« 【展覧会】フェルメール《天文学者》に再会「ルーブル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」国立新美術館 | トップページ | 【展覧会】ルネサンスの栄枯盛衰「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」Bunkamuraザミュージアム »

2015/04/14

【舞台】これはいけません/市川海老蔵特別公演「源氏物語」@オーチャードホール

 当たり外れが激しいけど、なんか気になる市川えびぞ〜。し、しかし、今回のはいけません。筋がない。盛り上がりがない。荒事がない。一言でいうと面白くない。公式サイトはこちら
 ま、恐らく本人は、能、カウンターテナー、日本舞踊などの異なるジャンルの芸術のコラボを目指したんだと思いますが、コラボというからには1足す1が3じゃなくちゃなりません。でも今回のは1足す1がせいぜい2。それぞれが並列されてるだけで、有機的な絡み合いがありません。
 例えばカウンターテナーが歌っているあいだ、舞台では何も起きないので、我々はぼーっと歌を聴いているわけです。しかも、外国語の歌詞の意味もわかりません。で、次にぼたんの踊りが始まるので、今度はそれを見るという感じ。光源氏の物語は単なる狂言回しになっているだけ。ドラマチックな展開もなく。光源氏が藤壷とできて子供を作ったという説明で前半45分が終了してハーフタイムに入ったときは、「なんじゃこりゃ」と思わずにゃん子と顔を見合わせました。これじゃ別に強いて「源氏物語」にしないで、それぞれのアーチストが、順番に自分たちの芸を披露する公演にしても同じじゃん。
 海老蔵の光源氏はやけに「美形」のメークで、演技らしい演技もなく、なよなよとしてるだけ。後半は後ジテで物の怪にでも変わってくれのかと、あらぬ期待をいたしました。客席のなかを歩き回るお楽しみも、勘三郎だったら周りからも見えるように照明を明るくして、もっと客をいじったりしてくれたのにな〜。
 皆は光るの君ともてはやしているが、光源氏自身は自分が周りの人に不幸をもたらすことを人知れず悩んでいる、というあたりがテーマのようなのですが、「自分に関わる人を不幸に巻き込んでしまう」などと憂うのは、菅丞相が言うなら許しますが、海老蔵だと、六本木の事件で回りに迷惑をかけたことと?、それとも京都でガラスをけっぽって怪我して仁左さんに代役を頼んだこと?などと思ってしまいます。
 客層が60代・70代といった感じのご婦人が多かったのもびっくり。う〜ん、海老蔵、こんな客層も掴んでるんですね。
 勘三郎が亡くなった後、「新しい歌舞伎」をやろうとしているのが海老蔵しかいない気がして、これまで見守ってきたのですが、結果は…… 
    ×「疾風如白狗怒涛之花咲翁物語。」〜はなさかじいさん〜@ABKAI(H25年8月)
    △「壽三升景清」(H26年1月)
    ×「石川五右衛門」(H27年1月)
    ◎「地球投五郎宇宙荒事」(H27年2月)
    ××「源氏物語」←今回
……ということで、今後は、宮藤官九郎演出の場合を除いて、しばらく追っかけるのを休もうかと思います。

市川海老蔵特別公演
「源氏物語」
オーチャードホール
2015年4月9日

市川海老蔵
片山九郎右衛門
梅若紀彰
観世喜正
亀井広忠
彌勒忠史
市川ぼたん

|

« 【展覧会】フェルメール《天文学者》に再会「ルーブル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」国立新美術館 | トップページ | 【展覧会】ルネサンスの栄枯盛衰「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」Bunkamuraザミュージアム »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/61416577

この記事へのトラックバック一覧です: 【舞台】これはいけません/市川海老蔵特別公演「源氏物語」@オーチャードホール:

« 【展覧会】フェルメール《天文学者》に再会「ルーブル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」国立新美術館 | トップページ | 【展覧会】ルネサンスの栄枯盛衰「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」Bunkamuraザミュージアム »