« 【展覧会・仏像】奈良だけど鎌倉仏の宝庫「奈良西大寺展 叡尊と一門の名宝」 | トップページ | 【仏像】クジャクに乗った美仏・宝冠五智阿弥陀如来ほか/輪王寺(栃木県日光市) »

2017/05/19

【仏像】秘仏吉祥天初開帳・立木観音(国重文)/中禅寺(栃木県日光市)

Img_3464
 2016年11月上旬、ぽん太とにゃん子は日光の中禅寺に初めて行って来ました。中禅寺湖には何度も訪れたことがあるのですが、これまでは仏像にはあまり興味がなかったので、中禅寺は素通りしてました。


【寺院名】日光山輪王寺別院 中禅寺
【住所】栃木県日光市山内2300
【拝観】拝観料500円。中禅寺あるいは近隣の有料駐車場を利用
【仏像】
・吉祥天 像高60cm (写真
・十一面千手観音菩薩(立木観音) 国指定重要文化財 (写真
・四天王像
・五大明王
【関連サイト】
中禅寺・立木観音|日光山輪王寺 公式ホームページ
吉祥天初公開|日光山輪王寺 公式ホームページ

 現在、秘仏吉祥天を初公開中(2017年11月30日まで)です。
 中禅寺は延暦3年(784年)、日光開山の祖である勝道上人(天平7年(735年) - 弘仁8年(817年))によって開かれました。上人が中禅寺湖で参拝をしてたときに、空から天女が現れて歌舞を奉じて上人の偉業を讃えたという言い伝えがあるそうで、そのお姿を刻んだのがこの吉祥天だそうです。長く秘仏とされ、今回が初公開だそうです。
 像高60cmと小型。右手を下にたらし、左手に宝珠を持っており、ちょっとうつむき加減です。小さめなのと、ちょっと距離があるのとで、細かいところはよくわかりませんでした。

Img_3445
 さあて、中禅寺の御本尊の「立木観音」は、国指定の重要文化財です。正式名称は「十一面千手観世音菩薩」。勝道上人が中禅寺湖上に千手観音をご覧になり、その姿を立木(生きている木)に掘ったものだそうで、現在も地面に根を張っているそうです。それにしても勝道上人は、色々なものを見るんですねえ。
 1200年くらい前のものだそうで、タレ目でシンプルなお顔の、素朴な感じの像です。周りの四天王も、なんだか寸詰まりでやはり素朴な像です。普通は右奥の多聞天が宝塔を持ってますが、ここの四天王はなぜか左後ろが宝塔を持ってました。

Img_3457_1
 階段を登って五大堂に行くと、五大明王が祀られておりますが、これは遠くてほとんど見えませんでした。五大堂を外に出ると、ガスが一瞬晴れて男体山が姿を現しました。

|

« 【展覧会・仏像】奈良だけど鎌倉仏の宝庫「奈良西大寺展 叡尊と一門の名宝」 | トップページ | 【仏像】クジャクに乗った美仏・宝冠五智阿弥陀如来ほか/輪王寺(栃木県日光市) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65225084

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】秘仏吉祥天初開帳・立木観音(国重文)/中禅寺(栃木県日光市):

« 【展覧会・仏像】奈良だけど鎌倉仏の宝庫「奈良西大寺展 叡尊と一門の名宝」 | トップページ | 【仏像】クジャクに乗った美仏・宝冠五智阿弥陀如来ほか/輪王寺(栃木県日光市) »