« 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(1)日程のご案内とタイ前夜泊 | トップページ | 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(3)日本(西岡京治)やインドの力を借りて幸福 »

2014/05/08

【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(2)自動車事情・台数制限とEV導入で幸せ

Img_9187
Img_8668 ブータンのパロにある空港に到着です。
Img_8671 さっそく国王夫妻のでっかい写真が御出迎えです。ご夫妻の写真は、レストランやホテルの内部も含めて、ブータンのそこかしこで見ることができました。日本の感覚からすると、身を寄せ合った姿は、国王夫妻の肖像写真にしてはちょっと親密すぎる気がします。ひょっとして、最も「幸福」なのは国王夫妻?
Img_8674 こんかいの旅の間中お世話になったバスです。トヨタ製ですね。
P5020119 ブータンには日本車、特にスズキの車が多いそうです。他国にもれず、ブータンでも自動車の台数が急増しておりました。しかし、これまで国が購入価格の半額のローンを提供していたのを、数年前に廃止することによって、現在は事実上の車の台数制限が行われているそうです(ちょっと不正確かも)。
Img_8802 ネパールの首都カトマンズなどはたくさんの車が走り回っていて、一昔前の日本のように、慢性的な交通渋滞や排気ガスによる大気汚染が問題となっております。「幸福」を目指すブータンは、このような道を進むのを避けようとしているようです。
 今年(2014年)の2月、ブータンと日産が電気自動車の普及を目指すための覚え書きを交わしたというニュースが流れました(たとえばこちら)。実現すれば確かにGNH(国民総幸福量)の増大に寄与しそうですが、一方ではハイブリット車開発に乗り遅れ、電気自動車で起死回生を目指す日産の思惑なども透けて見え、簡単なことではありません。
Img_8721 自動車の普及と同時に、道路の整備も行われました。写真はパロとティンプーを結ぶ「高速道路」ですが、人も歩けば牛も通ります。
Img_8794 ブータンには信号がひとつもありません。以前に作られたこともありましたが、信号の見方が分からない人が多くて、信号無視が多発したため、けっきょく撤去されてしまったんだそうです。現在は交差点は円形交差点(ラウンドアバウト)になってます。写真は首都ディンプーで、円形交差点の中心に設置されたボックスで交通整理をするお巡りさんです。
 ちなみにブータンは、車は左側通行です。
Img_8884 車つながりで書いておくと、ブータンのトラックはとても派手で、いわゆる「デコトラ」です。先頭に日本で停止表示板として使われている三角の反射板が付けられていますが、夜間にすれ違う時に見えやすくするためでしょうか。
Img_8719 こちらは別のトラック。
Img_8720 もひとつオマケ。にゃん子「ライトの上の目が可愛いわね。うちの車にも付けようか。」ぽん太「やめときなさい!」
 なお、ブータンの飛行機の国内線に関しては、主に東西を結ぶ路線がいくつかあるそうですが、週に数便と便数が少ない上、高価なのでブータン人はほとんど利用しないそうです。
 今回のガイドさんはブータン東部の出身で、西部にある首都ティンプーから行くには数日間かかるそうです。昨年郷里の母親が死去しましたが、仕事が立て込んでいたこともあって、帰省できなかったそうです。
 また、ブータンには鉄道もありません。

|

« 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(1)日程のご案内とタイ前夜泊 | トップページ | 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(3)日本(西岡京治)やインドの力を借りて幸福 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(2)自動車事情・台数制限とEV導入で幸せ:

« 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(1)日程のご案内とタイ前夜泊 | トップページ | 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(3)日本(西岡京治)やインドの力を借りて幸福 »