« 【仏像】木造阿弥陀如来坐像(重文)円福寺@新潟県魚沼市 | トップページ | 【寺院】 各国の人たちでにぎわう高尾山薬王院 »

2016/07/14

【登山】青空に思い立って高尾山

 うっとうしい梅雨のまっただ中の6月2日。朝起きたら何と雲ひとつない青空!思わず顔を見合わせたぽん太とにゃん子、どちらからともなく突然思い立って、高尾山に行くことにしました。

 高尾山といえば、登山を始めようと思い立った中年ぽん太が最初に登った山。あれから二十数年、ミシュラン三つ星も獲得しでどう変わっているのか。楽しみです。
 今回はビールを飲むために電車でアプローチ。高尾山山頂を経て陣馬山方面に縦走し、時間を見計らいながら適当なところでビールを飲んで戻ってくるという企画です。

【山名】高尾山(599m)、城山(670.3m)
【山域】奥多摩・高尾
【日程】2016年6月2日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】快晴
【ルート】高尾山口駅11:41…琵琶滝11:52…高尾山12:53…城山14:32…薬王院15:49…琵琶滝16:23…高尾山口駅16:36

(※3D地図や当日の天気図などは「山行記録のページへ」をクリック)

Img_1198 高尾山口駅はすっかり新しくなってました。設計は今をときめく隈研吾。悪くはないけどなんだかな〜。当たり障りがないところが、万人受けする理由かしら。

Img_1202 晴天で暑そうなので、谷沿いを登る6号路(琵琶滝コース)を選択。登り始めてすぐのところにお地蔵さんの集団を発見。

Img_1202_2 良く見ると手前はお地蔵さんではなく、七福神のようですが、フォルムといい表情といい、ディズニーの7人の小人といった感じです。

Img_1203 その先にあるのが高尾病院。ぽん太の領域の精神科病院ですね。近世、琵琶滝では精神病者の水治療が広く行われ、このあたりには逗留のための旅館が建ってました。そのうち一つの佐藤旅館が姿を変えて、高尾病院になったということは、以前に書いたことがあるような気がします。

Img_1205 さらにちょっと行くと、小さな祠がありました。祀られているのは地蔵菩薩でしょうか。水場を守るとともに、感謝を捧げるためでしょうか。

Img_1207 次に現れたのは「岩屋大師」。高尾山はパワースポットが目白押しです。

Img_1210 まず向かって右の岩屋。左は弘法大師か?右は何でしょう。

Img_1211 ついで向かって左の岩屋。地蔵菩薩でしょうか。「新山」と書いてありますが、いわれはわかりません。

Img_1212 琵琶滝に到着です。立派な祠がありますね。祠には「大聖不動明王」と書いてあります。

Img_1216 神仏習合の狛犬君。向かって右です。子狛犬を踏んづけております。子狛犬の顔は可愛くありません。

Img_1215 向かって左です。こちらは鞠。

Img_1218 けっこう見事な浮き彫りがありますが、残念ながら朽ち果てています。

Img_1214 こちらがその琵琶滝ですね。

Img_1220 美しい初夏の林です。

Img_1221 有名な二階建てバイオトイレ。男性の入口は、左側の階段の下にあるのですが、わからずに探していたら、外人さんが教えてくれました。さすが国際的な山です。

Img_1222 高尾山山頂から東京の街並を眺める。

Img_1223 そして富士山です。

Img_1229 高尾山から先の縦走路は、過剰整備が目立ちます。御覧のように、砂利を敷き詰めた道と、木の階段が続きます。地図を持たないハイカーが迷わないようにしたものか、それともマウンテンバイクが入れないようにしたのか、ぽん太には意図がわかりません。ただ、自然の中のハイキングの雰囲気はまったくありません。

Img_1226 城山山頂。天狗の像があります。城山でビールを飲んで引き返すことにしました。

 下りは1号路を辿り、薬王院を経て、ケーブルカー駅の手前から右折して琵琶滝への抜け、6号路で高尾山口駅に戻りました
 長くなったので、薬王院に関しては稿を改めてご報告したします。

|

« 【仏像】木造阿弥陀如来坐像(重文)円福寺@新潟県魚沼市 | トップページ | 【寺院】 各国の人たちでにぎわう高尾山薬王院 »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/63721524

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】青空に思い立って高尾山:

« 【仏像】木造阿弥陀如来坐像(重文)円福寺@新潟県魚沼市 | トップページ | 【寺院】 各国の人たちでにぎわう高尾山薬王院 »