« 【仏像】アンバランスな釈迦如来と美仏の薬師如来/若狭国分寺(福井県小浜市) | トップページ | 【文楽】英太夫が呂太夫を襲名/国立劇場2017年5月第一部 »

2017/05/30

【展覧会】「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」@すみだ北斎美術館

20170507_163934_1
 5月上旬、たまたま近くで時間が余ったので、すみだ北斎美術館に初めて行ってみました。公式サイトはこちらです。

20170507_155715
 両国駅から東にちょっと歩いたところに、光るNの字みたいな建物が見えてきます。これがすみだ北斎美術館です。設計は妹島和世。建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を受賞して有名になりました。建物の持つ深い意味に関しては、ぽん太にはわかりませんhappy01

 特別展で「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」というのをやってました。東海道五十三次と聞くと、歌川広重を思い浮かべますが、それより以前に北斎が東海道五十三次を、しかもいくつかのヴァージョンで描いてるんだそうです。ご自宅用の秘蔵版のような、小さな版画で、人々の風俗が描かれていて興味深かったです。

 常設展では、初期から最晩年にわたる北斎の作品が展示されておりました。しかも、一部の作品を除くと、フラッシュなしの撮影オーケーです。
 何度も言われていることですが、油絵も含めてさまざまな技法や様式を試みたことがわかります。で、やっぱり富嶽三十六景の大胆な構図は、目を引きますね。

 冒頭の写真は「朱描鐘馗図」(しゅがきしょうきず)(肉筆、弘化3年(1846))。北斎が87歳のときに書いた肉筆画だそうですが、現代のアニメやゲームキャラみたいですね。

開館記念展Ⅲ「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」

 2017年4月18日(火) 〜 2017年6月11日(日)
 すみだ北斎美術館 (東京都墨田区亀沢2-7-2)

 ・作品リスト(pdf, 294.6K)

|

« 【仏像】アンバランスな釈迦如来と美仏の薬師如来/若狭国分寺(福井県小浜市) | トップページ | 【文楽】英太夫が呂太夫を襲名/国立劇場2017年5月第一部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65249377

この記事へのトラックバック一覧です: 【展覧会】「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」@すみだ北斎美術館:

« 【仏像】アンバランスな釈迦如来と美仏の薬師如来/若狭国分寺(福井県小浜市) | トップページ | 【文楽】英太夫が呂太夫を襲名/国立劇場2017年5月第一部 »