« 【山菜・温泉】山菜の宝庫月山にある志津温泉かしわや(★★★★)付:茂木正二酒店@山形市 | トップページ | 【山菜・温泉】夏は登山で賑わう宿に、今回は山菜目当でお伺いしました/常念坊(★★★★) »

2014/06/10

【登山】高ボッチ山・鉢伏山も立派なピークハントだよ

P6040154
 性懲りもなく今週も山菜を食べに旅行。その前に上高地にでも寄ろうかと思っていたのですが、出発が遅れて行ったとしてもタッチアンドゴーになりそうな気配。そこで、ちょっと気になっていたけど行く機会がなかった高ボッチ山と鉢伏山に行くことにしました。地図もありませんが、スマホでゲットした案内図を見ながらゴー!
 高速を岡谷インターで降り、国道20号を走って塩尻峠を越え、高ボッチスカイラインを登っていきました。初めて走った道で、ちょっと新鮮でした。高ボッチ高原の草競馬場では、山菜採りをしている人たちがいました。ワラビの出始めだったようですが、ワラビはアク抜きが面倒なので、ぽん太とにゃん子はスルーしました。
 花の百名山に入っている山ですが、花盛りにはちと時期が早かったようです。

【山名】高ボッチ山(1665m)、鉢伏山(1929m)、前鉢伏山(1836m)
【山域】甲信越
【日程】2014年6月4日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】曇りのちガス
【ルート】駐車場12:24…高ボッチ山山頂12:32…駐車場…ひょうたん池13:00…駐車場13:21
鉢伏山荘駐車場13:53…鉢伏山14:11…前鉢伏山14:33…鉢伏山荘駐車場14:43

(※3D地図や当日の天気図などは「山行記録のページへ」をクリック)
【見た花】レンゲツツジ、トウゴクミツバツツジ、ズミ、ベニサラサドウダン、サクラソウの一種、クリンソウ
【見た動物】子鹿のバンビ
【マイカー登山情報】高ボッチ山には、自然保護ボランティアセンター前の無料駐車場が利用できます。鉢伏山には、鉢伏山荘の有料駐車場(協力金500円也)を利用します。1時間弱でこの値段は高すぎる気がしますが、かといって付近の路肩には停めるスペースは全くありません。

Img_9297 いきなり山頂の写真というのはぽん太のブログでもさすがに初めてか。登り始めて10分弱で到着です。天気が良ければアルプスの展望が素晴らしいのでしょうが、梅雨入り直前であいにくの曇り空でした。
Img_9298 レンゲツツジがちょっとだけ咲き始めてました。満開になったら見事でしょうね。でも、きっと混雑することでしょう。
Img_9300 こちらはトウゴクミツバツツジ。普通のミツバツツジの雄しべは5本ですが、トウゴクミツバツツジは10本です。雄しべが十(とう)なら「トウ」ゴクミツバツツジと覚えましょう。
Img_9302 駐車場に戻りましたが、あまりに物足りないので、表示に従って「ひょうたん池」まで行くことにしました。途中、満開のズミの木があちこちに見られました。
Img_9303 色が濃いのでベニサラサドウダンでしょうか。
Img_9304 ひょうたん池は、水量が少ないせいか、ひょうたん型ではなく卵型でした。
Img_9307 岸辺にサクラソウの一種が咲いてましたが、なんだかわかりません。どなたか教えて下さい。
Img_9310 こちらはクリンソウですね。
Img_9313 車で移動し、鉢伏山荘の有料駐車場に車を停め、鉢伏山山頂へ。完璧に整備された道ですが、高ボッチ山よりは登りがいがあります。遠目には、名前の通り鉢を伏せたような格好で、山頂付近は広々してるので、標識がないとどこが山頂かわかりません。
Img_9314 山頂付近に鳥居と祠がありました。
Img_9318 比較的新しく見える石の祠には、「鉢伏大神」と書いてありました。あとでググってみましたが、いわれはよくわかりません。祠の少し先に、いくつかの宗教的な石造物が並んでいる所があるそうですが、見逃しました。いずれにしろ、鉢伏山は山岳信仰の山ということでしょう。
 鉢伏山の西麓に「牛伏寺」(ごふくじ)というお寺があり、国指定の重要文化財もある立派なお寺のようで、何か関係があるような気がしますがホームページ(→こちら)の「縁起」を見ても関連はよくわかりません。
 ようやく見つけた松本市文化財ホームページ「松本のたから」(→こちら)に、牛伏寺は、鉢伏山の山岳信仰から山頂に祀られた鉢伏権現の、里寺的性格があったらしいと書かれています。牛伏寺がかつては、山岳信仰と真言密教が習合した宗教施設だったというのは、ありえる話しです。こうした歴史は、明治時代の神仏分離・廃仏毀釈によって、消し去られてしまったのでしょう。牛伏寺、そのうち訪れてみたいです。
 また、昔の山と渓谷社の「美ガ原・霧が峰 (アルペンガイド12)」(1995年)によると、頂上からちょっと西側に下ったあたりの立ち入り禁止区域に、鳴神碑や若山牧水・喜志子夫妻の歌碑があるそうです。歌舞伎好きのぽん太は、「鳴神」と聞いては捨て置かれません。ぜひ、通路を開放して欲しいと思います(500円も取ったんだから)。
Img_9315 鉢伏山山頂付近を、ヘリコプターが超低空でホバリングして行きました。荷揚げじゃなさそうだし。こんな時期に鉢伏山に登っているぽん太とにゃん子が、不審者に見えたんでしょうか。
Img_9320 温泉に泊まって夕食をいただくには、まだちょっと歩き足りなかったので、前鉢伏山にも行きました。明日の梅雨入りに向けて天候は下り坂で、ガスがかかってきました。
Img_9325 帰り道で、子鹿を見かけました。脅かさないように車でゆっくりと通り過ぎようとしているのに、道路上を進行方向に逃げて行くので、なかなか追い抜けませんでした。かなりの子供で、足がヨタヨタしていたので、ほんとに生まれて間もない子鹿かも知れません。母親がとつじょ車に体当たりでもしてくるんじゃないかと、ヒヤヒヤしました。
 帰りは崖の湯温泉方面に下りました。山上旅館(やまじょうりょかん)は、ぽん太は20年以上前に泊まったことがあるのですが、温泉街全体がかなり寂れている感じでした。日本の秘湯を守る会に所属する薬師平茜宿を除くと、集客が落ちているのかもしれません。

|

« 【山菜・温泉】山菜の宝庫月山にある志津温泉かしわや(★★★★)付:茂木正二酒店@山形市 | トップページ | 【山菜・温泉】夏は登山で賑わう宿に、今回は山菜目当でお伺いしました/常念坊(★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】高ボッチ山・鉢伏山も立派なピークハントだよ:

« 【山菜・温泉】山菜の宝庫月山にある志津温泉かしわや(★★★★)付:茂木正二酒店@山形市 | トップページ | 【山菜・温泉】夏は登山で賑わう宿に、今回は山菜目当でお伺いしました/常念坊(★★★★) »