« 【仏像】流れるような衣紋・阿弥陀如来座像(重文)無量寺(長野県箕輪町) | トップページ | 【歌舞伎】吉右衛門と玉三郎の格調ある「吉野川」 2016年9月歌舞伎座昼の部 »

2016/09/16

【温泉】山奥に湧く塩っぱい源泉・鹿塩温泉山塩館(長野県大鹿村)(★★★★)

Img_2531 8月上旬、ぽん太とにゃん子は、鹿塩温泉・山塩館に泊まってきました。この旅館のある長野県下伊那郡大鹿村は、原田芳雄の遺作となった映画「大鹿村騒動記」の舞台となったところですね。
 ぽん太はこの旅館に泊まるのは実は3回目なのですが、ブログに書くのは今回が初めてです。日本秘湯を守る会の会員宿、公式サイトはこちらです。

 南アルプス西麓の山あいにある鹿塩温泉山塩館。その名のとおり塩っぱい温泉が特徴です。食塩泉というと、海水のようにベトベトしそうですが、海水とちがってにがり成分が少ないので、入浴後のお肌はさらさらしてます。泉温が低いので加熱しており、露天風呂がないのがちと残念。山の食材を使ったお料理も美味しいです。建物は古くはありませんが、落ち着く和風建築。全15室のこじんまりした落ち着く宿です。なんといっても不思議な食塩泉が魅力で、ぽん太の評価は4点です。

Img_2527 中央道松川インターから車で小一時間。南アルプスと伊那山脈に挟まれる谷間にある大鹿村に、山塩館があります。建物は落ち着く和風旅館です。
Img_2559 落ちて広々としたロビーです。
Img_2558 宿のあちこちに細かな気配りが。
Img_2530 お部屋はきれいで落ち着く和室です。

Img_2553 この宿の売りは何といっても、山奥に湧き出る不思議な食塩泉。開放感のある二つの内湯があり、男女入れ替わりで楽しめます。写真は大鹿村の天然石を使った「石風呂」です。
 お湯は無色透明ですが、源泉の浴槽ではやや濁って見えます。塩っぱいですが、少し甘みも感じます。微かに硫化水素臭があります。海水と違ってにがり成分が少ないので、入浴後にべとべとしか感じはありません。
Img_2555 隅っこに源泉の浴槽があります。かなり冷たいですが、数秒なら入ることができます。強者は挑戦しましょう。
Img_2532 こちらは「ヒノキ風呂」。木の浴槽にぬくもりが感じられます。向かって右の方は寝湯になってます。温度がやや低めに設定されているので、ゆったりとお湯につかることができます。
Img_2539 鹿の湯1号の温泉分析書です(クリックで拡大します)。泉温は12.8度と低く、pHは7.9で弱アルカリ性。Na+: 7932mg/kg, Cl-: 14050mg/kgは、確かにぽん太がこれまで入った中では、有馬温泉を除くと最高レベルで、同じく塩っぱくて有名な大塩裏磐梯温泉を超えてます。359.3mg/kgのカルシウムイオンが甘みの原因か?にがりの一方の成分マグネシウムイオンは、確かに67.1mg/kgと少ないです。泉質は、含硫黄ーナトリウムー塩化物強塩冷鉱泉です。
 ちなみに海水では、Na+: 10780mg/kg、Cl-: 19350mg/kgと、鹿塩温泉をともに上回っており、Mg++: 1280mg/kgも非常に多いです。
 なんで山中で食塩泉がわくのか不思議ですが、太古に閉じ込められた海水が湧き出しているなど諸説あるようですが、よくわかってないそうです。
Img_2540 こちらは鹿の湯3号の温泉分析書(クリックで拡大します)。1号とだいたい同じですね。それぞれが浴槽にどう注がれているのか、ちょっと分からなくなってしまいました。

Img_2542 夕食はこちら。鹿肉のカルパッチョはやわらかくて臭みがありません。天ぷらの具材には、トマトが入ってました。初めて食べる気がするけど、コロンブスの卵というか、美味しかったです。これにイワナとお蕎麦とお食事がつきます。

Img_2551 こちらが朝食です。トウガンが涼しげ。豆腐には温泉から作った塩をかけて頂きます。宿のご主人が、昔ながらの方法で源泉を薪で炊いて、山塩を作っているんだそうです。雑味がなくてとっても繊細な味のするお塩で、ご飯にかけて食べても美味しかったです。

Img_2561 宿の窓から見えるところに、何やらトンネルと看板が。帰りに寄ってみました。
Img_2560 案内板です(クリックで拡大します)。黒部銑次郎という阿波徳島藩士が明治初期に、日本には存在しない岩塩を求めて掘削をしたものの、ついに夢はかなわなかったそうです。
Img_2564 少しだけ内部を見学することができます。

|

« 【仏像】流れるような衣紋・阿弥陀如来座像(重文)無量寺(長野県箕輪町) | トップページ | 【歌舞伎】吉右衛門と玉三郎の格調ある「吉野川」 2016年9月歌舞伎座昼の部 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/64012689

この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】山奥に湧く塩っぱい源泉・鹿塩温泉山塩館(長野県大鹿村)(★★★★):

« 【仏像】流れるような衣紋・阿弥陀如来座像(重文)無量寺(長野県箕輪町) | トップページ | 【歌舞伎】吉右衛門と玉三郎の格調ある「吉野川」 2016年9月歌舞伎座昼の部 »