« 【バレエ】マイヨーの読みかえが秀逸「LAC〜白鳥の湖」モンテカルロ・バレエ団 | トップページ | 【オペラ】東日本大震災の記憶とシンクロして涙「マノン・レスコー」新国立劇場 »

2015/03/15

【歌舞伎】松也の弁天小僧なかなかやるじゃん。2015年3月京都南座午後の部

Img_3092
 春まだ早き京都に歌舞伎を観に行ってきました……ってゆ〜か、土砂降りでした。花形歌舞伎と銘打ってますが、東京でいえば浅草歌舞伎の座組で、若手大活躍。公式サイトはこちら

 まず最初は「弁天娘女男白浪」。松也が弁天小僧菊之助です。松也は浅草の勘平は今ひとつでしたが、今回の弁天小僧はなかなか良かったです。河竹黙阿弥一流のセリフ回しも悪くありませんでした。勘平はいろいろな気持ちの動きを表現しなければならないので、弁天小僧の方が演じやすいのかもしれません。ただ、日本駄右衛門に男と見破られて「騙りめ、返事はなななんと」と迫られて崩れ落ちてから、顔を上げるまでの間が異常に長く、なんか事故でも起きたんじゃないかと心配しました。ちょっと声が嗄れていたせいもあり、女のときよりも男に戻ってからの方がよかったです。女のときはもっと嫁入り前の娘らしい色気が欲しかったです。男に戻ってからの方が色気がありました。なかなか男前ですね。浅草では勘平、今回は弁天小僧で、松也って単に女の子の尻を追っかけてるだけではなく、やはり若手の中では実力があるんですね。見直しました。
 対する南郷力丸の巳之助が元気ありませんでした。お父さんのこともあったからですかね。動きもぴしっと決まらずもさもさしていて、見とれるようなイナセな感じがありませんでした。
 歌昇の日本駄右衛門は無理かと思ったら、けっこう親玉らしい大きさを出してました。右近が成長とともに面長になってきて、鼻が高くてあごがちょっとしゃくれていかにも歌舞伎役者らしい美しさでした。種之助の鳶頭はイナセな感じに欠け、下手に出て取り持とうとしたり、いきり立ってつかみかかろうとしたりという「気」の変化がうまく表現できてませんでした。
 稲瀬川勢揃いの名台詞、皆さんそれぞれ悪くなかったです。

 続いて「闇梅百物語」は、魑魅魍魎や妖怪が踊りを繰り広げる楽しい演目。種之助の骸骨がなかなか巧みでした。隼人のカッパと歌昇の狸の踊り、歌昇の方は踊りになってましたが、隼人の動きは全然踊りになってません。カッパを演じながら踊るのは難しいのかもしれませんが、もっと頑張って欲しいです。巳之助の傘一本足、さすがに踊りは上手。
 常磐津は、先日他界した人間国宝一巴太夫のお弟子さんの巴瑠幸太夫が、師匠ゆずりの美声を聞かせてくれました。
 でもこの演目、季節的に夏の方がいいのでは?

京都四條南座
松竹創業120周年
三月花形歌舞伎
平成27年3月9日

午後の部

一、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)
  浜松屋見世先より
  稲瀬川勢揃いまで
   
  弁天小僧菊之助 尾上 松 也
  南郷力丸 坂東 巳之助
  忠信利平 中村 隼 人
  浜松屋伜宗之助 中村 米 吉
  浜松屋幸兵衛 嵐  橘三郎
  鳶頭清次 中村 種之助
  赤星十三郎 尾上 右 近
  日本駄右衛門 中村 歌 昇

二、闇梅百物語(やみのうめひゃくものがたり)
  大名邸広間の場
  葛西領源兵衛堀の場
  廓裏田圃の場
  枯野原の場
  庭中花盛りの場
   
  骸骨/読売 中村 種之助
  小姓白梅/雪女郎 尾上 右 近
  新造 中村 米 吉
  河童 中村 隼 人
  傘一本足 坂東 巳之助
  狸 中村 歌 昇
  大内義弘 尾上 松 也

|

« 【バレエ】マイヨーの読みかえが秀逸「LAC〜白鳥の湖」モンテカルロ・バレエ団 | トップページ | 【オペラ】東日本大震災の記憶とシンクロして涙「マノン・レスコー」新国立劇場 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/61276299

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】松也の弁天小僧なかなかやるじゃん。2015年3月京都南座午後の部:

« 【バレエ】マイヨーの読みかえが秀逸「LAC〜白鳥の湖」モンテカルロ・バレエ団 | トップページ | 【オペラ】東日本大震災の記憶とシンクロして涙「マノン・レスコー」新国立劇場 »