« 【温泉】ブナ原生林に囲まれたロッジ風の宿でいただく山菜尽くしが最高!小谷温泉雨飾荘(★★★★) | トップページ | 【仏像】見てると幸せな気分になる下膨れのお顔。聖観音菩薩立像、弾誓寺@長野県大町市 »

2016/07/27

【歌舞伎】海老蔵健闘すれども脚本が。2016年7月歌舞伎座昼の部

 7月の歌舞伎座は、これまで観たことがない演目がならんだ昼の部を観劇。公式サイトはこちらです。

 で、初めて見た「柳影澤蛍火」(やなぎかげさわのほたるび)ですが、残念ながらあまり面白くなかったです。
 テンポも遅いし、単調だし、脚本と演出がダメな気がしました。これで2時間40分はキツイ!せめて古典狂言みたいに、1幕目は時代もの、2幕目は世話ものにして、道行きの踊りとかも入れて欲しいです。
 主役の柳澤吉保を演じた海老蔵は、なかなか頑張っていたような気がします。最初、「出世」という字を書いたときの素に戻ったいたずらっぽい表情や、本を売るのを止めたときの怒り、戸惑い、やるせなさの混ざった表情など、(ちょっとやりすぎだけど)悪くなかったです。昔は何をやっても同じ表情でしたが、いろいろなことを経験して、いい役者になってきた気がします。
 でも、そのあとの話しが盛り上がらない。吉保がいろいろな手を使って徐々に出世していき、それにつれて変貌して行くあたりの描写が不十分でした。吉保の出世欲は、生類憐みの令によって父親を惨殺されたことに端を発するのですが、それが復讐心なのか、出世するに連れて権力の味に目覚めたのか、巨悪なのか、よくわかりませんでした。
 綱吉のお世継ぎ争いで、お伝の方を蹴落とす下りも、「陰謀」によってありもしない理由で失脚させるのならわかりますが、本当に浮気をしていたわけですから、「それじゃ自業自得じゃん」と思ってしまいます。
 最後の滅多切りも、年老いた吉保では迫力がありません。ひどいことをして権力を得たあげくの発狂も、『マクベス』の二番煎じ。「実ハ」も伏線が不十分で、面白くありませんでした。
 中車の徳川綱吉は、こんかいは自然に見ることができました。東蔵の桂昌院、色ぼけのばあさんなのに、嫌らしさや毒々しさが感じられないのはさすがの芸。


 最後の猿之助の「流星」で、ようやく気分が晴れました。明るく楽しい踊りでした。
 ただ、奥からジグザクに道があるセットは、舞台の大部分を占めているわりには、最初に織姫と牽牛が登場する時に使っただけ。セットを整理して、猿之助がもっと広々と舞台を動き回って踊った方が良かった気がします。
 最後は宙乗りで大喝采。


歌舞伎座
七月大歌舞伎
平成28年7月13日

昼の部

  宇野信夫 作・演出
  織田紘二 補綴・演出
  通し狂言
一、柳影澤蛍火(やなぎかげさわのほたるび)
  柳澤騒動

  本所菊川町浪宅より
  駒込六義園庭園まで

    柳澤吉保 海老蔵
    護持院隆光 猿之助
    茶道千阿弥 市川右近
    犬役人久保勘兵衛 男女蔵
    成瀬金吾 亀三郎
    篠原数馬 九團次
    おさめの方 尾上右近
    侍医順庵 寿猿
    お伝の方 笑三郎
    曽根権太夫 猿弥
    奥方松江 笑也
    犬役人酒井万蔵 市蔵
    柳澤弥左衛門 家橘
    徳川綱吉 中車
    桂昌院 東蔵

二、流星(りゅうせい)
  市川猿之助宙乗り相勤め申し候

    流星 猿之助
    織姫 尾上右近
    牽牛 巳之助

|

« 【温泉】ブナ原生林に囲まれたロッジ風の宿でいただく山菜尽くしが最高!小谷温泉雨飾荘(★★★★) | トップページ | 【仏像】見てると幸せな気分になる下膨れのお顔。聖観音菩薩立像、弾誓寺@長野県大町市 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/63911048

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】海老蔵健闘すれども脚本が。2016年7月歌舞伎座昼の部:

« 【温泉】ブナ原生林に囲まれたロッジ風の宿でいただく山菜尽くしが最高!小谷温泉雨飾荘(★★★★) | トップページ | 【仏像】見てると幸せな気分になる下膨れのお顔。聖観音菩薩立像、弾誓寺@長野県大町市 »