« 【伊豆の不思議スポット】岩にあいた無数の横穴/北江間横穴群 | トップページ | 【バレエ】ポリーナちゃんどうしたの? ヴォロンツォーワの「ジゼル」ミハイロフスキー劇場バレエ »

2016/01/06

【温泉】玉樟園新井(ぎょくしょうえんあらい)(★★★)(付:土肥金山/さかなや千本一のぬまづ丼(★★★★★))

Img_7385
 昨年の12月のことですが、ぽん太とにゃん子は西伊豆は土肥の老舗旅館、玉樟園新井(ぎょくしょうえんあらい)に泊まってきました。公式サイトはこちらです。
 歴史を感じさせる本館の建物、広い庭園、豊富な源泉、新鮮な海の幸のお料理など、言わずと知れた有名旅館です。
 古い建物が好きなぽん太とにゃん子は、お値段もリーズナブルな本館に泊まったのですが、宿の主流はお風呂付きの高価な客室のようで、大浴場のお湯は掛け流しとはいいながら循環・加熱・塩素消毒をしており、いまいち満足できませんでした。う〜ん、やっぱり「大旅館」なのかな。ここに泊まるなら、もちっと上の客室のプランにした方がいいと思います。

★楽天トラベルからの予約は右のリンクをクリック★


Img_7402 こちらが本館の客室。きれいにリフォームされているのですが、反面、古さが感じられないのが残念。
Img_7403 窓の外には手入れがされたお庭があります。
Img_7407 こちらが庭園ですね。

Img_7379 こちらた大浴場「男の湯」。広々としており、たくさんの湯船があります。さすが毎分110リットル以上の豊富なお湯が使われているだけあります。もちろん加水なしの源泉掛け流しですが、循環・加熱に塩素消毒もしてあって、泉質が弱カルキ泉になってしまっているのが残念無念。
Img_7375 広々した露天風呂もついてます。
Img_7377 温泉分析表です。泉質は、カルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物温泉。pHは8.3のアルカリ性です。
Img_7380 御覧のように、加水はしてありませんが、循環・加熱・塩素消毒が行われております。

Img_7399 こちらが女湯の大浴場・美人の湯。安心して下さい。盗撮したわけではありません。夜中の1時から朝10時までは、男女入れ替えになります。
Img_7396 こちらにも露天風呂が付いてます。

Img_7393 こちらは、貸し切り露天風呂・玉竜(たまりゅう)。45分間交替で利用できます。
Img_7395 趣きある土塀に囲まれた、樽風の露天風呂も付いてます。

Img_7383 こちらが夕食です。お造りがマグロやハマチで、地魚じゃないのが残念。2人で一個だけ追加したあわび踊り焼き(冒頭の写真)は、ぽん太とにゃん子は生まれて初めて頂きましたが、さすがに美味しゅうございました。
Img_7388 お食事は小エビの炊き込みご飯。

Img_7400 朝食も美味しゅうございました。

Img_7411 翌日は、トンネル恐怖症のため嫌がるにゃん子を引き連れて、土肥金山を見学。これまでダイビングのおりに何度も前を素通りしておりましたが、中に入るのは初めてです。なかなか面白かったです。

Img_7446 沼津でお昼ご飯♪何にしようかな〜。
 いろいろ歩き回った結果、今朝水揚げした生シラスが食べられるということで、「さかなや千本一」さんの「ぬまづ丼」に決定。公式サイトはこちらです。
 トピングは生シラス、生桜えび、鯵タタキですが、その下のご飯が焼いたアジの干物をほぐして入れた炊き込みご飯。とっても美味しゅうございました。

|

« 【伊豆の不思議スポット】岩にあいた無数の横穴/北江間横穴群 | トップページ | 【バレエ】ポリーナちゃんどうしたの? ヴォロンツォーワの「ジゼル」ミハイロフスキー劇場バレエ »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】玉樟園新井(ぎょくしょうえんあらい)(★★★)(付:土肥金山/さかなや千本一のぬまづ丼(★★★★★)):

« 【伊豆の不思議スポット】岩にあいた無数の横穴/北江間横穴群 | トップページ | 【バレエ】ポリーナちゃんどうしたの? ヴォロンツォーワの「ジゼル」ミハイロフスキー劇場バレエ »