« 【最上】アンバランス?元木の石鳥居(重文)、目出た目出たの?若松観音(鈴立山若松寺) | トップページ | 【温泉】ハードはいいけどソフトが残念。木造二階建て。鎌先温泉最上屋旅館@宮城県(★★★) »

2015/03/24

【歌舞伎】松緑と染五郎の「寺子屋」はまぁだまぁだじゃい/2015年3月歌舞伎座夜の部

 昼の部は一階一列のかぶりつきで鑑賞したぽん太とにゃん子ですが、夜の部は定位置にもどって三階から。
 こちらは若手(というかもう中堅かしら)中心の勢いある舞台でしたが、一方で力不足も感じました。公式サイトはこちらです。

 「車引」は、愛之助・染五郎・菊之助の若々しさ、力強さに満ちあふれたエネルギッシュな舞台でした。彌十郎の時平公は、ちょっとがらっぱちというか、ならず者のような感じになってしまっていて、悪役とはいえ、菅丞相と同格の大きさ・崇高さが欲しかったです。

 「賀の祝」は前半がカットされ、松竹梅の木に陰膳を添えるところから始まりました。時間の関係で仕方ないのかもしれませんが、こうすると、70歳の祝いを前にうきうきと楽しい気分から、松王丸の勘当、桜丸の切腹というどん底に落ちて行くという悲劇性が失われてしまいます。また、三本の扇のこととか、頭巾が千代がお祝いにプレゼントしたものであることなども、ちとわかりにくいかと思います。菊之助、沈んだ心持ちで入って来るところが美しい。左團次は優しさと情愛が感じられ、さすがに孝太郎が芝居を締めておりました。
 ところで、上演前に梅王丸・松王丸・桜丸とそれぞれの奥さんの名前を覚えておこうと思ったら、春の梅、千代の松、八重の桜、になっていることを発見!みなさん、知ってました。豆知識ですね。

 「寺子屋」は「寺入り」が付いたバージョンで、ストーリーがわかりやすかったです。ただ芝居の方は、松緑の武部源蔵も染五郎の松王丸も、あまり楽しめなかったです。松緑は、眉毛やアイラインなどのメイクが変だし、セリフ回しが固くて、動きもカクカクしてます。なんか猫ロボットという感じ。染五郎は、細身ながら松王丸の大きさをしっかり出して、型を一つひとつ演じておりました。でも型の根底に流れる心情みたいなものが不明確なため、劇としての悲劇性が今ひとつ盛り上がりませんでした。例えば桜丸を思って大泣きする演技で拍手をもらってましたが、泣いたあとにあんなにすぐにケロッと普通に戻るものでしょうか。また最初の咳にしても、あのように続けて咳をすると、肺のなかの空気がだんだんなくなって咳き込めなくなり、最後に大きく息を吸うものだと思いますが、そういうあたりができてません。「続けて咳をする」という型を演じただけに見えました。
 壱太郎の戸波、悪くはなかったけど目立たず。孝太郎の千代がさすがに上手でしたが、今回の舞台では実力を発揮しきれなかったか?

歌舞伎座
三月大歌舞伎
平成27年3月22日
夜の部

通し狂言 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

 四幕目 車引(くるまびき)  
   梅王丸 愛之助
   松王丸 染五郎
   桜丸 菊之助
   杉王丸 萬太郎
   藤原時平公 彌十郎

 五幕目 賀の祝(がのいわい)  
   桜丸 菊之助
   松王丸 染五郎
   梅王丸 愛之助
   春 新 悟
   八重 梅 枝
   千代 孝太郎
   白太夫 左團次

 六幕目 寺子屋(てらこや)
  寺入りよりいろは送りまで   
   松王丸 染五郎
   武部源蔵 松 緑
   戸浪 壱太郎
   涎くり与太郎 廣太郎
   菅秀才 左 近
   下男三助 錦 吾
   春藤玄蕃 亀 鶴
   園生の前 高麗蔵
   千代 孝太郎

|

« 【最上】アンバランス?元木の石鳥居(重文)、目出た目出たの?若松観音(鈴立山若松寺) | トップページ | 【温泉】ハードはいいけどソフトが残念。木造二階建て。鎌先温泉最上屋旅館@宮城県(★★★) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/61322371

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】松緑と染五郎の「寺子屋」はまぁだまぁだじゃい/2015年3月歌舞伎座夜の部:

« 【最上】アンバランス?元木の石鳥居(重文)、目出た目出たの?若松観音(鈴立山若松寺) | トップページ | 【温泉】ハードはいいけどソフトが残念。木造二階建て。鎌先温泉最上屋旅館@宮城県(★★★) »