« 【バレエ】彼女の踊りを目に焼き付ける。シルヴィ・ギエム〈ライフ・イン・プログレス〉 | トップページ | 【宿】登録有形文化財の名建築。お料理もおいしいです。千歳楼(せんざいろう)(★★★★★) »

2015/12/24

【クラシック】なんかゴシゴシした演奏だったパーヴォ・ヤルヴィの「第九」NHK交響楽団

 今年の第九はNHK交響楽団にしてみました。N響の第九は初めてです。っていうか、ぽん太はこれまでN響を聴いた記憶がにゃい!記憶に残ってない昔に聴いたかもしれないですが……。公式サイトはこちら

 さすがN響。うまいです。他の日本のオケよりワンランク上な感じ。よくそろってるし、木管も上手だし、金管も音を外したりしません。なんか安心して聴けます。
 しかしNHKホール、こんかい2回RのS席を取ってみたのですが、残響が無いのが気になります。後ろから響いてくる音がまったくありません。そのせいで、オケの音が大編成にしては薄っぺらく聞こえてしまいます。
 もっともこのホール、箱がでかいですから、変に後ろから音が反響してくると、反響する壁の距離によって様々にずれた音が聞こえてきそうです。残響が少ないことで批判されるNHKホールですが、そうするより仕方なかったのかもしれません。

 しかもこんかい、舞台の奥にみっちりと大勢の合唱団が。開始前にゾロゾロと舞台に合唱団が上がって来るのを見て、「ずいぶんいるな〜」とびっくりしました。奥の方で大勢の人が歌っているので、なんかモクモクした歯切れの悪い音に聞こえました。合唱団の手前、オケの後ろに立っていた独唱陣も、残念ながら声が通りませんでした。

 指揮のパーヴォ・ヤルヴィはぽん太は初めて。速いテンポの激しく力強い演奏で、なんだかゴシゴシした音楽でした。メロディーを歌ったりせず、迫力はあったけど、詩情や神々しさには欠けました。
 プログラム掲載のインタビューによればヤルヴィは、近年は小編成のオケによる、より簡潔なベートーヴェン像を持ち味としているとのこと。確かに本日の演奏も、小編成で各声部がはっきりと聞き取れると面白かったのかもしれませんが、N響の方針かホールの特性からか、大編成で音が不明瞭になってしまった結果、荒々しい演奏になってしまったのかもしれません。
 なんか、小編成のオケに少人数の合唱で彼が指揮する「第九」を、聴いてみたくなりました。
 ちなみに楽譜はベーレンライター版でした。

 ソプラノの森麻季はさすがに美しい。裾が大きく広がった白いドレスが印象的でした。可愛いだけでなく歌もうまいです。新国立オペラで良く観る妻屋秀和がバリトン。「ドン・ジョバンニ」の石像など、迫力あるバスが印象的ですが、本日のバリトンも良かったです。

NHK交響楽団
ベートーヴェン「第9」演奏会
2015年12月23日
NHKホール

ベートーヴェン/交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱つき」

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

ソプラノ:森 麻季
アルト:加納悦子
テノール:福井 敬
バリトン:妻屋秀和

合唱:国立音楽大学

|

« 【バレエ】彼女の踊りを目に焼き付ける。シルヴィ・ギエム〈ライフ・イン・プログレス〉 | トップページ | 【宿】登録有形文化財の名建築。お料理もおいしいです。千歳楼(せんざいろう)(★★★★★) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/62926139

この記事へのトラックバック一覧です: 【クラシック】なんかゴシゴシした演奏だったパーヴォ・ヤルヴィの「第九」NHK交響楽団:

« 【バレエ】彼女の踊りを目に焼き付ける。シルヴィ・ギエム〈ライフ・イン・プログレス〉 | トップページ | 【宿】登録有形文化財の名建築。お料理もおいしいです。千歳楼(せんざいろう)(★★★★★) »