« 【寺院】日本最古の回転式経蔵/飛騨安国寺経蔵【国宝】 | トップページ | 【登山】またクマに遭遇。新中の湯から焼岳山荘に一泊し西穂山荘経由で上高地 »

2016/09/25

【温泉】リーズナブルなロッジ風の宿。夕食が美味すぎ!/乗鞍高原温泉・牧水苑(★★★)

Img_2687_2
 ぽん太とにゃん子は、長野県は乗鞍高原温泉・牧水苑に泊まってきました。
 手作り感満載の公式サイトはこちらです。

 乗鞍高原の中心の湯けむり館の四つ角を左折した先にある、ロッジ風のホテルのうちの一つです。温泉はちょっと狭いけど内湯と露天があり、真っ白で硫黄が香る乗鞍の湯を掛け流しで楽しめます。欅造りの古民家を移築したお食事処でいただく夕食は、ちょっと創作系が入っていてなかなかの優れもの。家庭的なほっとできる宿で、お値段もリーズナブル。ただ、今ひとつ売りが欲しい感じがするので、ぽん太の評価は惜しくも4点に近い3点。

Img_2679
 木造のロッジ風の建物です。

Img_2693
 客室は和室です。ちょっと古びた感じがあり、そういえば昔のスキー場のホテルってこんな感じだったな〜という感じ。
 お部屋の名前が「えつこ」なのが気になりました。女性の名前でしょうか。「東京」とかいう部屋もあるし。創業者の個人的な思い入れかしら?帰りにフロントで理由を聞こうと思ったのに、うっかり忘れました。あゝ、気になる。

Img_2684
 温泉は、男女別の内湯と露天があります。こちらは内湯。ちょっと小さめですが、木製の壁や湯船がいい雰囲気です。
 そしてさすが乗鞍の湯。流れ込む源泉は無色透明ですが、湯船のお湯は乳白色に濁り、かき回すと湯船の底から白い泥のような湯の花が浮かび上がってきます。強い硫黄臭があり、舐めると酸っぱいです。浴槽の手前の白い縦の帯は、デザインではありません。流れ出すお湯の成分がこびりついたものです。

Img_2705
 内湯よりやや大きめの露天風呂は、展望はありませんが、やはり木の浴槽が豪放な印象です。

Img_2689
 温泉分析書です(クリックで拡大します)。泉温46.4度。pHは3.2と強酸性です。溶存ガス成分の遊離硫化水素443.5mg/kgはなかなかのもの。泉質は単純硫黄温泉です。
 もちろん加水・循環なしの源泉掛け流し。条件によっては加温はするみたいです(真冬の露天とかかな?)


Img_2694
 夕食は、築200年の古民家を移築したお食事処で頂きます。他のお客さんがいたので写真はありませんが、高い天井や太い梁が歴史を感じさせます。
 お料理は、家庭料理風で決して豪華ではありませんが、どうしてどうして、なかなか美味しくて、ちょっと感動しました。

Img_2696
 お品書きです。最初の「車麩の炒煮」からしてぽん太には珍しいし、お次の「豆と雑穀のスイチリサラダ」はアジアンなお味。キノコと細切りの新じゃがにかかっているのは豆乳ソースで、しかも胡椒がきいてスパイシー。信州サーモンのお造り、安曇野ポークのオイル焼き、安曇野イワナの塩焼きと、地元の食材も満載。

Img_2698
 お造りのお醤油は、見た目薄いですが、とっても美味しいです。

Img_2695
 鴨鍋は、鴨が脂身がなくて、とっても柔らかく、赤味肉好きのぽん太とにゃん子の好みでした。お出汁もとっても旨味があります。ご飯もお米がおいしかったです。

Img_2701
 デザートはなんと蕎麦のアイスクリーム。これがまった違和感がありません。
 夕食はぽん太とにゃん子は大満足!


Img_2707
 朝食も美味しゅうございました。

|

« 【寺院】日本最古の回転式経蔵/飛騨安国寺経蔵【国宝】 | トップページ | 【登山】またクマに遭遇。新中の湯から焼岳山荘に一泊し西穂山荘経由で上高地 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/64236242

この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】リーズナブルなロッジ風の宿。夕食が美味すぎ!/乗鞍高原温泉・牧水苑(★★★):

« 【寺院】日本最古の回転式経蔵/飛騨安国寺経蔵【国宝】 | トップページ | 【登山】またクマに遭遇。新中の湯から焼岳山荘に一泊し西穂山荘経由で上高地 »