« 【クラシック】教会という雰囲気がいい・オラトリオ「メサイア」品川教会 | トップページ | 【雑学】ツキノワグマは(自然界で)共食いするのか本で調べてみた【拾い読み】 »

2014/12/14

【登山】岩の上に建つ不思議建築・笠森観音堂、気持ちよいハイキングコース・笠森グリーンルート(途中で折り返し)

Img_1188_2
 11月中旬、ぽん太とにゃん子にとって、多摩の巣穴から一泊二日で行ける残された秘境、千葉県に行って来ました。宿の魚料理を気持ちよく食べるために、まずはハイキングでカロリー消費です。山と渓谷社の『千葉県の山 (新・分県登山ガイド)』で見つけた笠森グリーンルートを歩くことにしました。

【山名】笠森グリーンルート
【山域】房総・三浦
【日程】2014年11月12日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】曇り
【ルート】笠森神社駐車場12:51…笠森観音13:00-13:24…折り返し地点14:20…笠森神社駐車場15:15

(※3D地図や当日の天気図などは「山行記録のページへ」をクリック)
【マイカー登山情報】笠森神社駐車場に、数十台駐車可能な駐車場がありますが、神社の参詣者も駐車するので、日によっては混むかも。
【山行URL】
観音様の道|千葉県|関東ふれあいの道:コースマップはこちらから。
笠森観音公式サイト

Img_1165 参道の入り口には、小さなお地蔵さんがいっぱい備えられた祠があります。これは水子供養でしょうね。
Img_9082 以前にブータンを訪れたとき、左の写真のように似たようなものがありましたが、こちらは主に死者を祀ったものでした。
Img_1166 参道は、うっそうとした森のなかを登っていきます。
Img_1167 南方系の見慣れない樹々が生い茂っており、いつもの登山で見り樹林とは雰囲気が違います。それもそのはず、「笠森寺自然林」として国の天然記念物になっております。こちらの文化遺産オンラインのページを見てみると、笠森寺が創建された延暦年間(782年〜806年)から現在に至るまで伐採を禁じられてきたと言い伝えられており、貴重な自然林だそうです。
Img_1168 名木三本杉。
Img_1171 「霊木子授楠」です。根元のウロをくぐると子供を授かるんだそうです。
Img_1176 松尾芭蕉の句碑です。案内板によると、「五月雨にこの笠森をさしもぐさ」と書かれているそうです。こちらの「芭蕉発句全集」というサイトには掲載されていないようです。地衣植物に覆われた下の崖の部分にもご注目を。温暖湿潤な気候が想像されます。
Img_1178 山門が見えて来ます。
Img_1181 中には仁王様……と思ったら、風神雷神でした。浅草の雷門と一緒ですね。左が雷神。
Img_1183 そして右が風神です。素朴だけど迫力がありますね。
Img_1184 左側の門の裏側です……な、何の像だったかな……。
Img_1185 右側の裏側。これは仁王様ですね。
Img_1179 山門をくぐると、見えて来ました、聳え立っております、笠森寺観音堂です。国の重要文化財に指定されております。
Img_1187 巨大な岩の上に柱を建てて造られてます。清水の舞台に似てますが、それが一方向だけなのに対して、この観音堂は四方向がそうなっており、「四方懸造」と呼ばれる、日本で唯一の建築様式なんだそうです。麓から見上げると、ポタラ宮とか、チベットのお寺をちと思い出します。
14121101 写真は二代目歌川広重(1826年〜1869年)(有名な歌川広重は初代です)の「諸国名所百景」のなかの「上総笠盛寺岩作り観音」です(国立国会図書館デジタルコレクションより)。ちょっと誇張されてますが、雰囲気がよく出てますね。
Img_1190 急な階段を登って行きます。先に登った住職さんも、ぜいぜい息を切らしてました。Wikipediaによれば、観音堂は長元元年(1028年)に建立されたと伝えられていますがその後焼失。現在の建物は文禄年間(1592年-1595年)の再建とされているです。
Img_1194 回廊が四方に巡らしてあります。全然知らなかったのですが、ご本尊の十一面観世音菩薩の御開帳が行われてました。素朴で暖かく包み込んでくれるような観音様でした。お寺の床下にめり込んでいるかのように見えますが、お堂が建てられている岩のてっぺんにお立ちになっているのだそうです。
Img_1196 お堂の床下ですが、中央の岩の上に立っているのですね。
Img_1193 回廊から境内を見下ろす。高いですね。あいにくの曇り空で、遠くの展望はありませんでした。
Img_1198 観音堂の裏側です。一部コンクリートで補強しているのがわかります。それにしても圧倒的な迫力です。
Img_1202 笠森グリーンルートは、観音堂の裏から南へ下って行く道で、関東ふれあいの道に「観音様のみち」という名で指定されており、十分に整備されております。写真のような美林に囲まれたルートで、11月だというのにポカポカと暖かく、寒がりネコのにゃん子も喜んでおりました。けっこう細かなアップダウンがあり、それなりに運動になりました。今宵の宿に間に合うよう、適当な時間で折り返して返りました。
Img_1205_3 観音堂まで戻らず、途中から駐車場方面に降りました。この道は展望台のところで分かれているので、展望台の巻道をゆくと、気がつかずに通り過ぎてしまいます。写真は弁天谷池。緑色の水面に、ちょっと霧がかかって、ちと神秘的な雰囲気でした。

|

« 【クラシック】教会という雰囲気がいい・オラトリオ「メサイア」品川教会 | トップページ | 【雑学】ツキノワグマは(自然界で)共食いするのか本で調べてみた【拾い読み】 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/60645647

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】岩の上に建つ不思議建築・笠森観音堂、気持ちよいハイキングコース・笠森グリーンルート(途中で折り返し):

« 【クラシック】教会という雰囲気がいい・オラトリオ「メサイア」品川教会 | トップページ | 【雑学】ツキノワグマは(自然界で)共食いするのか本で調べてみた【拾い読み】 »