« 【仏像】今に残る彩色が美しい/木造十一面観音菩薩立像(重文)・羽賀寺(福井県小浜市) | トップページ | 【仏像】千の手と24の顔を持つ珍しい千手観音/妙楽寺(福井県小浜市) »

2017/05/23

【仏像】どでかい大日如来様とこっちを睨む不動明王/圓照寺(福井県小浜市)

Img_3535
 2016年11月中旬の小浜仏像巡り。次は圓照寺です。

【寺院名】臨済宗南禅寺派 地久山 圓照寺(えんしょうじ)
   公式サイト
【住所】福井県小浜市尾崎22-5
【拝観】一応常時拝観可。拝観料400円。
【仏像】
・木造大日如来坐像 像高251.5cm 桧 寄木造 平安時代 重要文化財
  写真:若狭小浜のデジタル文化財
・木造不動明王立像 像高158.7cm 桧 寄木造 平安時代後期 重要文化財
  写真:若狭小浜のデジタル文化財
・千手観音立像 像高160cm 平安時代
  写真:...ストイックに仏像...

Img_3537
 こちらが仏様が安置されている大日堂。元々は座禅堂だったそうです。

 扉を開けて中に入ると、まず大日如来さまのデカさにびっくり。丈六の仏様です。その向かって左に不動明王、右に観世音菩薩?がおられます。

 大日如来さまは法界定印を結んでおり、胎蔵界のお姿。金箔が肌の部分に貼られており、緑色の輪光。不動明王の赤い炎とあいまって、色彩感があります。ふっくらしたお顔で、ボリューム感があってどっしりした印象です。すっきり整ったお姿で、いわゆる定朝様とのこと。

 向かって左にいらっしゃる不動明王は、等身大の像。左足を半歩前に踏み出し、お顔もやや左下を向くという珍しい造形。腕もリアルで力がこもってます。平安時代の雅やかな雰囲気を保ちながらも、「動き」への欲望が感じられます。なかなか興味深い不動明王様です。向かって左上に置かれているので、中央で拝観するとちょうど睨みつけられているみたいでいい感じです。
 
 千手観音さまは、傷みと欠損が激しくて、ちょっと可哀想な仏様。お顔も真っ黒です。腕が六本しかなかったので、愛染明王として祀られてきましたが、元々は頭上の十一の化仏と、四十二臂があり、実は千手観音だったそうです。ぽん太が見たときはどうだったか忘れてしまいましたが、上の「...ストイックに仏像...」の写真では、愛染明王のように火炎を背負ってらっしゃいますね。正面の顔の左右に二面があり、いわゆる三面千手というちょっと珍しいお姿です。


Img_3536
 最後に庭園を拝見。江戸初期のものだそうで、なかなか見事ですね。

|

« 【仏像】今に残る彩色が美しい/木造十一面観音菩薩立像(重文)・羽賀寺(福井県小浜市) | トップページ | 【仏像】千の手と24の顔を持つ珍しい千手観音/妙楽寺(福井県小浜市) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65241867

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】どでかい大日如来様とこっちを睨む不動明王/圓照寺(福井県小浜市):

« 【仏像】今に残る彩色が美しい/木造十一面観音菩薩立像(重文)・羽賀寺(福井県小浜市) | トップページ | 【仏像】千の手と24の顔を持つ珍しい千手観音/妙楽寺(福井県小浜市) »