« 【仏像】古風な仏像群がすばらしい・多田寺(福井県小浜市) | トップページ | 【仏像】素朴なご本尊と美物の前立ち、二つの薬師如来/若狭神宮寺(福井県小浜市) »

2017/05/26

【仏像】密教らしい迫力ある仏さま/明通寺(福井県小浜市)

Img_3562_3
 2016年11月中旬の小浜仏像の旅。お次は明通寺です。山の斜面に大木に囲まれて、国宝の建物を含む伽藍が残っています。紅葉も綺麗でした。


【寺院名】真言宗御室派 棡山(ゆずりさん) 明通寺(みょうつうじ)
  公式サイト
【住所】福井県小浜市門前5-22
【拝観】拝観料500円。毎日拝観可。
【仏像】
・木造薬師如来坐像 像高144.5cm 寄木造 平安末~鎌倉初期 重要文化財
  写真:若狭小浜のデジタル文化財明通寺公式サイト
・木造降三世明王立像(ごうざんぜみょうおう) 像高252.4cm 一木造 平安後期 重要文化財
  写真:若狭小浜のデジタル文化財明通寺公式サイト
・木造深沙大将立像(じんじゃたいしょう) 像高256.6cm 一木造 平安後期 重要文化財
  写真:若狭小浜のデジタル文化財明通寺公式サイト
・木造不動明王立像 像高161.8cm 桧 一木造 平安末期 重要文化財
  写真:若狭小浜のデジタル文化財明通寺公式サイト
・十二神将 玉眼 鎌倉時代から室町時代
・木造金剛力士像  像高 阿形189cm、吽形188.5cm 寄木造 玉眼 文永元年(1264)市指定


Img_3566Img_3567

 まずは仁王様から。等身大より一回り大きいくらいですが、均整が取れたプロポーションで、迫力があります。特に吽形像の表情は、目鼻口が一点に集まってます。

Img_3570
 本堂は国宝に指定されております。鎌倉時代に再建されたもので、桧皮葺の屋根を持つ和風建築ですが、雅やかさよりも、鎌倉らしい凛とした風情があります。
 この本堂の内部に、仏様が祀られてます。

 ご本尊の薬師如来さまは、像高144.5cmと半丈六くらいの大きな仏様で、堂々としております。全体のプロポーションは定朝様のように整っておりますが、お顔は鷲鼻で小鼻も張っており、切れ長の目や三日月型の眉など、独特な迫力があります。衣紋も流麗というよりも力強いです。

 ご本尊の向かって右におられる降三世明王は、大自在天とその妃の鳥摩を踏んづけた定型のお姿。迫力と雅やかさを兼ね備えた平安後期の作。

 向かって左の深沙大将(じんじゃたいしょう)は、ぽん太は初めてお会いする仏さま。インドから移入された天部の仏様で、『西遊記』の沙悟浄のモデルとも言われ、日本では大般若十六善神の一人とされているそうです。
 忿怒の形相で怒髪天を衝き、頭にはドクロ、腹には幼女の首、戟と蛇を持つ姿は定型だそうです。重文の深沙大将は、岐阜県の横蔵寺、京都の金剛院と、全部で3体しかないそうです。
 どっしりとした迫力のある仏様ですが、右胸から右腕の付け根にかけてのデッサンが少し変。

 不動明王さまは、すでにご紹介した羽賀寺のご本尊の十一面観音菩薩の、脇侍だったものを譲り受けたんだそうです。お顔は平べったいです。

 他に十二神将もありました。躍動感はありませんが、どっしりとしたお姿でした。


Img_3572
 鎌倉時代中期に再建された三重塔も国宝です。屋根が桧皮葺で、落ち着いた雰囲気の塔。
 今回は第一層の内陣が特別公開されておりました。

 正面には釈迦三尊像がありました。脇侍は獅子に乗った文殊と象に乗った普賢のお定まりの形。
 裏側は阿弥陀三尊像。両脇侍の観音・勢至が立膝なのが珍しかったです。

|

« 【仏像】古風な仏像群がすばらしい・多田寺(福井県小浜市) | トップページ | 【仏像】素朴なご本尊と美物の前立ち、二つの薬師如来/若狭神宮寺(福井県小浜市) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65260793

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】密教らしい迫力ある仏さま/明通寺(福井県小浜市):

« 【仏像】古風な仏像群がすばらしい・多田寺(福井県小浜市) | トップページ | 【仏像】素朴なご本尊と美物の前立ち、二つの薬師如来/若狭神宮寺(福井県小浜市) »