« 【宿】登録有形文化財の京町家に泊まろう・十四春旅館(としはるりょかん)(★★★★★)(付:味・ろっこん木屋町店/イノダコーヒー) | トップページ | 【仏像】重要文化財の妙見菩薩が何とよみうりランドに! »

2015/12/29

【仏像・スイーツ】生きているお釈迦さま・清涼寺木造釈迦如来像(国宝)/高台寺 洛匠(らくじょう)の抹茶パフェ

Img_7237 十一月上旬、ぽん太とにゃん子は京都の嵯峨野にある清涼寺へ。公式サイトはこちら
Img_7235 紅葉には若干早いのですが、弁天堂のまわりの紅葉が色づいておりました。
Img_7234 大方丈の紅葉もちょっと紅葉。
402pxseiryoji_monastery_sakya_315 こんかい清涼寺を訪れたのは、国宝の木造釈迦如来像を見るためです。写真はWikipedia-清涼寺から、パブリック・ドメインのものです。
 985年に中国の北宗で造られたもので、我々が思い浮かべる仏像のイメージとはかなり違ってます。定朝様式よりも以前の仏様です。お釈迦様が37歳の時に、いき姿をそのまま刻んだという伝説があり、「生きているお釈迦様」として信仰を集めたそうです(霊宝館特別公開のパンフレット)。同じ様式の仏像が各地で多数作られ、「清凉寺式釈迦像」と呼ばれるそうです。さらに1954年の調査の際、内部に多くの納入物があるのが見つかりましたが、その中に絹で作られた「五臓六腑」がありました(これも国宝)。現存する世界最古の内蔵模型として、医学史的にも貴重なものだそうです。霊宝館に展示されていたのは色鮮やかだったので、レプリカだと思います。写真は例えばこちらのブログにあります。
 上のブログには、国宝の阿弥陀三尊坐像の写真もあります。896年の作。源氏物語のモデルである「源融」(みなもとのとおる)が亡くなる直前に、自分の顔に似せてつくらせたという、「光源氏生き写し顔」という伝説があるそうです。阿弥陀三尊ですから、向かって右が観音菩薩、左が勢至菩薩。両脇侍が密教の印を結んでいるのは極めて珍しく、ウェストのくびれぐあいも独特だそうです。

Img_7276 そのあと、高台寺の近くの洛匠(らくしょう)でスイーツを頂きました。食べログはこちら
Img_7270 抹茶パフェを頂きました。美味しゅうございました。
Img_7275 お庭の池には、でっかい錦鯉がいっぱい。
Img_7272 店内に錦鯉関係のトロフィーがみっちりと並べられていました。

|

« 【宿】登録有形文化財の京町家に泊まろう・十四春旅館(としはるりょかん)(★★★★★)(付:味・ろっこん木屋町店/イノダコーヒー) | トップページ | 【仏像】重要文化財の妙見菩薩が何とよみうりランドに! »

思想・宗教」カテゴリの記事

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

酒と食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/62930346

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像・スイーツ】生きているお釈迦さま・清涼寺木造釈迦如来像(国宝)/高台寺 洛匠(らくじょう)の抹茶パフェ:

« 【宿】登録有形文化財の京町家に泊まろう・十四春旅館(としはるりょかん)(★★★★★)(付:味・ろっこん木屋町店/イノダコーヒー) | トップページ | 【仏像】重要文化財の妙見菩薩が何とよみうりランドに! »