« 【松茸】長野県某所で採れたての国産松茸料理を頂く(★★★★★) | トップページ | 【クラシック】常套句だけど「色彩感豊か」パリ管弦楽団(プログラムA) »

2016/11/26

【歌舞伎】菊五郎の勘平と吉右衛門の由良之助の競演「仮名手本忠臣蔵」第二部 国立劇場

20161123_141632
 国立劇場の「仮名手本忠臣蔵」通し上演、11月はおかると勘平の顛末です。特設サイトはこちら、国立劇場の公式サイトはこちら

 劇場に入ってすぐに、10月の上演台本(見本)を確認。
 やっぱり切腹のときの判官の「生き変わり死に変わり、鬱憤晴らさで措くべきか」というセリフは省略されていたみたいです。「勘平成仏問題」にこだわるぽん太は、ちょっとがっかり。今回の通し上演では、関心が払われていないようですねえ。
 でもまあ、勘平の最後がどう扱われるか、今日は居眠りしないで見てみたいと思います。

 さて、最初は「道行旅路の花聟」。ところは神奈川県は戸塚、桜の花と菜の花(?)が咲き乱れる中、おかると勘平の道行きです。
 鎌倉を出発して現在戸塚じゃ、山崎じゃなくて江戸に向かっとるじゃん!とツッコミを入れたくなりますが、まあ、歌舞伎ですから固いことは言わず。
 色事に溺れて主君の大事に居合わすことができなかった罪を担いながらも、水入らずでちょっとうれしい二人旅。錦之助と菊之助の二人はまことに美形でしたが、もっとウルウル感があっても良かった気がします。その方が、本日の悲惨な結末との対比も生まれるかも。
 亀三郎の鷺坂伴内が、いつもながらの名脇役。

 さあて、五・六段目でござる。菊五郎の勘平は何度か観ておりますが、まさしく完成された芸。だんだん歳とって、顔がシワシワになってきましたが、演技は衰えるどころか、ますます磨きがかかった感じ。
 菊五郎の勘平は、素直で人が良く、裏表がなく、ちょっとお調子者で、やや思慮が足りない。人を撃ち殺したと気付いて逃げようとするが、花道ででふと「あの金を……」と思うところとか、御用金を用立てて意気揚々と家に戻って来て、「猟人の女房がお駕篭でもあるまいが」と軽口をたたいて、ト〜ンと駕篭の棒鼻を押すところとか、そんな感じが出ています。
 自分が義父を撃ち殺したと思い込んで、どうしようと思いつつも正直に言い出すことができず、その間に徐々に証拠がそろってきて事実が露見して行くあたり、涙が止まりませんでした。子どものころ悪いことをして、しらばっくれようとしていたら、先生に見つかってみんなの前で怒られるという苦しみを、百倍にした感じでしょうか。これは究極の羞恥プレイですな。
 最後の自害して果てるところも、いつもと同じ運びで、やっぱり「勘平成仏問題」への配慮はありませんでした。勘平が「ヤア仏果とは穢らわしや。死なぬ死なぬ。魂魄この土に止まって、敵討ちの御供なさで措くべきか」と言ってから、連判状への血判となり、息絶えるというパターン。
 このパターン、成仏を拒否して怨霊となって仇討ちに加わることを宣言した勘平を、連判状に加えることによって、成仏させるというストーリーだとぽん太は思い込んでましたが、このパターンだからといって、勘平が成仏したとは言えないとも考えられます……。でも、やっぱ素直に受け止めれば、勘平は成仏した感じですよね。
 それからもうひとつ気になったのは、勘平の縞の財布の件。今回の公演では、12月の第三部で焼香の場があるとアナウンスされてます。
 焼香の場面があるとすれば、勘平の持っていた縞の財布が由良之助の手に入らないとおかしいはず。でも、たしか勘平が用立てた義援金は、勘平と義父の供養のためと、母おかやに返すよな〜。
 今回よく見てみると、千崎弥五郎はお金は返しましたが、財布は返さずに懐にしまってました。
 ここも元々はおかやが、「勘平殿の魂の入ったこの財布、聟殿じゃと思うて敵討ちの御供に連れてござって下さりませ」というセリフがあるところ。これも省略されているので、財布の行方がわかりにくい。
 特設サイトによると、12月の焼香の場は原作からアレンジしてあるとのこと。う〜ん、縞の財布はどのような扱いになるのか?
 母おかやは東蔵が熱演。斧定九郎は松緑。松緑には厳しいぽん太ですが、今回はでっかい目玉のメイクじゃなかったのはいいですが、色っぽさが足りません。水を絞る仕草なども、もっとゆったりとやって欲しいです。立ち姿もなんか猫背でした。脚にしたたる血も少なめでした。

 最後の七段目は、吉右衛門がまことにゆったりとして大らかな由良之助を見せてくれました。遊女おかるは雀右衛門。こういうカワユイ役はとても素晴らしいです。寺岡平右衛門の中村又五郎は、足軽の小物感がよく出ていて、おかるとのやりとりも達者で面白かったですが、なんか歌舞伎っぽくなかった気もしました。

国立劇場開場50周年記念

竹田出雲・三好松洛・並木千柳=作
通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)【第二部】 四幕五場
  国立劇場美術係=美術

国立劇場大劇場
2016年11月23日


浄瑠璃 道行旅路の花聟 清元連中
五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
      同   二つ玉の場
六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
七段目 祇園一力茶屋の場

(主な配役)
【道行旅路の花聟】
 早野勘平      中村錦之助
 鷺坂伴内      坂東亀三郎
 腰元おかる     尾上菊之助

【五段目】
 早野勘平      尾上菊五郎
 千崎弥五郎     河原崎権十郎
 斧定九郎      尾上松緑

【六段目】
 早野勘平      尾上菊五郎
 原郷右衛門     中村歌六
 勘平女房おかる   尾上菊之助
 千崎弥五郎     河原崎権十郎
 判人源六      市川團蔵
 与市兵衛女房おかや 中村東蔵
 一文字屋お才    中村魁春

【七段目】
 大星由良之助    中村吉右衛門
 寺岡平右衛門    中村又五郎
 赤垣源蔵      坂東亀三郎
 矢間重太郎     坂東亀寿
 竹森喜多八     中村隼人
 鷺坂伴内      中村吉之丞
 斧九太夫      嵐橘三郎
 大星力弥      中村種之助
 遊女おかる     中村雀右衛門
        ほか

|

« 【松茸】長野県某所で採れたての国産松茸料理を頂く(★★★★★) | トップページ | 【クラシック】常套句だけど「色彩感豊か」パリ管弦楽団(プログラムA) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/64534590

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】菊五郎の勘平と吉右衛門の由良之助の競演「仮名手本忠臣蔵」第二部 国立劇場:

« 【松茸】長野県某所で採れたての国産松茸料理を頂く(★★★★★) | トップページ | 【クラシック】常套句だけど「色彩感豊か」パリ管弦楽団(プログラムA) »