« 【寺院・仏像】国宝がスクラム組んで・東寺(教王護国寺)@京都 | トップページ | 【グルメ】スカイレストラン634@東京スカイツリー »

2015/03/31

【展覧会】さながら菩薩大事典「救いとやすらぎのほとけ―菩薩」根津美術館

 3月中旬、根津美術館に「救いとやすらぎのほとけ―菩薩」展を見に行ってきました。4月6日まで開催中なので、公式サイトはこちら。会期が終わったら、おそらくこちらのURLでアーカイブに入ると思います。また出品リスト(pdf)はこちらです。
 根津美術館は、何度か前を素通りしてブルーノートにジャズを聴きに行ったりしましたが、中に入るのは初めて。設計は歌舞伎座などで有名な隈研吾さん。竣工は2009年、施行は清水工務店ですな。隈さん得意の縦格子ならぬ縦竹垣立て掛けたアプローチなどなかなかいい雰囲気で、オシャレな表参道にあるお金持ちの和風のお屋敷という感じが良く出てました。
 「菩薩」は、元々は成仏できてない修行中の人のことですが、浄土宗の影響もあって、自分の成仏を後回しにして私たちを教え導いてくれる仏様というイメージが加わり、様々な形態で、広く信仰されるようになりました。
 こんかいの菩薩展は、国指定の文化財こそ重要文化財の「普賢十羅刹女像」(絹本着色、平安時代、12世紀)だた一つで、彫刻よりも絵画中心でしたが、様々な種類の菩薩の表現を一度に見ることができました。またわかりやすい解説がついていて、どういう菩薩で、形にどのような意味があり、どういうお経に基づいていて、表現のしかたがどのように変化していったかなどを知ることができ、とても興味深く見ることができました。図録を買っておいたら菩薩の事典として使えるかなと思いましたが、お金がないのでやめました。
 「北野天神縁起絵巻」(根津本、紙本着色 室町時代 15世紀)も、ちょうど歌舞伎の「菅原伝授手習鑑」を観た帰りに寄ったので、興味深かったです。

コレクション展
救いとやすらぎのほとけーー菩薩
2015年3月7日(土)~4月6日(月)
根津美術館

主な展示作品
観音菩薩立像 日本・飛鳥時代 7世紀 根津美術館蔵
地蔵菩薩坐像 日本・鎌倉時代 13世紀 根津美術館蔵
菩薩立像 日本・平安時代 11~12世紀 根津美術館蔵
普賢十羅刹女像(重要文化財) 日本・平安時代 12世紀 根津美術館蔵
書写山如意輪観音像 日本・室町時代 15世紀 根津美術館蔵
岩上観音図 日本・南北朝時代 根津美術館蔵

同時開催
春日若宮大般若経・春日厨子
北野天神縁起絵巻(根津本)I

|

« 【寺院・仏像】国宝がスクラム組んで・東寺(教王護国寺)@京都 | トップページ | 【グルメ】スカイレストラン634@東京スカイツリー »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/61302063

この記事へのトラックバック一覧です: 【展覧会】さながら菩薩大事典「救いとやすらぎのほとけ―菩薩」根津美術館:

« 【寺院・仏像】国宝がスクラム組んで・東寺(教王護国寺)@京都 | トップページ | 【グルメ】スカイレストラン634@東京スカイツリー »