« 【温泉】広瀬川に面する天然岩風呂は、温泉ファンなら一度入るべし・鷹泉閣岩松旅館@作並温泉(★★★★) | トップページ | 【オペラ】サロメの愛は真実なの?「サロメ」新国立劇場 »

2016/03/17

【バレエ】ノイマイヤーとルグランの素晴らしい出会い「リリオム―回転木馬」ハンブルク・バレエ団

 ハンブルク・バレエ団を観に行ってきました。まずは「リリオムー回転木馬」。
 前回ハンブルクを観たのは7年前の「人魚姫」でしたが、なんとそれ以来の来日公演なんですね。「人魚姫」も大感動でしたが、こんかいも素晴らしい舞台でした。こちらがNBSの公式サイトです。
 舞台に先立って、ノイマイヤーのプレトークが付いておりました。インタビュアーは三浦雅士。ニューアカ時代はブイブイ言わせていて、どんな人かと思ってましたが、今やいいおじいちゃんでした。
 ジョン・ノイマイヤーと言えば、昨年の映画・演劇部門の「京都賞」を受賞しましたね(こちらが京都賞のサイトです。記念講演の動画もあります)。ちなみにその前の年は玉三郎が受賞しました。

 「リリオムー回転木馬」は2011年に初演。けっこうあたらしい演目ですね。
 原作はフェレンツ・モルナール(Molnár Ferenc, 1878年 - 1952)の戯曲「リリオム」(
1909年)。モルナールはブダペスト(当時はオーストリア=ハンガリー帝国)生まれ。第二次大戦中にユダヤ人迫害から逃れてアメリカに移住しました。彼の戯曲「リリオム」は1945年に「回転木馬」(Carousel )というタイトルでブロードウェイ・ミュージカル化されて有名になったらしいです。映画かも何度もされており、1934年にはフリッツ・ラングが監督してますね。今ならYouTubeで観ることができます(こちら)。ただしフランス語版・字幕なしです。
 ちなみにぽん太は、ミュージカルも映画も見たことなし。

 で、ノイマイヤーの「リリオム」ですが、素晴らしかったです。も〜う涙が出ました。齢とって涙腺が緩んでるせいもあるかもしれませんが。
 単なる「振り付け」ではなく、音楽や美術を含め、「バレエ作品」を創造するノイマイヤーの才能には、驚くしかありません。
 舞台奥には一段高くジャズのビッグバンドが配置され、生演奏と、録音テープとで音楽が演奏されます。ジャズの生演奏が、サーカスらしい雰囲気を盛り上げ、無声映画のような郷愁をかもし出します。
 音楽はミシェル・ルグラン。ぽん太は初耳ですが、「シェルブールの雨傘」の音楽(これはぽん太も知ってます)を作曲した人だそうです。俗っぽいところもなく、かといって難渋な感じもせず、クラシック風の録音部分と、ジャズ風の生バンドがうまくクロスして、音楽だけ聴いていたも素晴らしいものでした。

 振り付けの素晴らしさ、面白さは言うまでもありません。踊りの動き自体が演劇的な表現になっているのもいつも通り。
 ダンサーと役がいつもながらピッタリ合っていますが、ノイマイヤーは当て書きをしてるんでしょうか。ならず者のリリオムがカーステン・ユング、コジョカルが純朴可憐な妻ジュリー、息子ルイスのアレッシュ・マルティネス、あの世とこの世をつなぐ風船を持った男のサシャ・リーヴァ、権威的な官僚のカリカチュアのような天国の門番のエドウィン・レヴァツォフなど、どれもこの人しかないという配役でした。

 現在バレエの新作、短い作品ではなくて全幕物を作れる人って、数少ないですよね。ビントレーはあまり好きじゃないし。振り付けだけならモンテカルロのマイヨーとか、オーソトラリアのマーフィーとかいるけど、脚本や音楽も含めてだと、ノイマイヤーしかいないかしら?
 バレエとしてだけではなく、舞台芸術全体のなかで、現代のワンノブザベストだと思います。


ハンブルク・バレエ団
「リリオム―回転木馬」
─ プロローグ付き全7場のジョン・ノイマイヤーによるバレエ伝説 ─
2016/03/06
東京文化会館

リリオム:カーステン・ユング
ジュリー:アリーナ・コジョカル(ゲスト・ダンサー)
ルイス:アレッシュ・マルティネス
風船を持った男:サシャ・リーヴァ
マダム・ムシュカート:アンナ・ラウデール
マリー:レスリー・ヘイルマン
ウルフ:コンスタンティン・ツェリコフ
フィスカー:ダリオ・フランコーニ
水兵:キーラン・ウェスト
天国の門番:エドウィン・レヴァツォフ
内気な青年:アリオシャ・レンツ
悲しいピエロ:ロイド・リギンズ
エルマー:エマニュエル・アムシャステギ
幼少時のルイス:ヨゼフ・マルキーニ

指揮:ジュール・バックリー
演奏:北ドイツ放送協会ビッグバンド、および録音音源

|

« 【温泉】広瀬川に面する天然岩風呂は、温泉ファンなら一度入るべし・鷹泉閣岩松旅館@作並温泉(★★★★) | トップページ | 【オペラ】サロメの愛は真実なの?「サロメ」新国立劇場 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/63316643

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】ノイマイヤーとルグランの素晴らしい出会い「リリオム―回転木馬」ハンブルク・バレエ団:

« 【温泉】広瀬川に面する天然岩風呂は、温泉ファンなら一度入るべし・鷹泉閣岩松旅館@作並温泉(★★★★) | トップページ | 【オペラ】サロメの愛は真実なの?「サロメ」新国立劇場 »