« 【歌舞伎】名場面「岡崎」長く上演されなかった理由がよくわかる・吉右衛門の「伊賀越道中双六」国立劇場 | トップページ | 【クラシックホテル】温泉もある山岳ロッジ風の建物が心地よい/雲仙観光ホテル(★★★★★) »

2014/12/27

【温泉】トンネル風呂と洞窟風呂、そして美味しい魚/鵜原温泉鵜原館(★★★★)、鵜原理想郷、鮨芳@館山

Img_1209
 11月中旬、ぽん太とにゃん子は千葉県は外房の勝浦市にある鵜原温泉鵜原館に泊まりました。公式サイトはこちら
Img_1259 カーナビに従って、国道から細い道に入って行くと、車一台がやっと通れるような素堀りのトンネルが……。恐るおそる進んで行きます。
Img_1258 やがて、高台に広々と立つ鵜原館の建物が見えてきます。
Img_1255 「房総」という感じの明るさのある建物です。
Img_1253 看板も、ホンワカしたいい味わいです。
Img_1257 目の前が鵜原港になっています。眺めがいいのはもちろんのこと、夕食の海の幸の期待が高まります。
Img_1249 部屋は、新しく改装されており、きれいで居心地がよいです。
Img_1216 さて、温泉ですが、まずは「トンネル風呂」。低いくぐり戸を抜けて……
Img_1208 暗いトンネルを進んで行くと……
Img_1212 広々とした海を見渡せる岩風呂に出ます。鵜原港とは別方向の海で、西側に面しており、もう少し時間が早ければ美しい夕日が見えたことでしょう。お湯は、無色透明で、ちょっと塩っぱく、すべすべして美人の湯系です。
Img_1251 温泉分析書その1。泉温16.6度。pHは7.8とアルカリ性です。
Img_1252 温泉分析表その2。泉質はナトリウムー塩化物泉とのこと。
Img_1237 こちらがもう一つの「洞窟風呂」。やはり岩を彫った感じで、上の方に開口部があります。
Img_1234 洞窟風呂の案内板です。第二次世界大戦中に、勝浦に人間魚雷の基地が作られたそうで、特攻隊員がつるはしを使って掘り広げた飲料水の貯水槽が、このお風呂なんだそうです。ひえ〜〜〜〜っ!!
 夜中に一人で入りに行ったにゃん子は、怖くて泣きそうになって戻って来ました。勝浦から人間魚雷が発進するということは考えにくいですから、訓練基地かなんかがあったんですかね。
Img_1242 こちらは展望風呂。長く改装しておりましたが、完成直後で入ることができました。男女別になっており、鵜原港側の展望が開けた、明るく広々したお風呂です。
Img_1250 ここ鵜原館は、与謝野晶子ゆかりの宿で、晶子は鵜原理想郷(鵜原館の経営者が岬に作った別荘地)を訪れ、いくつもの歌を詠んだそうです。
Img_1225 さあて待ちに待った夕食です。これが刺し盛二人前だぜぃ。新鮮でシャキシャキしています。
Img_1222 海鮮の紙鍋。これまたうまい。
Img_1220 イチジクの煮物です。甘酸っぱくて美味しいです。ぽん太は生まれて初めて頂きました。
Img_1229 唐揚げの素材はスズキだそうです。スズキ君を唐揚げで頂くのも初めてでした。
 この他にもいろいろお料理があり、ボリュームも満点。期待通り、いや期待以上で、房総の海の幸を堪能することができました。
Img_1248 朝食も、アジの干物がふっくらしていてとても美味しかったです。
 建物の古さこそありませんが、トンネル風呂と洞窟風呂が珍しくて極めて高得点、房総の魚を満喫できて、ぽん太の評価は4点です。

Img_1262 翌朝、勝浦の朝市に行って見ました。想像していた朝市の賑わいとはまったく異なり、住宅街の道の両側に、ポツリポツリとお店が並んでおります。しかしそれはそれで、のんびりホンワカした感じが房総とマッチしてました。

Img_1277 次いで、鵜原理想郷を散策。鵜原理想郷は、鵜原館があるところから南に伸びる岬で、周囲は切り立った断崖になっており、浸食された岩がとっても美しいです。大正時代初期に、鵜原館の経営者がここに別荘地を作ろうとし、「鵜原理想郷」と名付けたそうです。
Img_1275 どこまでも広がる太平洋。世界は広いぜよ〜。
Img_1278 ハイキングマップです。普通に歩いて一周1時間くらい。
Img_1271 岬の先端にある大杉神社。
Img_1272 祠のなかには、安政時代に地元の漁民が奉納したという、鯨の頭蓋骨があります(向かって左)。
 大杉神社の総本社は、茨城県稲敷市阿波にあります(大杉神社|Wikipedia大杉神社ホームページ(音楽あり!))。阿波の高台に大杉があり、航路標識とされていたことから、水上交通の神様などとして信仰が広まったようです。

Img_1287 館山のお寿司屋さん鮨芳(公式サイト)に寄りました。千葉でゲットした観光案内に載ってた写真が美味しそうだったので立ち寄ったのですが、期待以上でした。
Img_1282 頂いたのは地魚の鮨8個セット。房総の海が口いっぱいに広がりました。
鮨芳
鮨芳
ジャンル:寿司
アクセス:館山道富浦I.C. 車25分
住所:〒294-0226 千葉県館山市犬石161-5(地図
周辺のお店のプラン予約:
おやじの台所 もぐもぐ のプラン一覧
居酒屋 寧々家 市原店のプラン一覧
うまい飯とうまい酒 浜焼太郎 木更津店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 館山×寿司
情報掲載日:2014年12月25日

|

« 【歌舞伎】名場面「岡崎」長く上演されなかった理由がよくわかる・吉右衛門の「伊賀越道中双六」国立劇場 | トップページ | 【クラシックホテル】温泉もある山岳ロッジ風の建物が心地よい/雲仙観光ホテル(★★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

酒と食」カテゴリの記事

コメント

外房地元民さん。コメントありがとうございます。
そんなトンネルがあったんですか。

鵜原館に行く途中のトンネルも、
こんなとこ車で入っていいんかいな?とう感じでした。

千葉県は、まだまだ奥が深いですね。

投稿: ぽん太 | 2017/08/09 10:46

ぽん太さん、こんにちは。
鵜原館に泊まっていたんですね。
ハイキングコースの白眉は、地上の岬めぐりではなくて、
鵜原港~鵜原海岸に抜ける手掘り長トンネルでしょう。

勝浦の自宅からサイクリングするときに、
よくこのトンネルを通ります。

真っ暗ですが、頭をかがめて走り抜けると、最高の達成感です。
ではまた。

投稿: 外房地元民 | 2017/08/07 06:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/60646111

この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】トンネル風呂と洞窟風呂、そして美味しい魚/鵜原温泉鵜原館(★★★★)、鵜原理想郷、鮨芳@館山:

« 【歌舞伎】名場面「岡崎」長く上演されなかった理由がよくわかる・吉右衛門の「伊賀越道中双六」国立劇場 | トップページ | 【クラシックホテル】温泉もある山岳ロッジ風の建物が心地よい/雲仙観光ホテル(★★★★★) »