« 【オペラ】イタリアの白黒映画みたい「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」新国立劇場 | トップページ | 【文楽】猫に小判、狸に住大夫引退公演。2014年5月国立劇場第一部 »

2014/05/25

【歌舞伎】ひょうひょうとした左團次の粂寺弾正/2014年5月歌舞伎座昼の部

 5月の歌舞伎座は昼の部だけの観劇でしたが、なかなか楽しめました。公式サイトはこちらです。

 まずは左團次の「毛抜」。普段は脇を固めることが多い左團次が主役の粂寺弾正を演じるのは、團十郎が他界したゆえなのでしょうか。左團次の暖かくひょうひょうとした人柄がそのまま出ており、荒事っぽさは弱かったですが、ホンワカした粂寺弾正でした。これまで見たことがないパターンだったので、見れて良かったです。若衆や腰元に目を留めて、すんごい嬉しそうに歯を見せてニカッと笑った表情と、対照的に若衆の巳之助のすごく嫌そうな表情が、面白かったです。

 続いて「また勧進帳」、ぽん太は菊之助の富樫に注目。義経一行が関を通ることを許し、上手に去って行くところでは、一行をじっと見つめる方が強く、くっと顔を上げる動作はあっさりでした。海老蔵の弁慶のパワーを真っ向から受けて立とうとしたのか、強力に化けた義経を呼び止めるところなど、そんなに大きな声を出さなくてもいいような気がしました。全体としては悪くなかったですが、風格や味が出て来るのはこれからでしょうか。
 芝雀の義経も、「意外に」と言っては失礼ですが、よかったです。女形だとなんだかちまちました感じになりがちですが、義経は、厳しい表情のなかに、高貴さや、兄弟に追われる苦しさがにじみ出ておりました。判官御手もなかなか。

 最後の菊之助の「魚屋宗五郎」は、何度も見てると思ってたのですが、何度見ても良かったです。リズム、間の取り方、動きの面白さ、形の美しさ、どれをとっても最高で、一瞬たりとも飽きることなく、最初から最後まで観ることができました。あっぱれです。

歌舞伎座
團菊祭五月大歌舞伎
十二世市川團十郎一年祭
平成26年5月15日

昼の部

一、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)
   
  粂寺弾正 左團次
  小原万兵衛 権十郎
  小野春風 松 江
  腰元巻絹 梅 枝
  秦秀太郎 巳之助
  腰元若菜 廣 松
  錦の前 男 寅
  秦民部 秀 調
  八剣玄蕃 團 蔵
  小野春道 友右衛門

二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
   
  武蔵坊弁慶 海老蔵
  富樫左衛門 菊之助
  亀井六郎 亀三郎
  片岡八郎 亀 寿
  駿河次郎 萬太郎
  常陸坊海尊 市 蔵
  源義経 芝 雀
  新皿屋舗月雨暈

三、魚屋宗五郎(さかなやそうごろう)
   
  魚屋宗五郎 菊五郎
  女房おはま 時 蔵
  磯部主計之助 錦之助
  召使おなぎ 梅 枝
  茶屋娘おしげ 尾上右近
  小奴三吉 橘太郎
  菊茶屋女房おみつ 萬次郎
  父太兵衛 團 蔵
  浦戸十左衛門 左團次

|

« 【オペラ】イタリアの白黒映画みたい「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」新国立劇場 | トップページ | 【文楽】猫に小判、狸に住大夫引退公演。2014年5月国立劇場第一部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/59692720

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】ひょうひょうとした左團次の粂寺弾正/2014年5月歌舞伎座昼の部:

« 【オペラ】イタリアの白黒映画みたい「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」新国立劇場 | トップページ | 【文楽】猫に小判、狸に住大夫引退公演。2014年5月国立劇場第一部 »