研究者から指摘されたのが2月13日。論文の無断引用の発覚が2月28日。一方で「酒と涙とジキルとハイド」の制作発表は昨年の10月8日。ん?まてよ。当時の記事を探してみると……。ありました、ありました。たとえばこちらのサンスポの記事「愛之助、優香と初共演「関西の血が騒ぎ始めています」」(2013年10月9日)には、次のように書かれています。
 「酒と涙とジキルとハイド」は、19世紀のロンドンが舞台。人格が善と悪に二分化される薬品を発明したジキル博士が飼い猫に薬を飲まれたことから、助手(迫田孝也=36)のアイデアで、売れない役者のアンドリューにハイド氏を演じさせることに…。
 そ、そうか〜。ということは、事前の設定では「薬は発明したけど猫に飲まれてしまう」というものだったけど、STAP事件があってから、「実験が失敗して薬は作れなかった」という設定に変えたんでしょうね。う〜ん、さすが三谷、機を見るに敏。
 さらに上の記事には、「優香は婚約者の役以外にもジキル博士と出会う娼婦のルイーザを演じ、初舞台にして2役に挑戦する」と書いてあります。ここも理由は分からないけど、変更になったようですね。

 で、こんかいの舞台ですが、三谷お得意の人物入れ替わり系のドタバタ・コメディで、ひたすら楽しく面白く、なんだか初期の舞台に戻ったかのようでした。
 ただ、配役がちょっと弱かったかな〜。愛之助は歌舞伎ではもはや中堅、「半沢直樹」の黒崎検査官の怪演で話題になりましたが、やはりコメディの舞台では、テンポが悪かったりメリハリがなかったり。初舞台の優香ちゃんを含め、話題の役者たちに頑張ってもらおう!という企画だったと思うんですが、ベテランのコメディアンで固めたら、もっと面白かったと思います。藤井隆はさすがによしもと所属のお笑いタレント、笑いの間の取り方は見事でした。
 とはいえ、最初から最後まで大笑い。愛之助もそれなりに健闘。ちゃんとオネエ言葉の場面もあって、観客の期待を裏切りませんでした。初舞台の優香ちゃん。テレビでは可愛いという印象でしたが、実際見てみると「美人」でした。ちょっと見ててこちらが恥ずかしくなっちゃうところもありましたが、初舞台としては合格点。今後も舞台に出て欲しいですね。藤井隆がお笑いのプロらしく、舞台を引き締めました。迫田孝也、舞台では初めて見ましたが、う〜ん、もう一息、実は事態を全て仕切っている風が欲しかった。
 優香ちゃんが演じるイブが自分の殻を破った状態が、なんだかSMまがいだったのはちょっとがっかりしました。自分の殻を破るというのにも少しドラマがあって、ちょっとウルウルくるような場面があったら「さらに」よかったのですが。
 舞台上(屋上?)の二人のアーティストの生演奏による音楽と効果音もシャレてました。
 「酒と涙と……」と言えば、河島英五の「酒と泪と男と女」が頭に浮かびますが、今回のタイトルはなぜ「泪」じゃやなくて「涙」なのか……。ま、どうでもいいですけど。
チケットぴあ
「酒と涙とジキルとハイド」
池袋芸術劇場 プレイハウス
2014年4月16日 14:00

作・演出:三谷幸喜
出演:片岡愛之助 優香 藤井隆 迫田孝也

|

« 【温泉】湯西川温泉で隠れ里の雰囲気が残る数少ない宿/清水屋旅館(★★★★) | トップページ | 【歌舞伎】藤十郎一世一代の「曽根崎心中」2014年4月歌舞伎座昼の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/59484801

この記事へのトラックバック一覧です: 【演劇】(ネタバレ注意!)STAP問題と奇しくもシンクロ「酒と涙とジキルとハイド」三谷幸喜:

« 【温泉】湯西川温泉で隠れ里の雰囲気が残る数少ない宿/清水屋旅館(★★★★) | トップページ | 【歌舞伎】藤十郎一世一代の「曽根崎心中」2014年4月歌舞伎座昼の部 »