« 【仏像】木造薬師如来坐像・木造薬師十二神将立像(県指定)@東光寺(山梨県甲府市) | トップページ | 【温泉】オープンキッチンで楽しむ料理とおしゃべり。新穂高温泉 野の花山荘(★★★★★) »

2016/09/10

【登山】徳本小屋から中村新道を歩いて蝶ヶ岳へ(快晴御礼)

Img_2185 今年の海の日は、梅雨明け宣言はまだでしたが、好天に恵まれました。ぽん太とにゃん子は、これまで歩いたことのない、徳本峠小屋から蝶ヶ岳へとt続く中村新道を歩いてきました。

【山名】蝶ヶ岳(2677m)、大滝山(2616m)
【山域】槍・穂高・乗鞍
【日程】2016年7月18日〜7月20日(2泊3日)
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】快(7/18)快晴、(7/19)快晴、(7.20)晴れ
【ルート】(7/18)上高地バスターミナル11:27…明神…徳本峠小屋15:09(泊)
(7/19)徳本峠小屋6:00…(中村新道)…大滝槍見台9:28…大滝山…蝶ヶ岳15:03…蝶ヶ岳ヒュッテ15:20(泊)
(7/20)蝶ヶ岳ヒュッテ6:40…蝶槍7:40…蝶ヶ岳ヒュッテ…(長塀尾根)…徳沢…嘉門次小屋12:30…上高地バスターミナル

(※3D地図や当日の天気図などは「山行記録のページへ」をクリック)

Img_2053 久々に訪れた上高地。天気は雲ひとつない快晴。外国人で大賑わい。合羽橋からおなじみの風景を眺めます。
Img_2059 合羽橋を過ぎたところの橋からいつもの水面を撮る。今日は日光でキラキラと輝いて、まるで印象派の絵画のようです。
Img_2064 明神を過ぎたところで右折し、美しい樹林のなかを徳本峠に向かいます。
Img_2065
 ええっと……、コバノイチヤクソウかな?
Img_2074 センジュガンピですね。
Img_2075 徳本峠小屋に到着。手前は大正時代に作られた旧徳本峠小屋。現在は資料館として使われています。背後の新館は新しくてとてもきれいです。定員30人の小さな小屋ですが、さらに今日の宿泊客はぽん太とにゃん子をいれてたったの3人。アットホームな山小屋ライフを過ごせました。
Img_2082 夕食はなんと好物の山菜天ぷら付き。揚げ方もパリッと揚がっていて上手でした。葉っぱは難しいんだよね。お姉さん、ありがとう。

Img_2088 こちらが朝食。徳本峠小屋からは、ご来光や夕日が拝めないのがちと残念。
Img_2105 本日は、中村新道を経て、蝶ヶ岳ヒュッテまで歩きます。このコースは、ぽん太とにゃん子は今回が初めてです。ここを歩く登山客は多くないそうで、「人より熊が確実に多いと思います」などという小屋番のギャグ(?)に励まされて出発。北アルプスでありながら、樹林帯のなかの道が続きます。深い森に差し込んでくる朝日が美しいです。天気は快晴。「木さえなければ槍や穂高が観れるのに、なんでこんなコースを選んだんだろう」と後悔することしきりです。
Img_2107 そんなぽん太を集団であざわらうギンリョウソウ。
Img_2128 インデアンの砦か?いや、大滝槍見台デス。
Img_2121 見えたっ!槍から穂高までまるっきり。ここまで来て曇ってたらどうしようかと思ったけど、ちゃんと待っててくれました。この値千金の景色を見なければ、わざわざ北アルプスに来たかいがありません。
Img_2129 再び樹林帯の中の道が続きます。
Img_2143 大滝山に近づいて、 登山道が稜線の東側に来ると、湿った蒸し暑い空気が待ち構えてました。稜線の西は乾いた冷たい空気で晴れており、ちょうどこの稜線上で、二つの空気がぶつかっているようです。そして東側斜面は高山植物のお花畑。
Img_2131 写真はテガタチドリですね。
Img_2137 ん〜?なんじゃこりゃ〜!こんなん初めてみたぞ〜。帰って調べたらタカネシュロソウとのこと。やっぱり見るのは初めてでした。
Img_2140 花のアップです。
Img_2139 名前の由来になっているシュロっぽい葉っぱ。
Img_2152 大滝山荘はとってもこじんまりした建物。ここも一度泊まってみたいですね〜。
Img_2157 蝶ヶ岳へと続く最後の稜線。槍が僕らを待ってます。
Img_2170 風立ちぬ。
Img_2178 キヌガサソウの壁。
Img_2183 蝶ヶ岳から蝶ヶ岳ヒュッテ。外人さんもチラホラおります。
Img_2192 小屋についたらやっぱコレですね。槍見で一杯。あ〜、汗をかいたんでうまいっす。
Img_2203 夕食です。蝶ヶ岳ヒュッテは、いくつかの団体も含めてけっこう大勢とまってましたが、それにも増して小屋が大きく、ゆったりと眠れました。
Img_2210 夕食後は、刻々と移り行く夕暮れ劇場を鑑賞。
Img_2216 槍ヶ岳の燃えるたてがみ。


Img_2291 翌朝も素晴らしいご来光を拝むことができました。黄金色に光り輝く雲海です。
Img_2279 日の光にゆっくりと目を覚ます穂高連峰。
Img_2303 そして腹ごしらえをして出発です。
Img_2316 まずは蝶槍まで往復。
Img_2307 ここまで来ると、槍ヶ岳がすぐ間近に見えます。さすがの蝶槍も、本家の迫力には遠く及びません。
Img_2313 遠く富士山に南アルプスの山々。
 長塀尾根を、徳沢に向かって下山。長くて単調で疲れました。
Img_2332 頑張った自分へのご褒美に、嘉門次小屋のイワナは欠かせません。

|

« 【仏像】木造薬師如来坐像・木造薬師十二神将立像(県指定)@東光寺(山梨県甲府市) | トップページ | 【温泉】オープンキッチンで楽しむ料理とおしゃべり。新穂高温泉 野の花山荘(★★★★★) »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/63947634

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】徳本小屋から中村新道を歩いて蝶ヶ岳へ(快晴御礼):

« 【仏像】木造薬師如来坐像・木造薬師十二神将立像(県指定)@東光寺(山梨県甲府市) | トップページ | 【温泉】オープンキッチンで楽しむ料理とおしゃべり。新穂高温泉 野の花山荘(★★★★★) »