« 【仏像】快慶の傑作!国宝渡海文殊/安倍文殊院(奈良県桜井市) | トップページ | 【オペラ】「神々」が楽しみになってきたぜい「ジークフリート」新国立劇場オペラ »

2017/06/18

【バレエ】ザハーロワのウィリに釘付け!「ジゼル」ボリショイ・バレエ

20170615_201536
 用事が急になくなってあわててチケットを取ったので、3階の席しかあいてなかったのですが、それでも凄かった〜。ザハーロワ、素晴らしかったです。この後に見た「白鳥」や「パリの炎」と比較してもダントツでしたから、ザハーロワの「ジゼル」を見といてよかったな〜。公式サイトはこちらです。

 第一幕はザハーロワのキャラの通り、清楚で高貴なジゼルちゃんで、若くて明るくてちょっとコケティッシュな村娘という感じではありませんでした。また衣装のせいかもしれませんが、腕や胸の痩せた感じがちと気になりました。気が触れるシーンも、まあこんなものかというところ。

 ところが第二幕のウィリとなってからが凄かったです。

 最初の突然くるくると回りだすシーン。美しいポーズのまま凄い勢いで回転したのですが、力を入れたり勢いをつけたりする感じがなく、まさに人間を超えた精霊の動きでした。
 普通だと、精霊であることを強調しすぎてカラクリ人形みたいに回るところ。またオーシポワは、回転は凄かったけど、躍動感が感じられて「人間」っぽかった記憶があります。

 その後も、ぽん太には何と表現していいいのかわかりませんが、美しいポーズとキレのある動きが見事でした。ロヂキンのサポートも良かったのか、重さがなくって宙を「漂う」かのようでした。もいちどオーシポワを引き合いに出させていただけば、彼女の場合は宙を「漂う」ではなく、「舞う」とか「飛ぶ」という感じでした。
 ぽん太はストーリーに感動するというよりも、ただただザハーロワに見とれ続けておりました。

 ザハーロワはずっと昔からトップで踊ってるけど、いったい何歳になったんでしょう?以前にザハーロワが1年間新国立で踊ってたなんて、凄いことですね。サッカーで言えばジーコが鹿島に来たようなものか。

 ロヂキンも柔らかい動きで良かったです。ジャンプの高さは上からだとわからん。ウィリたちがアラベスクで交差するシーンは、上から見てもとってもきれいでした。


 そういえば前座で安倍首相が登場しました。なんでも「ロシアの季節」という文化交流のイベントの一環だそうで、ロシアからは副首相が挨拶しましたが、女性なんですね。安倍首相、残念ながらザハーロワほどの拍手はもらえてませんでした。


ボリショイ・バレエ2017来日公演
≪ジゼル≫<全2幕>

2017年6月4日ソワレ
東京文化会館

音楽:アドルフ・アダン
振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー、マリウス・プティパ
改訂振付:ユーリー・グリゴローヴィチ
台本:テオフィル・ゴーチエ、ジュール・アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュ
美術:シモン・ヴィルサラーゼ
音楽監督:アレクサンドル・コプィロフ
照明デザイン:ミハイル・ソコロフ
舞踊監督:マハール・ワジーエフ
指揮:パーヴェル・ソローキン
管弦楽:ボリショイ劇場管弦楽団

<出演>
ジゼル(村娘):スヴェトラーナ・ザハーロワ
アルブレヒト伯爵:デニス・ロヂキン
ベルト(ジゼルの母):アンナ・アントローポワ
バチルド(アルブレヒトの婚約者):ヴェラ・ボリセンコワ
クールランド公爵(バチルドの父):アレクセイ・ロパレーヴィチ
ウィルフリード(公爵の小姓):イワン・アレクセーエフ
ハンス(森番):ヴィタリー・ビクティミロフ
ジゼルの友人たち:アナスタシア・デニソワ、クセーニア・ジガンシナ、ネッリ・コバヒーゼ、オルガ・マルチェンコワ、エルヴィナ・イブライモワ、アナ・トゥラザシヴィリ
ミルタ(ウィリの女王):ユリア・ステパノワ
2人のウィリ:ヴィクトリア・ヤクシェワ、アナ・トゥラザシヴィリ
ペザント・パ・ド・ドゥ:アルトゥール・ムクルトチャン、マルガリータ・シュライネル

|

« 【仏像】快慶の傑作!国宝渡海文殊/安倍文殊院(奈良県桜井市) | トップページ | 【オペラ】「神々」が楽しみになってきたぜい「ジークフリート」新国立劇場オペラ »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65414410

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】ザハーロワのウィリに釘付け!「ジゼル」ボリショイ・バレエ:

« 【仏像】快慶の傑作!国宝渡海文殊/安倍文殊院(奈良県桜井市) | トップページ | 【オペラ】「神々」が楽しみになってきたぜい「ジークフリート」新国立劇場オペラ »