« 【オペラ】感動した!としか言えね〜「ワルキューレ」ウィーン国立歌劇場 | トップページ | 【観光】鹿教湯温泉に残る風情ある一角 »

2016/11/13

【仏像】秘仏の十一面観音を含む秘仏20躯が勢揃い「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」国立博物館

 国立博物館に櫟野寺の仏像を見に行ってまいしましたが、なかなか素晴らしいというか、非常に素晴らしかったです。像高3mの秘仏・十一面観音菩薩坐像を始め、この寺に伝わる重要文化財20体がすべて展示されるという、滅多にない企画でした。特別サイトはこちら、国立博物館の公式サイトはこちらです。
 このような企画が実現したのには訳があって、現在櫟野寺の宝物殿の改修工事が行われているため、そのあいだ国立博物館に貸し出されることになったんだそうです。
 さらに、櫟野寺の木造吉祥天立像の一つは、東京国立博物館に寄託されていたので、櫟野寺のすべての重文の仏様が一堂に会するのは、久々のことなんだそうです。
 
 櫟野寺(らくやじ)は、滋賀県にある天台宗のお寺。公式サイトはこちらです。滋賀県というと、琵琶湖の周りにミカンの皮のようにうっすら付いていると思われがちですが、櫟野寺がある、忍者で有名な甲賀(「こうが」ではなく「こうか」と読みます)は、琵琶湖の南東、三重県との県境に近いところにあります。

 東京国立博物館の本館特別5室に入ると、いきなり目の前に御本尊の十一面観音菩薩坐像が立ちはだかり、
いや、座りはだかります。像高312cm、総高さはなんと5メートルで、金色に輝いております。す、すばらしいです。荘厳なり、荘厳なり。
 平安時代の作ですが、いわゆる定朝様式の成立以前の10世紀のもの。下膨れのお顔、分厚い唇のおちょぼ口、伏し目がちで切れ長の目、どっしりとしつつも、雅やかでのんびりした雰囲気があります。持ち上げた左手には華瓶、膝の上にたらした右手には念珠をお持ちです。
 補修されているのでしょうけど、頭上の小面も、一つひとつがとてもリアルに造られており、保存状態もいいです。

 御本尊の背後に安置されていたのが、木造薬師如来坐像です。像高222cmのいわゆる丈六仏で、御本尊よりは後年の12世紀に造られた、定朝様の仏様です。肉付きのいいふっくらとしたお顔で、整った優雅な仏様です。定朝様でありながら、天平時代の特徴であった翻波式の衣紋も刻まれています。このような異なる様式の混在は、地方仏の特徴だそうです。

 一度見たら絶対に忘れないのが地蔵菩薩坐像。宇宙人というか、胎児というか、目から上の頭の部分が膨れてます。組んだ足は薄っぺらく作られております。イヤホンガイドの裏番組の「みうらじゅん・いとうせいこうの櫟野寺 仏像トーク」によれば、高いところに置かれて下から見上げた時にバランスよく見えるように、遠近法を考慮して作られているのではないか、とのことでした。ナルホド。このみうらじゅんといとうせいこうのトーク、とっても面白かったです。

 毘沙門天立像は、鎌倉時代の躍動的な像容と異なり、肉付きよくどっしりとしております。ケツ(失礼いたしましたm(_ _)m)などは、丸々とでっかくて、スペインのおばさんのお尻みたいです。表情や姿勢もぎこちなく、素朴な印象を受けます。

 あとは疲れて来たので(酔っぱらってきたので)省略しますが、御本尊と似た表情の観音菩薩立像や(No.10)、し僧侶のように衣の襟を立てた地蔵菩薩立像や(No.3)、東方の地方仏でよく見られるノミの跡をわざと残した「鉈彫」(なたぼり)の仏様など(No.6)、興味深い像容が多く見られました。

 

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」

東京国立博物館本館 特別5室
2016年9月13日(火) ~ 2016年12月11日(日)

 お写真は、上にリンクした二つの公式サイトにあります。

1 重文 十一面観音菩薩坐像 1軀 木造、漆箔・彩色 像高312.0cm 平安時代・10世紀 図録番号1
2 重文 毘沙門天立像 1軀 木造 像高163.0cm 平安時代・10~11世紀 図録番号4
3 重文 地蔵菩薩立像 1軀 平安時代・10世紀 図録番号6
4 重文 吉祥天立像 1軀 平安時代・10世紀 図録番号7
5 重文 観音菩薩立像 1軀 平安時代・11~12世紀 図録番号10
6 重文 観音菩薩立像 1軀 平安時代・11~12世紀 図録番号11
7 重文 観音菩薩立像 1軀 平安時代・10~11世紀 図録番号8
8 重文 十一面観音菩薩立像 1軀 平安時代・10~11世紀 図録番号9
9 重文 薬師如来坐像 1軀 木造、漆箔 造高222.0cm 平安時代・12世紀 図録番号2
10 重文 観音菩薩立像 1軀 木造、彩色 像高168.2cm 平安時代・10世紀 図録番号5
11 重文 観音菩薩立像 1軀 平安時代・12世紀 図録番号15
12 重文 観音菩薩立像 1軀 平安時代・12世紀 図録番号13
13 重文 観音菩薩立像 1軀 平安時代・12世紀 図録番号14
14 重文 観音菩薩立像 1軀 平安時代・12世紀 図録番号16
15 重文 十一面観音菩薩立像 1軀 平安時代・12世紀 図録番号17
16 重文 地蔵菩薩坐像 1軀 木造、漆箔 像高110.8cm 平安時代・文治3年(1187) 図録番号3
17 重文 十一面観音菩薩立像 1軀 平安時代・12世紀 図録番号18
18 重文 地蔵菩薩立像 1軀 平安時代・12世紀 図録番号19
19 重文 吉祥天立像 1軀 平安時代・11~12世紀 図録番号12
20 重文 吉祥天立像 1軀 平安時代・12世紀 図録番号20

|

« 【オペラ】感動した!としか言えね〜「ワルキューレ」ウィーン国立歌劇場 | トップページ | 【観光】鹿教湯温泉に残る風情ある一角 »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/64471061

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】秘仏の十一面観音を含む秘仏20躯が勢揃い「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」国立博物館:

« 【オペラ】感動した!としか言えね〜「ワルキューレ」ウィーン国立歌劇場 | トップページ | 【観光】鹿教湯温泉に残る風情ある一角 »