« 【拾い読み】とてもリアルなルポルタージュ!『宮地團四郎日記 土佐藩士が見た戊辰戦争』 | トップページ | 【歌舞伎】「名月八幡祭」の吉右衛門の芸/2014年6月歌舞伎座夜の部 »

2014/06/18

【バレエ】毒抜きしすぎて悲劇性が薄れたかな。Kバレエ「ロミオとジュリエット」

20140615_132347 サッカー・ワールドカップ、初戦のコートジボワール戦は残念ながら負け!せっかく渋谷に来たので、大勢のお巡りさんが興奮冷めやらぬサポーターに目を光らせているハチ公前交差点を、渡ってみました。ちょっとドキドキしました。

 さて、Kバレエの「ロミオとジュリエット」、ぽん太は3年振り3回目の鑑賞です。前回の記事を読んでみると、どっぷりと感情移入して観ていたらしく、かなり絶賛しておりますが、今回はまた違った印象を受けました。すなわち、Kバレエのファン層の良家子女向けに、不安、恐怖、残酷さ、暴力性といった毒を抜きすぎたために、ドラマチックさが弱まっているように思えました。
 例えば、ロミオと一夜を過ごした後のジュリエットが、訪ねて来たパリスと踊るパ・ド・ドゥ。絶望感とパリスに対する嫌悪感から、まるで腑抜けのようになって踊る振付けが多いですが、今回はその辺は抑え気味で短くなっており、パリスの求愛のソロが長めになっていたように思います。しかも宮尾君のパリスはとっても誠実な好青年。パリスは、悪役まではいかないものの、「いい人」だと何か変です。これでは、ラストでロミオに刺されて殺されるのがあまりに可哀想で、このバレエで一番不幸なのはパリスのような気がします。
 薬で仮死状態のジュリエットとロミオの踊りも、短めだった気がします。確かにぐったりしたジュリエットと踊る姿はグロテスクですが、こうした「毒」がないと、ドラマチックな悲劇性が弱まり、きれいにまとまった恋愛ドラマみたいになってしまいます。
 乳母の前田真由子のコミカルな動きも上手でしたが、やはり舞台を「可愛らしいもの」にしていました。
 プロコフィエフの音楽だって、決して単なる愛のドラマではなく、不協和音や強烈なリズムによる不気味さ、不安感があると思うのですが。
 とはいえ、バルコニーシーンは最高でした。熊川のパフォーマンスはまだまだ衰えを見せないですね。「片足でクルクル回りながら飛び上がって、着地してからもクルクル回り続ける技」(名称不明)もすごかったです。ロベルタ・マルケスは、小柄でキュートで、まさにジュリエットはまり役。可愛いだけではなく、後半での演技力もお見事。でもナイフで自分の腹を刺す時は、もっと力を入れるもんじゃないのかな。ベンヴォーリオの井澤諒が素晴らしいピルエットを見せて、大きな拍手をもらってました。
チケットぴあ

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY
15 Anniversary, Spring Tour 2014
「ロミオとジュリエット」 Romeo and Juliet
2014年6月15日
Bunkamuraオーチャードホール

ロミオ Romeo :熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
ジュリエット Juliet :ロベルタ・マルケス Roberta Marquez
マキューシオ Mercutio :伊坂文月 Fuzuki Isaka
ティボルト Tybalt :遅沢佑介 Yusuke Osozawa
ベンヴォーリオ Benvolio :井澤諒 Ryo Izawa
ロザライン Rosaline :白石あゆ美 Ayumi Shiraishi
パリス Paris:宮尾俊太郎 Shuntaro Miyao
キャピュレット卿 Lord Capulet :スチュアート・キャシディ Stuart Cassidy
キャピュレット夫人 Lady Capulet :酒井麻子 Asako Sakai
乳母 Nurse:前田真由子 Mayuko Maeda
僧ロレンス Friar Laurence :川村海生命 Mikina Kawamura
僧ジョン Friar John:笹本学 Gaku Sasamoto

キャピュレット家の娘たち Capulet young women
  辻久美子 Kumiko Tsuji / 山田蘭 Ran Yamada
  金雪華 Solhwa Kim / 國友千永 Chiei Kunitomo / 新居田ゆり Yuri Niida
キャピュレット家の若者たち Capulet young men
  ニコライ・ヴィユウジャーニン Nikolay Viyuzhanin / 杉野慧 Kei Sugino
  浜崎恵二朗 Keijiro Hamasaki / 栗山廉 Ren Kuriyama / 吉田太郎 Taro Yoshida
ヴェローナの娘たち Verona girls
  井上とも美 Tomomi Inoue
  湊まり恵 Marie Minato / 中村春奈 Haruna Nakamura
  荒蒔礼子 Reiko Aramaki / 松岡恵美 Emi Matsuoka / 大井田百 Momo Oida
ジュリエットの友人たち Juliet friends
  佐々部佳代 Kayo Sasabe / 日向智子 Satoko Hinata / 井平麻美 Asami Ihira
  梶川莉絵 Rie Kajikawa / 河合有里子 Yuriko Kawai
マンドリンダンス The Mandolin dance
  池本祥真 Shoma Ikemoto / 福田昂平 Kohei Fukuda
  篠宮佑一 Yuichi Shinomiya / 石橋奨也 Shoya Ishibashi
街の人々 Towns people / 客人たち Guests 他 Artists of K-BALLET COMPANY

●芸術監督 Artistic Director 熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
●演出・振付 Production / Choreography 熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
●音楽 Music セルゲイ・プロコフィエフ Sergei Prokofiev
●原作 Original Story ウィリアム・シェークスピア William Shakespeare
●舞台美術・衣裳 Set and Costume Design ヨランダ・ソナベンド Yolanda Sonnabend
●舞台美術・衣裳アソシエイト Associate Set and Costume Design マシュー・ディーリー Matthew Deely
●衣裳アソシエイト Associate Costume Design アラン・ワトキンス Allan Watkins
●照明 Lighting Design 足立恒 Hisashi Adachi
●指揮 Conductor 井田勝大 Katsuhiro Ida
●管弦楽 シアター オーケストラ トーキョー Theater Orchestra Tokyo

|

« 【拾い読み】とてもリアルなルポルタージュ!『宮地團四郎日記 土佐藩士が見た戊辰戦争』 | トップページ | 【歌舞伎】「名月八幡祭」の吉右衛門の芸/2014年6月歌舞伎座夜の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/59821262

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】毒抜きしすぎて悲劇性が薄れたかな。Kバレエ「ロミオとジュリエット」:

« 【拾い読み】とてもリアルなルポルタージュ!『宮地團四郎日記 土佐藩士が見た戊辰戦争』 | トップページ | 【歌舞伎】「名月八幡祭」の吉右衛門の芸/2014年6月歌舞伎座夜の部 »