« 【歌舞伎】海老蔵の「にらみ」で厄落とし。2016年1月新橋演舞場 | トップページ | 【温泉】とってもきれいで快適な宿・湯野上温泉 民宿山形屋(★★★) »

2016/01/28

【温泉】つげ義春の宿。素朴だが温泉力もある・会津西山温泉 中の湯(★★★★★)

Img_8493
 会津西山温泉は、以前に滝の湯に泊まったことがありますが、その時に見て良さそうだった中の湯に今回は泊まってきました。公式サイトはこちらです。
 数軒の旅館からなる隠れ里のような温泉ですが、なんと8つもの源泉を持っており、これで交通の便が良かったら、大混雑になるんじゃないでしょうか。
 中の湯は、つげ義春が泊まった宿としても知られております。現在は建物が建て替えられてしまいましたが、それでも昭和の雰囲気が漂います。この宿だけで3つの源泉があり、もちろんすべて源泉掛け流し。温泉力が強いです。お食事も「山の中のマグロの刺身」などはなく、山菜や川魚などを使った素朴だけど美味しいお料理。おもてなしも程よい距離感で心地よいです。
 建物がもうちょっと古ければな〜と思うのですが、ぽん太の総合評価では堂々の5点満点です。

Img_8530 こちらが中の湯さんの建物です。まわりは雪に覆われてますが、暖冬の影響で、この時期にしては少ないそうです。
 建物は四、五十年前に建て替えられたものですが、落ち着いた和風の建物です。
Img_8503 灯りのともった玄関まわりは、雪のなかでも暖かみが感じられます。
Img_8490 客室は、普通に落ち着く和室です。

Img_8531 さて、お風呂ですが、本館にある男女別の内湯(杉の湯)と、別棟にある混浴の内湯(中の湯)と露天(荒湯)があります。そして3つのお風呂が、それぞれ異なる3種類の源泉を引いているのがなんとも豪華。どれも源泉掛け流しであることは言うまでもありません。
 まずは別棟のお風呂から。木の梁が美しい建物です。
Img_8502 いい感じの脱衣場。脱衣籠の上には立派な神棚があります。
 西山温泉は、その効能から古くは「神の湯」と呼ばれていたそうで、大地の恵みである温泉に対する信仰心が伺われます。
Img_8536 開放的な木造の空間のなかにある大きな檜風呂は秘湯ムードに溢れてます。これはかなり得点が高いです。
 お湯は、夜は白いうす濁りに見えましたが、朝は透明でした。温度によって変わるのかもしれません。そこに白と褐色の大きめの湯の花が舞います。匂いは感じませんが、舐めるとけっこう塩っぱくて、硫化水素臭がします。そしてヌルヌル系の美人の湯。かなり温泉力があります。温度はやや温めに設定されており、ゆっくりと浸かることができます。浴槽の内側をなでるとすべすべしていて、檜の表面に結晶が付着しているように感じるのですが、上側や洗い場の床には目立ちません。意図的に剥がしたのかもしれませんが、はっきりわかりません。
Img_8541 温泉分析表の左ページです。泉温はなんと98.9と高温ですから、お風呂の温度は意図的に低くしてるんですね。湧出量は7l/minで自噴です。pHは8.02とアルカリ性なのがヌルヌルの理由ですね。ナトリウムイオンが多いです。
Img_8542 温泉分析表の右ページです。塩素イオンが多いですね。ナトリウムイオンと合わせて、塩分が強いようです。泉質は「含硫黄ーナトリウムー塩化物泉」。

Img_8537 露天風呂は岩風呂風です。こちらは塩分はちょっと薄いですが、苦みがあります。源泉は写真の一番奥から流れ込んで来るのですが、ところどころ不自然に暖かいところがあり、小さな泡がぷくぷく上がっているところもあったので、底からも湧いているのかもしれません。
Img_8543 露天風呂の温泉分析表の左ページ。泉温は81.8度。動力揚湯と書いてあるけど、底から自噴してないのかな〜?pHは8.0でやはりアルカリ性ですね。苦みを感じたけどMgは2.14mg/lでそんなに多くないですね。
Img_8544 右ページです。総ヒ素が0.042mg含まれているのがちょっと珍しい気がします。泉質は同じく「含硫黄ーナトリウムー塩化物泉」。

Img_8517 本館の内湯です。こちらはちょっと小さいし、あんまりムードはないです。でも入るとびっくり。まるでKJです……かき玉汁。白いでっかい湯の花がぐるぐる舞ってます。う〜ん、これはすごい。
 左手前に延びるパイプで源泉を逃がして温度調節をしているのが、おおらかというか、もったいないというか、豊富な源泉あってこそです。
Img_8518 温泉分析表です。泉温は61.9度。pHは6.54でほぼ中性ですね。

Img_8511 夕食はお部屋で頂きました。これこれ。ぽん太とにゃん子はこういう食事を待っていたのです。春に収穫して塩漬けにしたものを丁寧に塩抜きした山菜。ヤマメの塩焼き、鯉のうま煮。
 凍った刺身に肉の陶板焼きといった、大旅館のお食事とは全然違う、心のこもった美味しいお料理です。
Img_8514 山菜は、フキにコゴミ、ウドですね。
Img_8515 ご飯と、白みそのお味噌汁も美味しゅうございました。

Img_8528 朝食は別室で頂きました。とろろが甘い味付けだったのにびっくり。会津ではこういう味付けなのでしょうか。初めて食べました。

Img_8522 さて、中の湯といえば、つげ義春がかつて投宿したことで有名です。館内に、新聞の切り抜きが貼ってありました。
 つげ義春と中の湯に関しては、ちょっと長くなりそうなので、稿を改めてみちくさすることにいたしましょう。

|

« 【歌舞伎】海老蔵の「にらみ」で厄落とし。2016年1月新橋演舞場 | トップページ | 【温泉】とってもきれいで快適な宿・湯野上温泉 民宿山形屋(★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】つげ義春の宿。素朴だが温泉力もある・会津西山温泉 中の湯(★★★★★):

« 【歌舞伎】海老蔵の「にらみ」で厄落とし。2016年1月新橋演舞場 | トップページ | 【温泉】とってもきれいで快適な宿・湯野上温泉 民宿山形屋(★★★) »