« 【ホテル】天然秋田杉を使った木造三階建てのクラシックホテル/十和田ホテル(★★★★) | トップページ | 【日帰り温泉】ヌルヌル系の湯の源泉掛け流し・川俣湖温泉ふれあいの里・上人一休の湯(★★★★) »

2015/09/10

【歩かないと行けない温泉(12)】オシャレな秘湯・手白澤温泉(歩行時間片道2時間30分)(★★★★)

Img_5275
 7月下旬、ぽん太とにゃん子は奥日光の手白沢温泉に行ってきました。ちょっとオシャレで、お料理も美味しく、温泉もこれでもかというほど湯量が豊富。おまけにワンコがお出迎え。宿泊料金もけっこういいお値段。でも客室にはテレビがないという、ロッジのような山小屋のような宿です。公式サイトはこちら
 これでぽん太とにゃん子は、奥鬼怒の4つの温泉全て(他に八丁の湯、加仁湯、日光沢温泉)に泊まったことになります。秘湯の会に属する和風旅館の八丁の湯、コンクリート造でアメニティのよい加仁湯、ボロ宿系の日光沢温泉、オシャレな手白澤温泉といった感じでしょうか。皆さんもお好みの宿にお泊まり下さい。
 八丁の湯と加仁湯は車による送迎がありますが、日光沢温泉と手白澤温泉は、自分で歩かないと行けません(一部のタクシーは入ることができます。宿のホームページを御覧下さい)。手白澤温泉までは、歩行時間は行きが2時間半、帰りが2時間弱といったところでしょうか。でも、鬼怒川源流沿いの美しい自然に囲まれたなだらかな道を、ハイキング気分で歩くことができます。とはいえ標高1000メートル以上の山道、油断は禁物です。天候急変などに十分なご注意を。

Img_5236 女夫渕温泉前の無料駐車場に車を停めて、歩き始めます。鬼怒川上流の美しい流れに沿って登っていきます。
 ところで、女夫渕温泉って、いつの間にか廃業してたんですね。こんかい初めて知りました。こちらのYOMIURI ONLINEの記事に出てました。東日本大震災を乗り越えたあと、2013年2月25日の日光地震で被害を受け、復旧を断念したようです。
Img_5238 吊橋で鬼怒川を渡り返します。
Img_5240 見事な巨木です。神々しいです。
Img_5241 樹々のあいだから見える清流。
Img_5243 そそり立つ岩壁。
Img_5246 そして広々とした明るい林。次々と変わる景観が目を楽しませてくれます。
Img_5248 八丁の湯に到着です。今回は通過します。
Img_5250 さらに加仁湯の前を通ってスーパー林道に出たら、階段から登山道に入ります。林道を行く道もありますが、こちらがオススメです。
Img_5253 というのも、美しいブナの樹林の中を歩けるからです。
Img_5377 朽ち果てた木です。神秘的ですね。
Img_5259 やがて林の中に、手白澤温泉の建物が見えてきます。ロッジ風の建物です。
Img_5262 看板犬の岳くんがお出迎え。川上犬という珍しい品種だそうです。
Img_5334 しばらくして、客室の窓側から、お客さんを一間づつ訪問してご接待。うちの前にもやってきました。でも、向こう向きに座って、こっちをチラチラ見てます。なんか微妙な距離感です。ぺたっと座ってますね。股関節が悪いのかしら。
Img_5373 ちょっと人見知りなワンコでした。
Img_5360 玄関を入ってフロントまわり。広々して明るくて、軽い感じの空間です。
Img_5278 廊下も天井が高く、トップからの採光で明るいです。鉄骨の梁を見せるなど、ちょっとしゃれてます。
Img_5263 お部屋はきれいな和室ですね。荷物を置くところや、衣類を掛けるところが広く取られているのは、山小屋風か。テレビはありません。
Img_5374 浴室は、天井が傾斜した空間で、「秘湯」らしさはありませんが、広い窓から見える緑が見事です。驚くべきはその湯量。とうとうと浴槽にお湯が注がれ、湯船の渕から溢れて行きます。言うまでもなく源泉掛け流しですね。
Img_5266 洗い場にも3カ所お湯が掛け流されており、これで身体を洗います。カランの掛け流しは、ぽん太は初めて見ました。源泉の湧出量は、なんと毎分300リットルとのこと。この量を、わずか6室のお客さんのために使っているのですから、贅沢な話しです。
Img_5269 露天風呂もついてます。お湯は無色透明で、白い湯の花が舞います。ちょっと硫黄臭がします。
Img_5272 温泉分析表です。泉質は単純硫黄泉。泉温は52.2度。
Img_5352 こちらがレストランです。
Img_5349 片隅には暖炉のスペースもあります。
Img_5339 夕食もオシャレですね。
Img_5338 お食事のメニューです。
Img_5342 定番のイワナの塩焼きも、美しい盛りつけで登場。
Img_5345 黒毛和牛のステーキです。
Img_5353 朝食です。美味しゅうございました。

|

« 【ホテル】天然秋田杉を使った木造三階建てのクラシックホテル/十和田ホテル(★★★★) | トップページ | 【日帰り温泉】ヌルヌル系の湯の源泉掛け流し・川俣湖温泉ふれあいの里・上人一休の湯(★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【歩かないと行けない温泉(12)】オシャレな秘湯・手白澤温泉(歩行時間片道2時間30分)(★★★★):

« 【ホテル】天然秋田杉を使った木造三階建てのクラシックホテル/十和田ホテル(★★★★) | トップページ | 【日帰り温泉】ヌルヌル系の湯の源泉掛け流し・川俣湖温泉ふれあいの里・上人一休の湯(★★★★) »