« 【歌舞伎】菊五郎と時蔵の「人情噺文七元結」は鉄板・2015年10月昼の部 | トップページ | 【ザルツブルク音楽祭とチロルの旅(1)】世界遺産の街ハルシュタット観光 »

2015/10/24

【歌舞伎?】エンターテイメントとしてはいいけど・スーパー歌舞伎II「ワンピース」2015年10月新橋演舞場

20151021_134112 猿之助のスーパー歌舞伎IIの2作目は「ワンピース」。特設サイトはこちら、公式サイトはこちら
 第1作の「空ヲ刻ム者」でも思ったことですが、やっぱりこれは「歌舞伎」ではなくて、歌舞伎役者による「演劇」だと思います。では「演劇」としてどうかというと、大衆向けエンターテイメントという感じで、観ていて楽しかったですが、芸術的感興はありませんでした。
 以下、良かった点。
 客席前方の壁や天井にまで及ぶ、映像やプロジェクションマッピングを利用した演出は面白かったです。地面が揺れるシーンでは2階の桟敷席がブルブル揺れてましたね〜。上演中にホントの地震もあったし。本水に宙乗り、早変わりあり、客席に俳優が降りて歌って踊るショーもあればフラッグ演技もあり。たくさんのキャンドルを捧げ持つシーンもキレイで、見所満載でした。
 歌舞伎役者だけでなく、俳優さんも混ざっていたようです。三谷映画や野田の舞台にも出ている浅野和之は、パントマイムが特技なだけあって、動きやリズム感がいいですね。特にニューカマーランドのおかまのイワンコフは最高で、目を釘付けにされました。
 それからもう一人、やはりオカマのボン・クレーのハイテンションな演技が素晴らしかったです。いったい何て俳優さんが演じているのかと思って、幕間に舞台写真コーナーに確認しに行ったら、なんと巳之助とのこと( ゚д゚)。見間違いじゃないかと思って何度も確認してしまいました。う〜ん、ついに巳之助が新境地を開いたか。でも、あっちの世界に行っちゃわないでね。80歳を超えた竹三郎がベラドンナ。歌舞伎役者ってなんでもできるんですね。
 


新橋演舞場

松竹創業120周年
平成27年度(第70回)文化庁芸術祭参加公演平成27年度(第70回)文化庁芸術祭参加公演
スーパー歌舞伎II(セカンド)
ワンピース
平成27年10月21日

ルフィ/ハンコック/シャンクス 市川 猿之助
白ひげ 市川 右 近
ゾロ/ボン・クレー/スクアード 坂東 巳之助
サンジ/イナズマ 中村 隼 人
ナミ/サンダーソニア 市川 春 猿
はっちゃん/戦桃丸 市川 弘太郎
アバロ・ピサロ 市川 寿 猿
ベラドンナ 坂東 竹三郎
ニョン婆 市川 笑三郎
ジンベエ/黒ひげ(ティーチ) 市川 猿 弥
ニコ・ロビン/マリーゴールド 市川 笑 也
マゼラン 市川 男女蔵
つる 市川 門之助
   
エース 福士 誠 治
ブルック/赤犬サカズキ 嘉島 典 俊
レイリー/イワンコフ/センゴク 浅野 和 之

|

« 【歌舞伎】菊五郎と時蔵の「人情噺文七元結」は鉄板・2015年10月昼の部 | トップページ | 【ザルツブルク音楽祭とチロルの旅(1)】世界遺産の街ハルシュタット観光 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/62522081

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎?】エンターテイメントとしてはいいけど・スーパー歌舞伎II「ワンピース」2015年10月新橋演舞場:

« 【歌舞伎】菊五郎と時蔵の「人情噺文七元結」は鉄板・2015年10月昼の部 | トップページ | 【ザルツブルク音楽祭とチロルの旅(1)】世界遺産の街ハルシュタット観光 »