« 【バレエ】自在に宙を舞うオシポワの「ジゼル」英国ロイヤルバレエ団 | トップページ | 【山菜】山菜美味しや、六日町温泉「いろりあん」再訪(★★★★) »

2016/07/04

【登山】快晴で気持ちえ〜。早春の三国山

Img_1063 ルーマニアのご報告をしているときりがないので、5月中旬の登山のご報告をいきましょう。軟弱三国山登山です。
 ♪恋人がサンタクロース。背の高いサンタクロース。バブル華やかなりしころ、関越自動車道月夜野インターをおりてから、大渋滞の国道17号線を4時間かけて行った苗場スキー場。その途中にある三国トンネルの上に位置する三国峠は、越後と関東を結ぶ歴史ある峠です。その近くにある三国山も含め、前から行ってみたいと思っておりました。
 三国峠の名前の由来は、言うまでもなく三つの国が接する峠だからで、上野(こうづけ)(群馬)、越後(新潟)……あれ?二つしかない。もひとつは信濃(長野)だそうですが、現在は三国峠に接してません。昔はここまで信濃が延びてたのかしら?ちなみに現在、群馬・新潟・長野が接しているのは、三国峠より10kmほど西にある白砂山(しろすなやま)ですね。

【山名】三国山 1636.4m
【山域】谷川・武尊
【日程】2016年5月18日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】快晴
【ルート】三国トンネル群馬側出口駐車場10:58…三国山12:35…駐車場13:53

(※3D地図や当日の天気図などは「山行記録のページへ」をクリック)
【マイカー登山情報】三国トンネルの群馬側に三坂線駐車場がありますが、もうちょっとトンネルよりの橋の手前にも、駐車場があります。
【関連リンク】
旧三国街道・三国峠を歩こう!:猿ケ京温泉のまんてん星の湯のサイト内のハイキングマップ。情報たっぷり。お勧めです。プリントして持ってきましょう。

Img_1062 東京はもう晩春ですが、ここはまだ早春。美しい新緑のトンネルです。

Img_1065 ひと登りすると三国峠に到着(記事の冒頭の写真です)。鳥居があって、祠が建っております。由緒書きがこの写真(クリックで拡大します)。
 この社は「三国権現」といい、祭神は、越後の一の宮・弥彦神社の大神、上州一の宮・赤城神社の大神、信州一の宮・諏訪神社の大神、だそうです。
 一宮 - Wikipediaによると、上野国の一の宮は、安中にある一之宮貫前神社のようですが、細かいことはいいでしょう。

Img_1080 ここからはすり鉢型の山頂を目指して、ひたすら階段を登って行きます。

Img_1075 ウグイスが梢で鳴いておりました。普段は茂みのなかで鳴いていることが多く、なかなか目にすること機会はありません。
 え?ウグイス色じゃないから違う鳥だろうって?みなさんがウグイスだと思っている庭先の梅の枝によく止まっているうぐいす色の鳥は、ウグイスではなくてメジロです。本当のウグイスはこのような灰色の鳥です。

Img_1078 台地のような山が、苗場山です。手前は苗場スキー場と苗場プリンス。

Img_1082 あっという間に山頂に到着。

Img_1083 南の群馬県側の景色です。やや左にあるのが赤城山。右手前の三角の山は子持山です。

Img_1086 山頂からちょっと北へ進むと、北側の展望が広がります。左から平標、仙ノ倉、万太郎。谷川岳へと続く稜線です。

Img_1085 7月にはニッコウキスゲが咲き乱れるそうですが、この時期はあまり花はありませんでした。タムシバの白い大きな花びらが印象的でした。
 延々と階段の上り下りで、けっこう足が疲れました。

|

« 【バレエ】自在に宙を舞うオシポワの「ジゼル」英国ロイヤルバレエ団 | トップページ | 【山菜】山菜美味しや、六日町温泉「いろりあん」再訪(★★★★) »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/63654683

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】快晴で気持ちえ〜。早春の三国山:

« 【バレエ】自在に宙を舞うオシポワの「ジゼル」英国ロイヤルバレエ団 | トップページ | 【山菜】山菜美味しや、六日町温泉「いろりあん」再訪(★★★★) »