« 【仏像・展覧会】現存の快慶仏のほどんどが出品「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」奈良国立博物館 | トップページ | 【仏像】丈六の阿弥陀如来、珍しい四臂の坐像の十一面観音、ヨボヨボの僧形文殊菩薩など/法金剛院(京都) »

2017/08/18

【仏像】快慶作十大弟子。定慶の六観音像もすばらしい/千本釈迦堂大報恩寺(京都)

Img_5401

 今年の5月下旬、奈良で快慶展を見たぽん太とにゃん子は、京都に移動。夜は京都に引っ越したウシさん夫婦と、烏丸御池近くの居酒屋「加夢居」(ホームページ食べログ)で飲む。日本酒とお魚が充実したいい店でした。

Img_5397Img_5398
 翌朝、喫茶店のモーニングにはまっているぽん太とにゃん子、イノダコーヒー本店に行きました(食べログ公式サイト)。
 創業80年余の京都の老舗喫茶店。創業当時を思わせる旧館もありますが、大きなガラスの壁がある広々した本館ホールの席に座りました。頼んだのは、ロールパンにエビフリャーが挟まったもの。ここは名古屋か?美味しゅうございました。

 その後、千本釈迦堂ともう呼ばれる大報恩寺に、奈良の快慶展に出品されていなかった快慶仏を拝観しに行きました。

【寺院名】真言宗智山派 瑞応山 千本釈迦堂 大報恩寺
【公式サイト】・http://www.daihoonji.com
【住所】東京都府京都市上京区七本松通今出川上ル溝前町
【拝観】毎日拝観可能。境内に無料駐車場あり。
【仏像】
・十大弟子 木造 像高94.4〜98.0cm 鎌倉時代 建保6年(1218年)〜承久2年(1220年) 重要文化財
 舎利弗、目犍連(快慶作)、摩訶迦葉、須菩提、阿難陀
・六観音像 木造 素地 像高 聖観音177.9cm、千手観音180.0cm、馬頭観音173.3cm、十一面観音180.6cm、准胝観音175.7cm、如意輪観音96.1cm 鎌倉時代(貞応3年・1224) 定慶作 重要文化財
・銅像釈迦誕生仏 銅造 鍛金 像高53.3cm 鎌倉時代初期
・千手観音像 木造(一本作り)彩色 像高176.2cm 平安時代 重要文化財
・傅大士(ふたいし)および二童子像 木造 彩色 像高約70cm 室町時代 応永二十五年(1418)、院隆(いんりゅう)作 重要文化財
【写真】公式サイトに小さいけどすべてあり。

Img_5399_2
 仏様たちは、写真の霊宝館に安置されております。

 まず、お目当の十大弟子ですが、修復だか調査のため半分が運び出されておりました。十大弟子のうち、快慶の作とされるのは目犍連と優婆離ですが、残念ながら優婆離は欠席でした。生々しくリアルな像で、端正な印象がある快慶がこのような像を彫ったとは、少し意外でした。

 六観音像は定慶の作。運慶の父・康慶の弟子と言われております。ぽん太とにゃん子はこれらの像がとっても気に入りました。
 運慶のようなダイナミックでエネルギッシュな感じはなく、すっきりした印象ですが、研ぎ澄まされた刀のような力強さがあります。それでいて女性のような柔らかい表情です。6躯とも保存がとてもいいです。
 如意輪観音は、向かって左から見た表情が気に入りました。准胝(じゅんでい)観音は、18本の腕の広がりが、まるで花びらのようでした。複雑で彫りが深い衣紋の表現も見事でした。

 傅大士と二童子の像は、ぽん太は初めて見ました。傅大士は名を傅翕(ふきゅう)といい、中国の南北朝時代の居士(在野の仏教徒)。二童子はその子供で左が普建(ふけん)、右が普成(ふじょう)。傅大士は輪蔵と呼ばれる回転式の経蔵を発明した人だそうで、輪蔵の前にこの三尊像が祀られることが多いそうです。この大報恩寺の像も、もともとは北野の経王堂に祀られていたものだそうです。
 院派の院隆の作。童子の笑顔が印象的でした。

 千手観音像は素朴で古風なお姿で、ちょっと彫りも荒い。目鼻が下に寄ったカエル系のお顔。菅原道真が自ら梅の古木に掘ったという言い伝えがあるそうです。

 国宝の本堂に安置された木造釈迦如来坐像(鎌倉時代、重文)は、残念ながら秘仏のため拝観できず。

|

« 【仏像・展覧会】現存の快慶仏のほどんどが出品「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」奈良国立博物館 | トップページ | 【仏像】丈六の阿弥陀如来、珍しい四臂の坐像の十一面観音、ヨボヨボの僧形文殊菩薩など/法金剛院(京都) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65674542

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】快慶作十大弟子。定慶の六観音像もすばらしい/千本釈迦堂大報恩寺(京都):

« 【仏像・展覧会】現存の快慶仏のほどんどが出品「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」奈良国立博物館 | トップページ | 【仏像】丈六の阿弥陀如来、珍しい四臂の坐像の十一面観音、ヨボヨボの僧形文殊菩薩など/法金剛院(京都) »