« 【温泉】雪見露天で今年の温泉入り初め・中山平温泉花渕荘(鳴子温泉郷・宮城県)(★★★★) | トップページ | 【仏像】本堂大悲院の聖観世音菩薩坐像はなかなかの美仏・円通院(松島) »

2017/02/01

【仏像】円空の釈迦如来坐像がありました・瑞巌寺(松島)

Img_4316
 以前、東北大震災の年に訪れた松島に、久々に行ってきました。今回は仏像の観点からの拝観です。


【寺院名】瑞巌寺(臨済宗妙心寺派 松島青龍山瑞巌円福禅寺)
【住所】宮城県宮城郡松島町松島字町内91
【ホームページ】http://www.zuiganji.or.jp/
【拝観】拝観料大人700円。拝観時間は季節によって異なるのでホームページでご確認を。本殿、宝物館の内部は撮影禁止です。
【仏像】
本堂
 聖観音菩薩立像 写真1写真2
宝物館
 釈迦如来坐像 円空作 写真
 十一面千手観音 江戸時代 写真
 不動明王三尊像 鎌倉時代 写真
庫裏
 光雲観音 昭和2年 高村光雲作 写真1写真2
瑞巌寺洞窟群
 石仏多数


Img_4308
 山道が工事中のため、瑞巌寺洞窟群の前を通るように誘導されてました。洞窟群の前には様々な石仏が並んでました。写真はそのひとつ。如意輪観音ですが、ちょっと膝を崩して座っていて可愛らしいですね。

Img_4310
 国宝の本堂には、ご本尊の聖観音菩薩立像がありました。かなり遠い上、小さいので、どういうお姿かよくわかりませんでした。

Img_4311
 これまた国宝の庫裏には、高村光雲作の光雲観音が祀られておりました。全体に白っぽく、美しく彩色された菩薩様ですが、お腹のシワがちょっと気になりました。

 宝物館にもいくつかの仏像がおられました。
 まずは階段を降りたところに円空の釈迦如来坐像。かなり朽ち果てて降りますが、ボリューム感のある像で、円空にしてはちょっと珍しい気もします。
 次に十一面千手観音。たしか江戸時代のもので、日本の腕がカニのように頭上に伸びているのが面白いです。
 不動明王三尊像は、不動明王と矜羯羅童子、制吒迦童子。鎌倉時代の作で、秘仏の五大明王の前立ちだそうです。五大明王は秘仏なので当然見れず。なんと昨年、三井記念美術館で公開されてたらしい。ううう、バカなぽん太。なんで気がつかなかったのだらう。


 ところで仏像ではないですが、宝物館にあった中原鄧州(なかはら とうしゅう)の南天棒の書(画?)に目を引かれました。鄧州(1839年(天保10年) - 1925年(大正14年))は明治24年に瑞巌寺の住職に任命され、改革や財政再建に努めたものの周囲の反感を買い、明治29年、小坊主が伊達政宗像を破損した事件の詰め腹を切らされ、追放されました。折しもこの年、東北地方の太平洋岸を襲った明治三陸地震とその津波が、混乱の後押しとなったそうです。追放の折にその心境を描いたのが、この書だそうです。
 他に鄧州と交流があったという山岡鉄舟や、三条実美、勝海舟の書もありました。

|

« 【温泉】雪見露天で今年の温泉入り初め・中山平温泉花渕荘(鳴子温泉郷・宮城県)(★★★★) | トップページ | 【仏像】本堂大悲院の聖観世音菩薩坐像はなかなかの美仏・円通院(松島) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/64825700

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】円空の釈迦如来坐像がありました・瑞巌寺(松島):

« 【温泉】雪見露天で今年の温泉入り初め・中山平温泉花渕荘(鳴子温泉郷・宮城県)(★★★★) | トップページ | 【仏像】本堂大悲院の聖観世音菩薩坐像はなかなかの美仏・円通院(松島) »