« 【歌舞伎】玉三郎演出の「幻武蔵」が残念なことに。2014年12月歌舞伎座昼の部 | トップページ | 【温泉】トンネル風呂と洞窟風呂、そして美味しい魚/鵜原温泉鵜原館(★★★★)、鵜原理想郷、鮨芳@館山 »

2014/12/26

【歌舞伎】名場面「岡崎」長く上演されなかった理由がよくわかる・吉右衛門の「伊賀越道中双六」国立劇場

20141218_113727
 12月の国立劇場は、吉右衛門の「伊賀越道中双六」。公式サイトはこちらです。
 「伊賀越道中双六」というと「沼津」が有名で、ぽん太も大好きな演目ですが、今回はナシ。変わりに幻の名場面「岡崎」が上演されるそうな。この「岡崎」は、戦後の歌舞伎では2回しか上演されておらず、今回が44年振りの上演なんだそうな。
 で、その「岡崎」ですが、実際に観て、上演が長く途絶えていた理由が分かりました。
 仇に味方する山田幸兵衛の家に、身元を偽って潜入した唐木政右衛門は、自分の正体がばれないように、雪のなか息も絶えだえになって訪ねて来た妻のお谷を追い返し、そして初めて会った幼い我が子も殺してしまいます。
 かなり残酷なシーンで、観ていて苦しくなるというか、残虐だな〜という気がします。
 「仇討ち」というものが妻子を犠牲にしてまでやり遂げなければならないとっても大切なものなんだ、という前提があればいいのかもしれませんが、現代の我々からすると、「いくら仇討ちのためとはいえ、そこまでしなくても……」と思ってしまいます。
 こんかいの上演では、「岡崎」の前の「藤川」が滑稽な場面だったので、いきなりのシリアスな展開に付いて行きにくかったという点もあるかもしれません。
 戦後GHQが、占領に対する「仇討ち」を恐れてか、「忠臣蔵」の上映を禁じたことはよくしられてますが、伊賀上野の仇討ちなど、その他の仇討ち物の上演も禁じられたのでしょうか?無学なぽん太は知りません。しかし占領が終わって、「忠臣蔵」はあちこちで一斉に上演されるようになりましたが、「岡崎」は上演されたなかったということは、単に禁止されていたからだけではなく、戦後の人々のメンタリティに会わない部分があったのでしょう。
 とはいえ「歌舞伎」としてはなかなか見応えがある舞台で、なんだか同じ演目ばっかりやっている歌舞伎座より面白かったです。「岡崎」も、先ほど書いたように「仇討ちがとても大切だ」という前提に立てば素晴らしい芝居で、貴重な場面を観ることができてよかったと思います。
 
 吉右衛門の芝居はありかわらず素晴らしかったです。姻戚関係となった菊之助が吉右衛門劇団に加わり、役者陣に幅が出ました。お谷の芝雀も、特に「岡崎」の悲壮感を引き立てておりました。

 ところで、よく見る「沼津」は、今回の芝居のなかでどういう位置づけになってるんでしょう。こちらの文化デジタルライブラリーに「伊賀越道中双六」の詳しい情報があって、とても参考になります。
 平作の娘お米が、和田志津馬の妻になり、志津馬は怪我の養生をしてるんですね。そして十兵衛が持っていた印籠が、仇・沢井股五郎のものでした。ん?まてよ、確か「沼津」の最後で、股五郎は九州に逃げたとか言ってたような……地理的におかしいぞ?ぐぐってみると、「股五郎が落ち行く先は九州相良、九州相良。道中筋は参州の吉田で逢ふた、と人の噂」というセリフのようで、九州へ逃げようとして東海道を下っている最中で、三河にある34番目の宿場、吉田で見かけたということのようです。
 「伊賀越道中双六」は元々は全十段からなっております。こんかいの序幕「和田行家の場」が二段目。「大和郡山」が四段目、そしてここに「沼津」が六段目、「藤川新関」が七段目、「岡崎」が八段目、大詰の敵討ちが十段目です。

 ところで、唐木政右衛門のモデルの荒木又右衛門は、荒木又右衛門|Wikipediaによれば、12歳のとき(1611年頃)に本多政朝(ほんだまさとも)の家臣・服部平兵衛の養子となり、28歳ごろ(1627年頃)に養家を離れて浪人したとのこと。
 本多政朝は、後の姫路城主・本多忠政の次男。ちなみに長男は忠刻(ただとき)で、千姫と結婚した人ですね。1611年には、父・忠政は桑名藩主でしたから、政朝も桑名にいたんでしょうか。1615年に叔父の跡を次いで千葉県の上総大多喜藩の藩主となります。1617年に父・忠政が姫路藩主に着任し、同じ年に政朝は播磨龍野藩に移封。1626年には兄であり嫡男の忠刻(千姫のダンナ)が死亡したため姫路藩本多家の嫡子となり、1631年に父・忠政が死去したため姫路藩主となりました。
 ということは、政朝が姫路藩の嫡子となったすぐ後くらいに、又右衛門は浪人したのですね。
 千姫は、桑名藩時代の1616年に兄・忠刻と結婚。1617年に姫路城に移り、1626年に姫路を去って江戸に戻りました。ということは、荒木又右衛門と千姫は、同時期に姫路城にいたかどうかはわからないけど、会う機会があったかも。奇しくも国立と歌舞伎座の演目がシンクロしてて面白いですね。

通し狂言「伊賀越道中双六」 (いがごえどうちゅうすごろく) 五幕六場

近松半二ほか=作
国立劇場文芸研究会=補綴
国立劇場美術係=美術

序  幕 相州鎌倉 和田行家屋敷の場
二幕目 大和郡山 誉田家城中の場
三幕目 三州藤川 新関の場
      同         裏手竹藪の場
四幕目 三州岡崎 山田幸兵衛住家の場
大  詰 伊賀上野 敵討の場

(出演)
中 村 吉右衛門 (唐木政右衛門)
中 村 歌   六 (山田幸兵衛)
中 村 又 五 郎 (誉田大内記・奴助平)
尾 上 菊 之 助 (和田志津馬)
中 村 歌   昇
中 村 種 之 助
中 村 米   吉
中 村 隼   人
嵐    橘 三 郎
大 谷 桂   三
中 村 錦 之 助 (沢井股五郎)
中 村 芝   雀 (政右衛門女房お谷)
中 村 東   蔵 (幸兵衛女房おつや)
ほか

|

« 【歌舞伎】玉三郎演出の「幻武蔵」が残念なことに。2014年12月歌舞伎座昼の部 | トップページ | 【温泉】トンネル風呂と洞窟風呂、そして美味しい魚/鵜原温泉鵜原館(★★★★)、鵜原理想郷、鮨芳@館山 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

吉右衛門は、良くも悪くも、そのまま全部かけてくれる貴重な方です。メジャーな沼津をかけないなんて斬新だと思いましたが、抜いても差し支えありませんし、三役とも主役のような演目なので、無理してかけない方が良いかもしれませんね。

投稿: 通りすがり | 2017/09/05 03:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/60863638

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】名場面「岡崎」長く上演されなかった理由がよくわかる・吉右衛門の「伊賀越道中双六」国立劇場:

« 【歌舞伎】玉三郎演出の「幻武蔵」が残念なことに。2014年12月歌舞伎座昼の部 | トップページ | 【温泉】トンネル風呂と洞窟風呂、そして美味しい魚/鵜原温泉鵜原館(★★★★)、鵜原理想郷、鮨芳@館山 »