« 【仏像】どでかい大日如来様とこっちを睨む不動明王/圓照寺(福井県小浜市) | トップページ | 【仏像】古風な仏像群がすばらしい・多田寺(福井県小浜市) »

2017/05/24

【仏像】千の手と24の顔を持つ珍しい千手観音/妙楽寺(福井県小浜市)

Img_3545
 2016年11月、小浜仏像の旅。次は妙楽寺です。紅葉がとてもきれいでした。


【寺院名】高野山真言宗 岩屋山 妙楽寺
 ホームページはなさそうなので、若狭おばま観光協会公式サイトにリンク。
【住所】福井県小浜市野代28-13
【拝観】拝観料400円。とりあえず毎日可。
【仏像】
・木造千手観音立像(二十四面千手観音) 像高176.3cm 桧 一木造 漆箔 平安時代中期 重要文化財
  写真:若狭おばま観光協会公式サイト若狭小浜のデジタル文化財
・聖観音菩薩像 像高161.5cm 桧 一木造 平安時代 県指定
  写真:若狭小浜のデジタル文化財
・不動明王坐像 楠 一木造 平安時代 市指定
  写真:若狭小浜のデジタル文化財
・地蔵菩薩坐像 像高165.4cm 桧 寄木造 県指定
・四天王立像
・薬師如来立像 江戸時代(17世紀後半)


Img_3541
 古色あふれる山門です。

Img_3542Img_3543
 まずは仁王様から。色鮮やかでちょっとアニメっぽいです。

Img_3544 この美しい建物が本堂です。建物自体が重要文化財で、鎌倉時代の永仁4年(1296年)の建立。若狭で現存する最古の建造物だそうです。

 本堂のなかには立派な厨子(これまた重要文化財)があり、その中に二十四面千手観音さまがいらっしゃいます。実際に千手を持つ像容で、みっちりという感じです。
 千本の手を持つ千手観音像は、奈良の唐招提寺、大阪の葛井寺、京都の寿宝寺などが有名で、いずれも手を放射状に配置して、千手あることを強調しております。しかし妙楽寺の像は小手がかなり小さめに作られていて、正面からだといっけん四十二臂のように見え、また上部の複数の腕が真横に伸びて90度肘で曲がって上に伸びる形で並んでいて、ちょっと工場の配管のような印象を受けます。真数千手のワラワラ感を避けて、腕の動きの変化を求めたのかもしれません。
 太めの胴体がしっかりと直立し、重そうな腕を支えております。表情は爽やかな若者風で、ちょっと真剣な面持ちで正面を見つめております。
 またこの像はもう一つ、正面のお顔の両側にもお顔があり、全部で24面を持つという点でも珍しいそうです。
 近年まで33年に1度しか拝観できなかった秘仏だそうです。

 まわりには極彩色に彩色された四天王がおりました。

 向かって右におられる聖観音菩薩さまは、おっとりと優しい表情の美しい仏様で、衣服の表現がすごく複雑で細かいです。

 向かって左奥の不動明王は、どっかと腰を下ろして、ギョロ目で正面を見据え、下唇を噛み締めた、ちょっと古風な像。おさげ髪を左肩に垂らしているのが珍しいです。

Img_3552
 傍の地蔵堂には、地蔵菩薩がおられます。

Img_3550
 大きな頭に妊娠線が走っていてちょっと怖いです。伏し目がちで、左足を下ろした半跏踏下坐(はんかふみさげざ)です。

Img_3555
 江戸時代の薬師如来様もおりました。

|

« 【仏像】どでかい大日如来様とこっちを睨む不動明王/圓照寺(福井県小浜市) | トップページ | 【仏像】古風な仏像群がすばらしい・多田寺(福井県小浜市) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65242114

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】千の手と24の顔を持つ珍しい千手観音/妙楽寺(福井県小浜市):

« 【仏像】どでかい大日如来様とこっちを睨む不動明王/圓照寺(福井県小浜市) | トップページ | 【仏像】古風な仏像群がすばらしい・多田寺(福井県小浜市) »