« 【ベトナム旅行】(2)とにかくバイクだらけ。ベトナムの交通事情。 | トップページ | 【温泉】つげ義春の宿。素朴だが温泉力もある・会津西山温泉 中の湯(★★★★★) »

2016/01/27

【歌舞伎】海老蔵の「にらみ」で厄落とし。2016年1月新橋演舞場

 浅草に続いて新橋演舞場です。歌舞伎座は1月は省略。公式サイトはこちら

 まずは「車引」。勇ましくも華やかな新春にふさわしい演目です。が、一方で、セリフがあまり聞き取れず、途中で眠くなる危険性を秘めております。今回はあらかじめ脚本に目を通して行ったのですが、それでも聞き取れず、やっぱり途中で眠くなりました。恐るべしぽん太の狸脳。でも、市川右近の発声も、時代物っぽくしようとしたのか、なんかくぐもってて聞き取りにくかった気がします。
 桜丸は春猿。春猿というと、ふにゃふにゃした感じの可愛い系のご尊顔ですが、隈取りを入れた顔がきりっとした若侍に見えたのにはびっくり。獅童の松王丸も迫力がありました。

 続いて海老蔵の弁天小僧で「弁天娘女男白浪」。
 「雪の下浜松屋の場」で、獅童とともに花道から出て来た海老蔵は、棒立ちで眼光鋭く、とても武家のお嬢様には見えず。どうみても腹に一物ある女装した男でした。弁天小僧の正体を現してからは、威勢がよくって美しくて色っぽくてよかったです。盟友の獅童との息もぴったり。最後の花道のやりとりでは、素っぽい口調でアドリブ感を出してましたが、若いお客さんを喜ばすには悪くないのかも。むしろ日本駄右衛門の市川右近や、赤星十三郎の笑三郎に、歌舞伎の味わいを感じました。
 富十郎の息子さんの鷹之資くんがいつのまにか大きくなって、浜松屋宗之助を演じてました。市蔵、右之助、友右衛門らベテランが、舞台を引き締めてました。

 最後は「七つ面」。天保年間に七代目團十郎が選定した歌舞伎十八番のひとつでしたが、その後上演されなくなり、内容もよくわからなくなっていたものを、平成21年に海老蔵が復活したものです。
 次々をお面を取り替えながら踊るものですが、歌舞伎十八番にしてはなんか荒事っぽさがないし、あんまり面白くありません。復活の仕方が間違ってるのでは?大昔の人の骸骨に粘度で肉付けしてみたけど、実は全然違う顔になってた、みたいな……。
 終わったと思って帰ろうとしたら、町人風の人たちが「お面を渡せ」とかいいながら舞台に上がって来て、「まあまあ、お客様に迷惑です」とか、「極付幡随長兵衛」の「公平法問諍」の場面みたいな小芝居が始まりました。ぽん太は観ててちょっと恥ずかしい気分。その後、座頭役(?)の右之助の口上を経て、海老蔵の「にらみ」という段取り。
 なんか小芝居はいらない気がしましたが、後でぐぐってみると、テレビアニメの「名探偵コナン」とコラボしてるらしいですが、おじさん狸のぽん太にはわからず。それで客席に子供がちらほらいたのか……。
 海老蔵の「にらみ」はさすがに迫力がありました。真っ赤に充血した目ん玉が飛び出して落ちそうな勢い。ありがたや、ありがたや、おかげでひきかけていた風邪が治りました。

初春花形歌舞伎
平成28年1月17日
新橋演舞場


菅原伝授手習鑑
一、車引(くるまびき)

松王丸 獅童
桜丸 春猿
杉王丸 廣松
藤原時平 市蔵
梅王丸 市川右近


  河竹黙阿弥 作
二、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)
  白浪五人男

  序幕 雪の下浜松屋の場
     稲瀬川勢揃いの場
  大詰 極楽寺屋根立腹の場
     同  山門の場
     滑川土橋の場

弁天小僧菊之助/青砥左衛門藤綱 海老蔵
日本駄右衛門 市川右近
忠信利平 市蔵
赤星十三郎 笑三郎
浜松屋宗之助 鷹之資
浜松屋幸兵衛 右之助
鳶頭清次 友右衛門
南郷力丸 獅童


  松岡亮 脚本
三、歌舞伎十八番の内 七つ面(ななつめん)

元興寺赤右衛門 海老蔵
舞台番右近 市川右近
班女御前 笑三郎
常陸大掾百連 家橘
吉田少将惟貞 友右衛門

口上 右之助

|

« 【ベトナム旅行】(2)とにかくバイクだらけ。ベトナムの交通事情。 | トップページ | 【温泉】つげ義春の宿。素朴だが温泉力もある・会津西山温泉 中の湯(★★★★★) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/63128307

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】海老蔵の「にらみ」で厄落とし。2016年1月新橋演舞場:

« 【ベトナム旅行】(2)とにかくバイクだらけ。ベトナムの交通事情。 | トップページ | 【温泉】つげ義春の宿。素朴だが温泉力もある・会津西山温泉 中の湯(★★★★★) »