« 【温泉】宇治川沿いに立つ木造三階建て・桃山温泉月見館(京都市伏見区)(★★★★) | トップページ | 【仏像】夜になると目を閉じる!重文の千手観音立像・寿宝寺(京都府山城) »

2017/03/15

【仏像】若々しく美しい天平の国宝十一面観音/観音寺(京都府山城)

Img_4543
 2月中旬、伏見区の桃山温泉月見館に泊まったぽん太とにゃん子は、近くの観音寺に仏像を拝観しに行きました。
 ぽん太は全く知らなかったのですが、京都南部の「山城」と言われるあたりは仏像スポットなのですね。いまでこそ「京都南部」ですが、いにしえは「奈良の北の端」だったそうで、国宝・重要文化財の仏像を持つお寺が点在しております。


【寺院名】真言宗智山派 息長山 観音寺
【住所】京都府京田辺市普賢寺下大門13
【拝観】400円
【仏像】
木心乾漆十一面観音立像 木心乾漆 像高172.7cm 奈良時代(8世紀) 国宝
【ホームページ】お寺のホームページはないようです。
大御堂観音寺|京田辺市観光協会
【写真】こちらのサイトの写真が大きくてきれいです。
彦左の正眼


 同じ京都とはいえ、観光客で賑わう京都市内のお寺とは異なり、のんびりこじんまりしていて、なんだか地方のお寺を巡っているみたいな感じがします。庫裡で拝観を申し出ると、禅宗みたいなざっくりした感じの住職さんがやってきて、本堂の扉をあけ、案内してくださいます。
 まず、外陣でお焼香をすると、横で住職さんがお経というのかお祈りというのか、「本日拝観されるお二人に幸あれ〜」みたいな言葉を唱えて下さり、その後、しずしずと厨子の扉を開けてくれます。いや〜、素晴らしいです。見とれていると、「もっと前へどうぞ」と声をかけて下さり、内陣に入って仏様の真ん前で拝観することができます。

 いや〜、やっぱり国宝の仏様は美しいです。非常に整ったお姿で、品格がありますね〜。それでいて慈愛が感じられます。ほぼ等身大の大きさ。奈良時代8世紀の作とのことで、古風な印象はありますが、グロテスクな感じはまったくありません。様式的ではありますが、衣紋の流れなどは実に流麗です。ウェストが引き締まっていて、大胸筋の肉付きがよく、若々しいお姿です。シンプルな円光の光背もとってもお似合いです。
 木造ではなく、木心乾漆という技法で作られているのだそうです。それ以前には脱活乾漆造という技法があり、粘土で塑像を造った上に麻布を貼って漆で固め、最後に中の粘土を抜き取るもので、阿修羅像などが有名ですね。その後、粘土のかわりに木彫を芯にして乾漆像を造ったのが木心乾漆造。そしてさらに時代は木像へと移っていくわけですね。

 国宝の十一面観音は、日本に七つあるそうです。それすなわち、京都府の観音寺・六波羅蜜寺、奈良県の聖林寺・室生寺・法華寺、滋賀県の向源寺、大阪府の道明寺です。このうち木心乾漆は、観音寺と聖林寺の二つだそうです。
 ぽん太がこれまで観たのは向源寺と今回の観音寺の二つだけ。コンプリート目指してがんばりたいと思います。

|

« 【温泉】宇治川沿いに立つ木造三階建て・桃山温泉月見館(京都市伏見区)(★★★★) | トップページ | 【仏像】夜になると目を閉じる!重文の千手観音立像・寿宝寺(京都府山城) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65009633

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】若々しく美しい天平の国宝十一面観音/観音寺(京都府山城):

« 【温泉】宇治川沿いに立つ木造三階建て・桃山温泉月見館(京都市伏見区)(★★★★) | トップページ | 【仏像】夜になると目を閉じる!重文の千手観音立像・寿宝寺(京都府山城) »