« 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(2)自動車事情・台数制限とEV導入で幸せ | トップページ | 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(4)チベット仏教を信仰して幸せ »

2014/05/09

【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(3)日本(西岡京治)やインドの力を借りて幸福

 話しは遅々として進みませんが、パロの空港に降り立ったぽん太とにゃん子は、ブータン最古の寺キチュ・ラカンに向かいます。
 Img_8678 空港の滑走路を見下ろす道ですが、手前に半分見えている家が、西岡京治さんが住んでいた家だそうです。
 ぽん太も「そういえば聞いたことがあるかな〜」ぐらいの感じだったのですが、ブータンの農業指導に生涯を捧げた人だそうです。その貢献によって国王から「最高に優れた人」という意味の「ダショー」という称号を贈られて「ダショー・西岡」と呼ばれ、また1992年に死去した時はブータン政府によって国葬が行われたそうです(Wikipedia)。
Img_8686 道路工事が行われていますが、働いているのはインド人の女性です。ブータン人は農作業は行いますが、こうした土木作業は主にインド人労働者に頼っているんだそうです。
Img_8859 こちらは、建設作業に従事する外国人労働者。
P5040476 ちと見づらいですが、インド人労働者はこのようなバラックを建てて住んでいます。インド人の生活力にはおどろくばかりです。写真はハで撮ったものです。
 インド人労働者に関しては、ブータン人に差別意識があるとか、ブータン人は自分たちがやりたい仕事しかしないなどの批判もあるようです。
P5020177 ちなみにブータンのビルの建設現場では、足場は竹で造られます。
Img_8915 ブータン特有の民家は、ブータン人が自ら建てます。土壁を突き固めるのは女性の仕事で、歌を歌いながらぺったんぺったん突くそうです。
Img_8911 インド人に頼るといえば、軍事力もその一つです。写真はハにあるインド軍のキャンプ地です。ブータンは北が中国、南がインドに接してますが、中国とはどちらかというと敵対していて、インドと仲がいいようです。インドにとっても、ブータンを軍事的に守ることは、自国の防衛にとって役にたつのだろうと推測できます。
Img_8969 ハは中国国境に近くに位置する町で、北側に聳えるヒマラヤの山の向こうは、中国のチベットになります。
P5030318 また、ブータン人は宗教上の理由から動物を殺すことはできないので、肉や魚は主にインドから輸入しているそうです。

|

« 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(2)自動車事情・台数制限とEV導入で幸せ | トップページ | 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(4)チベット仏教を信仰して幸せ »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(3)日本(西岡京治)やインドの力を借りて幸福:

« 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(2)自動車事情・台数制限とEV導入で幸せ | トップページ | 【幸福って何!とブータンで叫ぶ】(4)チベット仏教を信仰して幸せ »