« 【演劇】初ケラでぽん太感激!「陥没」ケラリーノ・サンドロヴィッチ | トップページ | 【仏像】箱根に重要文化財の仏像があるって知ってる?(元箱根石仏群・神奈川県) »

2017/02/23

【歌舞伎】松也の碇知盛、右近の御注進もいい。2017年2月大阪松竹座午前の部

Img_4436

 大阪松竹座の花形歌舞伎、午前の部は、松也の碇知盛。

 松也くん頑張ってて悪くなかったけど、松竹さんにひとこと言いたい!(`Д´) この演目と配役は、東京でいえば浅草歌舞伎ではないか?それを「花形歌舞伎」と銘打って高いチケット代を取るなんて、大阪人をなめとるのでは?案の定ぽん太がいた3階席は、平日だったせいもあるかもしれないけど、前の数列以外はガラガラでした。

Img_4437
 反対にぜひ褒めたいのは、松竹座3階席最前列の手すり。上部の15cmくらいがガラスになっております。このためとても舞台が見やすく、最前列の人が身を乗り出す必要がありません。二列目以後の人も見やすいと思います。この方式が許されるのなら、ぜひほかの劇場でも採用して欲しいものです。
 さらに、ガラスが乗っている木製の柵の上部が、手前が低く斜めになっているのもポイント。東京の歌舞伎座などでは、係員の女性が幕間に「手すりの上に物を置かないでください」と何度も案内してますが、このように最初から物を置けないようにしておけば簡単です。


 最初のご挨拶は本日は梅枝でした。時間が短くて、演目を紹介しただけであっという間に終わってしまいました。もうちょっと浅草ぐらい、いろんな話しをして欲しかったです。

 松也の銀平・知盛は、細かいこといったらきりはないけど、なかなか良かったです。でもやはり最後にもっと寂寥感が漂って欲しい。そのためには、その前のところで、義経への復讐の鬼と化した知盛の凄まじさが必要です。
 典侍の局の壱太郎、気合いが入ってたけど、浅草の吃又に引き続き、今回もちょっとまわりから浮いてました。また猿之助に教わったらしいです。
 入江丹蔵は右近。女方では定評ある右近くんですが、若侍役はちょっと珍しいかも。悪くなかったです。
 慎吾の義経は気品があり、歌昇の弁慶はそれらしく見えました。

 梅枝、種之助、新悟の「三人形」は、若さと勢いがあって楽しかったです。常磐津の巴瑠幸太夫が、師匠の故・一巴太夫ゆずりの柔らかな喉を聞かせてくれました。

二月花形歌舞伎
大阪松竹座
2017年2月13日

午前の部

〈ご挨拶〉
 梅枝

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
   渡海屋
   大物浦

 渡海屋銀平実は新中納言知盛:松也
 女房お柳実は典侍の局:壱太郎
 入江丹蔵:右近
 相模五郎:種之助
 源義経:新悟
 武蔵坊弁慶:歌昇

二、三人形(みつにんぎょう)

 若衆:梅枝
 奴:種之助
 傾城:新悟

|

« 【演劇】初ケラでぽん太感激!「陥没」ケラリーノ・サンドロヴィッチ | トップページ | 【仏像】箱根に重要文化財の仏像があるって知ってる?(元箱根石仏群・神奈川県) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/64925745

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】松也の碇知盛、右近の御注進もいい。2017年2月大阪松竹座午前の部:

« 【演劇】初ケラでぽん太感激!「陥没」ケラリーノ・サンドロヴィッチ | トップページ | 【仏像】箱根に重要文化財の仏像があるって知ってる?(元箱根石仏群・神奈川県) »