« 【仏像】若々しく美しい天平の国宝十一面観音/観音寺(京都府山城) | トップページ | 【仏像】こりゃでっかい!白鳳時代の銅造釈迦如来像(国宝)・蟹満寺(京都府山城) »

2017/03/16

【仏像】夜になると目を閉じる!重文の千手観音立像・寿宝寺(京都府山城)

Img_4547
 今年の2月の京都山城仏像の旅、次に訪れたのは寿宝寺です。ここに祀られている十一面千手千眼観音立像(重文)は、実際に千の手を持ち、さらに千の目(?)を持ち、また素木(しらき)であるという珍しい仏様です。


【寺院名】高野山真言宗金剛峯寺派 開運山 寿宝寺
【住所】京都府京田辺市三山木塔ノ島20
【拝観】要事前連絡。拝観料300円
【仏像】
十一面千手千眼観音立像 像高180cm 檜 一木造 素木 平安時代後期 重要文化財 写真
降三世明王 素木 写真1写真2
金剛夜叉明王 素木 写真
【ホームページ】ホームページはなさそうなので、京田辺市観光協会のサイトにリンクしておきます。


Img_4546
 仏様は、本堂とは別の収蔵庫に安置されております。庫裡で拝観を申し出ると、扉を開けて案内してくれます。正面に十一面千手千眼観音、その向かって左に降三世明王、右に金剛夜叉明王がおります。

 観音様は、像高180cmでほぼ等身大。実際に千の手を持っております。この仏像以外では、奈良の唐招提寺や、大阪の葛井寺などがあるそうです。
 彩色や金箔のない素木(しらき)の仏様で、手のひら一つひとつに墨で目が書いてあったため、十一面千手千眼観音と称されているそうです。現在は、一部の手のひらに目を認めることができます。また、唇にも朱が入ってますが、これは平安時代に作られた当初のものだそうです。
 実際に千の手がありながら、いわゆるウジャウジャ感はなく、すっきりとした優美な造形となっております。上半身はややがっしりしておりますが、千の手を支えるためには必要なのかもしれません。お顔もふっくらしていて、切れ長目尻のつり上がった逆三日月型の目、唇の厚いおちょぼ口で、やや厳しい表情に見えます。
 しかし、収蔵庫の扉を閉めて上からの蛍光灯だけで眺めると、あら不思議、両目を閉じたとても穏やかで慈悲深い表情に変化します。
 本堂の前には昔は鶴沢の池という池があり、そこにうつる月を愛でるという風習があったこともあり、いつしかこの仏様は夜にお参りするようになったそうです。みんなやはり夜の優しいお顔を好んだんでしょうね。
 素木の仏様も珍しい気がしますが、この仏様は、古くは神宮寺(神仏習合の考え方に基づき神社に造られたお寺)の、ご本尊ではない仏様だったため、素木が普通である神像にならって、彩色や漆箔がおこなわれなかったと考えられています。そのお寺は明治の廃仏毀釈で廃寺となり、寿宝寺に仏様が移されたそうです。


 二体の明王も素木の像で、やはり神宮寺から移されたものです。
 向かって左の降三世明王は、顔が三つ、腕が八本、胸の前で手背をあわせて指を絡ませたような「降三世印」を結んでおります。そしてなによりもの特徴は、シヴァ神とその奥さんを踏んづけていること。天邪鬼を踏みつけている仏像は多数ありますが、神様を踏んでるのは降三世明王だけです。この像では、だんながごろんと横になり、奥さんがちゃっかり座っているのが、不思議な造形です。

 右側の金剛夜叉明王は目が四つあるのが特徴ですね。写真だと腫れぼったい目に見えますが。こちらもちょっと素朴な感じの仏様です。

|

« 【仏像】若々しく美しい天平の国宝十一面観音/観音寺(京都府山城) | トップページ | 【仏像】こりゃでっかい!白鳳時代の銅造釈迦如来像(国宝)・蟹満寺(京都府山城) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65011090

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】夜になると目を閉じる!重文の千手観音立像・寿宝寺(京都府山城):

« 【仏像】若々しく美しい天平の国宝十一面観音/観音寺(京都府山城) | トップページ | 【仏像】こりゃでっかい!白鳳時代の銅造釈迦如来像(国宝)・蟹満寺(京都府山城) »