« 【バレエ】オシャレだけど振付がいまいち/月夜に煌めくエトワール | トップページ | 【ベトナム旅行】(1)まずは旅行日程のご案内 »

2016/01/15

【歌舞伎】松也君、身体を鍛えて痩せましょう/2016年1月新春浅草歌舞伎 第1部・第2部

 隼人くんファンのにゃん子に引っ張られ、新春浅草歌舞伎を観に行く。特設サイトはこちら、歌舞伎美人公式サイトはこちら

 本日の第1部お年玉ご挨拶は松也。この人も前田敦子とのワイドショーネタで騒がれてるだけかと思ってたら、どんどんいい役がついて、力もついてきましたね〜。今回も「切られ与三」と「源九郎狐」です。

 最初の演目は「三人吉三巴白浪」の「大川端庚申塚の場」。う〜ん、こういうセリフ回しだけで聞かせる演目は難しいですね〜。錦之助と他の二人は全然違います。
 隼人君のお嬢吉三、女の時も声や動きが女っぽくないし、男の時も色気が足りない。もっと女形を演じて、色っぽさを身につけて欲しいです。
 梅丸がおとせでちょっとだけ出演。

 土佐絵は、今年一番の寒さのなか浅草までやってきて、体が温まって来たところで寝る。

 やっぱり若手はまだまだかな〜と思い始めたところで、「与話情浮名横櫛」の「源氏店の場」はけっこう面白かったです。お富の米吉も囲われた女性の色気が出てましたし、切られ与三郎の松也も、若者らしいストレートさがあり、やくざっぽさの背後に大店の息子の人の良さが感じられました。ただ、少し痩せたとは思うけど、まだまだ体型がぽっちゃりしすぎ。凄んで着物の裾をまくったとき、足がぽっちゃり。ここは筋肉質の引き締まった足を見せて欲しいです。
 番頭藤八の中村山左衛門や、蝙蝠安の澤村國矢が、ベテランの味で芝居を締めてました。
 米吉君、白粉と紅の化粧、もっときっちり塗った方が面白いのに。あんなに雑に塗ると、お富が意地悪な女に見えてしまいます。
 ところで、こんかい耳に止まったよくわからないセリフ。蝙蝠安が与三郎の顔の傷にひっかけて、「三筋には蝙蝠がつきものだ」というもの。あとでぐぐってみたところ、「三筋」も「蝙蝠」も成田屋ゆかりの文様だそうです。成田屋の定紋は三つの四角が入れ子になった「三枡」(みます)ですが、それを着物の模様にデザインしたのが「三筋格子」(みすじごうし)です。また「蝙蝠」も成田屋ゆかりの文様だそうで、三筋格子に蝙蝠をあしらった着物のデザインもあるようです(参考:團十郎事典 - 成田屋 市川團十郎・市川海老蔵 公式Webサイト)。

 第2部のお年玉ご挨拶は偶然にも隼人君。にゃん子が大喜びでした。

 最初の演目は「毛抜」。細身の巳之助の粂寺弾正では面白くないんじゃないかと思ってたんですが、けっこう馬鹿っぽくて良かったです。もともと面長で口も大きいので、体の線の細さは衣装でカバーされ、荒事の大きさや力強さもありました。目をギョロッと明けた表情やセリフまわしなど、どこか團十郎を思わせるところもありました。

 最後は「義経千本桜」の川連法眼館の場。
 松也が源九郎狐。がんばってますね。最初の佐藤忠信が座っている姿が、なんか内股で肩をすぼめてる見たいに見えるのが良くない。もっと堂々と座って欲しいです。
 狐言葉も海老蔵の最初の頃のようにヘンテコではなく、頑張って演じてました。ただ、もうちょっと体力をつけて欲しいです。クルクル回るところなど、スピードも遅いし、体が斜めになって姿がよくありませんでした。また逆立ちするようにして二重に上がるところなども、もっと袴を跳ね上げるくらいの勢いが欲しかったです。
 
 


新春浅草歌舞伎
浅草公会堂
平成28年1月13日


第1部

  お年玉〈年始ご挨拶〉:松也

  河竹黙阿弥 作
一、三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)
  大川端庚申塚の場

お嬢吉三:中村 隼人
お坊吉三:坂東 巳之助
おとせ:中村 梅丸
和尚吉三:中村 錦之助

二、土佐絵(とさえ)

不破伴左衛門:坂東 巳之助
名古屋山三:中村 国生
傾城采女太夫:坂東 新悟

  三世瀬川如皐 作
三、与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)
  源氏店の場

切られ与三郎:尾上 松也
お富:中村 米吉
蝙蝠安:澤村 國矢
番頭藤八:中村 山左衛門
和泉屋多左衛門:中村 錦之助

第2部

  お年玉〈年始ご挨拶〉:隼人

一、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)

粂寺弾正:坂東 巳之助
腰元巻絹:坂東 新悟
秦民部:中村 隼人
錦の前:中村 鶴松
八剣玄蕃:中村 橋吾
小原万兵衛:尾上 松太郎
小野春風:中村 国生
秦秀太郎:中村 米吉
小野春道:中村 錦之助

二、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  川連法眼館の場

佐藤忠信/忠信実は源九郎狐:尾上 松也
源義経:中村 隼人
駿河次郎:中村 国生
飛鳥:尾上 徳松
川連法眼:中村 小三郎
亀井六郎:坂東 巳之助
静御前:坂東 新悟

|

« 【バレエ】オシャレだけど振付がいまいち/月夜に煌めくエトワール | トップページ | 【ベトナム旅行】(1)まずは旅行日程のご案内 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/63064932

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】松也君、身体を鍛えて痩せましょう/2016年1月新春浅草歌舞伎 第1部・第2部:

« 【バレエ】オシャレだけど振付がいまいち/月夜に煌めくエトワール | トップページ | 【ベトナム旅行】(1)まずは旅行日程のご案内 »