« 【登山】遅ればせながら10月の入笠山ハイキングのご報告 | トップページ | 【蕎麦】そば良し建物よし庭もよし・そば処時遊庵あさかわ@安曇野(★★★★★) »

2015/12/21

【登山】紅葉と北アルプスの展望を楽しめた光城山(ひかるじょうやま)(付:光城址、古峯神社)

Img_6986
 旅行のついでに、安曇野の東に位置する光城山(ひかるじょうやま)に登ってきました。桜の名所だそうですが、紅葉や北アルプスの展望を楽しめました。

【山名】光城山(ひかるじょうやま)911.7m
【山域】安曇野
【日程】2015年10月28日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】晴れ
【ルート】光城山登山口10:08…10:55光城山11:25…12:05光城山登山口

(※3D地図や当日の天気図などは「山行記録のページへ」をクリック)
【マイカー登山情報】安曇野インターを降り、国道19号から県道57号に入ると、すぐ左に「光城山登山口」の看板があります。そこを左折してどんどん行くと、両側が住宅街になりますが、通り過ぎたんじゃないかと心配になった頃に、右方向に登山口の案内があります。広い駐車場がありますが、桜の時期には満車になるかも。

Img_6974 桜の樹の間を、落ち葉を踏みしめながら山頂を目指します。紅葉のピークは過ぎていましたが、処々に綺麗な紅葉が残ってました。標高911.7メートルの光城山。登山口が標高600メートルぐらいですから、あっという間に頂上に。
Img_6988 広々とした山頂からは、安曇野平の向こうに北アルプスが展望できます。
Img_6975 山頂には光城というお城があったようです。お城の名前の場合は、「ひかりじょう」と読むようです。こちらのらんまる攻城戦記が詳しいです。
Img_6997 また山頂には、古峯神社が鎮座ましましてます。こちらのpdfファイルのマップによると、「こみねじんじゃ」と読むようです。
Img_6977 ほどよい古びぐあいですね。
Img_6978 明治13年8月の日付がある、神社の扁額です。
Img_6979 内部はこのようになっており……
Img_6981 一番奥に二つの本殿が並んでいます。どの神様が祭られているのかは不明です。
Img_6980 「光城趾と古峯神社のゆかり」という案内板があります。お城のノロシ台があったため、火の守り神とされる古峯神社が祀られてきたのだろう、と書いてありますが、詳しいことは書いてありません。
 「古峯神社」でぐぐってみると、栃木県鹿沼市の古峰神社(ふるみねじんじゃ)がヒットします。ホームページはこちら。こちらの御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)で、火防の神のようです。ここの地名が元々「古峯ヶ原」だったので、「古峯神社」という名前がついたそうです。
 その他のヒットは、宮城県気仙沼市の古峯神社(こみねじんじゃ)。宮城県神社庁のページによると、「野州上都賀郡より古峯大明神を勧請す」とありますから、鹿沼から勧請したもの。この他、関東、東北、新潟にちらほら古峯神社がありますが、やはり鹿沼から勧請したもののようです。
 鹿沼の古峯神社と光城山の古峯神社の関係はよくわかりませんが、防火の神とのことですから、やはり鹿沼の古峯神社がオリジナルかもしれません。
Img_6982 奉納された絵馬には落書きのあとが。
Img_6985 処々に美しい紅葉がありました。
Img_7004 こちらもお見事。
Img_7007 こちらは黄色です。

|

« 【登山】遅ればせながら10月の入笠山ハイキングのご報告 | トップページ | 【蕎麦】そば良し建物よし庭もよし・そば処時遊庵あさかわ@安曇野(★★★★★) »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/62573030

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】紅葉と北アルプスの展望を楽しめた光城山(ひかるじょうやま)(付:光城址、古峯神社):

« 【登山】遅ればせながら10月の入笠山ハイキングのご報告 | トップページ | 【蕎麦】そば良し建物よし庭もよし・そば処時遊庵あさかわ@安曇野(★★★★★) »