« 【温泉】奥行き6mの半天窟風呂は圧巻/川上温泉(奥土湯温泉・福島県)(★★★★) | トップページ | 【登山】富士山を眺めながドリップコーヒーを頂く。金時山(箱根) »

2017/02/05

【演劇】(ネタバレあり)悪くないけどちと新しさに欠ける「足跡姫」野田マップ

 ピンポ〜ン!この記事にはネタバレがありますのでご注意下さい。

 う〜ん、う〜ん。なんて言うか、ひとことで言えば……面白くありませんでした。

 でも、どうしてなんだろう。野田一流の言葉遊びはふんだんにちりばめられていたし、一人ひとりの演技も素晴らしかったし、場面ばめんでの変化もあったし……。休憩をはさんでの3時間近い公演で、決して飽きることはなかったのに……。

 でも、なんか心に残るものがありませんでした。

 やっぱ問題はテーマかしら。「暴力はやめて、命を大切にしよう」みたいな感じでしたが、もうすぐじいさんになるぽん太にそんなこと言われてもね。
 客席の大部分は若いお客さんが占め、ぽん太とにゃん子は最高齢クラス。じじいとばばあが見に来たのがそもそも間違いってことでしょうか?
 かつては下北沢で、思春期的な世界を表現していた野田秀樹も、いまや酸いも甘いも噛み分けた立派なおじさん。若者に対して何か言うとなると、上から目線の説教口調になっちゃうのは仕方がないのか。
 そうじゃなくて、野田と同年代のじじばば向きの公演もお願いしたいところですが、芸術監督を務める東京芸術劇場の大きなハコでは難しいのかも。「ザ・ダイバー」なんかとっても感動しましたが。

 それから、確かに今回の芝居、野田ワールド全開ではありましたが、なんか新しさがない。お手の物のテクニックを駆使して、うまくまとめた作品という印象でした。
  今回はだいぶ控えめだったけど、刀鍛冶の一族を皆殺しにした〜という場面で、またしても白黒のプロジェクション出ちゃったし…。
 0.9999が1にならない、なんて話しを聞くと「瓶詰めのナポレオン」を思い出すし、桜の根本に腕が埋まってる、とかいうと、「贋作・桜の森の満開の下」が頭に浮かんできます。ああ、自分が死んでる!っていう落語の「粗忽長屋」に至っては、自分でツッコミを入れてたけど。
 足跡が桜の木の絵になるのも確かにきれいだったけど、衝撃はなかったです。

 東京芸術劇場の客層で、勘三郎へのオマージュというのも無理があったような気がします。たぶん一度も歌舞伎を観たことがないお客さんがほとんどだったんじゃないかしら。伊達の十役っていっても、元ネタがわからないのでは?ヘンテコな名前は面白かったですが。

 ここんとこ野田の芝居は皆勤賞で見てましたが、これからは小さいハコだけにしようかな……。


NODA・MAP 第21回公演
「足跡姫 時代錯誤冬幽霊(ときあやまってふゆのゆうれい)」
作・演出 野田秀樹

東京芸術劇場プレイハウス
20017年2月1日

三、四代目出雲阿国    宮沢りえ
寂しがり屋サルワカ    妻夫木聡
死体/売れない幽霊小説家 古田新太
戯けもの         佐藤隆太
踊り子ヤワハダ      鈴木杏
万歳三唱太夫       池谷のぶえ
伊達の十役人       中村扇雀
腑分けもの        野田秀樹

美術       堀尾 幸男
照明       服部基
衣装       ひびのこづえ
作調       田中傳左衛門
サウンドデザイン 原摩利彦
音響       zAk
振付       井手茂太
映像       奥秀太郎夫
美粧       柘植伊佐夫
舞台監督     瀬﨑将孝

|

« 【温泉】奥行き6mの半天窟風呂は圧巻/川上温泉(奥土湯温泉・福島県)(★★★★) | トップページ | 【登山】富士山を眺めながドリップコーヒーを頂く。金時山(箱根) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/64841481

この記事へのトラックバック一覧です: 【演劇】(ネタバレあり)悪くないけどちと新しさに欠ける「足跡姫」野田マップ:

« 【温泉】奥行き6mの半天窟風呂は圧巻/川上温泉(奥土湯温泉・福島県)(★★★★) | トップページ | 【登山】富士山を眺めながドリップコーヒーを頂く。金時山(箱根) »