« 【登山】渋御殿湯から中山・高見石を周回(北八ヶ岳) | トップページ | 【仏像】快慶作十大弟子。定慶の六観音像もすばらしい/千本釈迦堂大報恩寺(京都) »

2017/08/17

【仏像・展覧会】現存の快慶仏のほどんどが出品「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」奈良国立博物館

Img_5388
 遅ればせながら、今年の5月下旬、奈良国立博物館に快慶展を見に行ってきたときのご報告。

 快慶 - ウィキペディアを見ると、快慶の作とされている現存の仏像は、全部で42点。そのうち今回なんと34点が出品されており、出てないものを数えた方が早いくらい。さらにウィキペディア番外の「菩薩面」(浄土寺、兵庫)と「菩薩坐像」(伊豆山浜生協会、静岡)の2点もありました。
 これでぽん太はがまだ拝観していない快慶仏は、一挙にわずか6点となりました。

 しかし悲しきはぽん太の狸脳。一度ににこんなに見せられると、芥川の「芋粥」ではないけれど食傷気味となり、印象が重なってあまり記憶が残っておりません。

 狸ながらに思ったことは、運慶・快慶と並び称さられ、躍動的な運慶に比べて快慶は綺麗にまとまっている印象をぽん太受けていたのですが、快慶の出発点が後白河院と繋がっていたことを知り、ちょっと腑に落ちるところがありました。
 また快慶は、法然ら浄土宗教団との関わりも深く、「三尺阿弥陀」と称される小さめの阿弥陀立像を多数作っていることも初めて知りました。作家性を前面に押し出して新しい仏像を作り上げるのではなく、自分を消し去って端正で整った仏像を作ったのは、そうしたことが関係していたのかもしれません。


特別展 快慶 日本人を魅了した仏のかたち

平成29年4月8日〜6月4日
奈良国立博物館 東新館・西新館

・奈良国立博物館のサイト narahaku.go.jp/exhibition/2017toku/kaikei
・読売テレビのサイト ytv.co.jp/kaikei

・出陳品一覧 ダウンロード kaikei_ichiran.pdf (2324.0K)

主な出陳品


重要文化財 弥勒菩薩坐像 京都・醍醐寺 木造 金泥塗・截金 像高111.0 cm 鎌倉時代 建久3年(1192) 快慶作

弥勒菩薩立像 アメリカ・ボストン美術館 木造 漆箔 像高106.6 cm 鎌倉時代 文治5年(1189) 快慶作
  像内納入品 弥勒上生経(みろくじょうしょうきょう)及び宝篋印陀羅尼(ほうきょういんだらに) 紙本墨書 縦25.2 cm 長462.0 cm

重要文化財 四天王立像のうち広目天・多聞天 和歌山・金剛峯寺 木造 彩色・截金 像高[広目天]135.2 cm [多聞天]138.2 cm  鎌倉時代(12世紀) [広目天]快慶作

重要文化財 阿弥陀如来立像 奈良・東大寺 木造 金泥塗・截金 像高98.7 cm 鎌倉時代 建仁3年(1203) 快慶作

国宝 僧形八幡神坐像  奈良・東大寺 木造 彩色 像高85.7 cm 鎌倉時代 建仁元年(1201) 快慶作

重要文化財 阿弥陀如来坐像 広島・耕三寺 木造 漆箔 像高74.0 cm  鎌倉時代 建仁元年(1201) 快慶作

菩薩坐像 静岡・伊豆山浜生協会 木造 漆箔 像高[その1]25.4 cm [その2]26.0 cm  鎌倉時代 建仁元年(1201) 快慶作

重要文化財 阿弥陀如来立像 京都・遣迎院 木造 金泥塗・截金 像高98.9 cm 鎌倉時代 建久5年(1194)頃 快慶作
像内納入品 願文(がんもん)  1紙 紙本墨書 縦31.2 cm 横15.4 cm
        印仏(いんぶつ)・結縁交名(けちえんきょうみょう)  7綴 紙本墨摺・墨書

重要文化財 不動明王坐像 京都・醍醐寺 木造 彩色・截金 像高53.3 cm 鎌倉時代 建仁3年(1203) 快慶作

重要文化財 兜跋毘沙門天立像 京都・青蓮院 木造 彩色・漆箔 像高102.5 cm 鎌倉時代(13世紀)

重要文化財 十一面観音菩薩立像 三重・パラミタミュージアム 木造 漆箔 像高122.4 cm 鎌倉時代(13世紀) 長快作

釈迦如来立像 アメリカ・キンベル美術館 木造 金泥塗・截金 像高81.8 cm 鎌倉時代(13世紀) 快慶作

重要文化財 阿弥陀如来立像 奈良・西方寺 木造 金泥塗・截金 像高98.5 cm 鎌倉時代(12~13世紀) 快慶作

重要文化財 阿弥陀如来立像 京都・極楽寺 木造 漆箔 像高79.5 cm 鎌倉時代 嘉禄3年(1227)頃 行快作
像内納入品 現在過去帳(げんざいかこちょう)  1枚 紙本墨書 縦26.8 cm 横44.7 cm
        嘉禄三年法花三十講経名帳(かろくさんねんほっけさんじゅっこうきょうみょうちょう)  1巻 紙本墨書 縦30.5 cm 長293.2 cm
        過去訪名帳(かこほうめいちょう)  1巻 紙本墨書 縦31.4 cm 長151.8 cm
        阿弥陀如来印仏(あみだにょらいいんぶつ)  1枚 紙本墨摺 縦24.4~24.8 cm 横38.0~38.5 cm

|

« 【登山】渋御殿湯から中山・高見石を周回(北八ヶ岳) | トップページ | 【仏像】快慶作十大弟子。定慶の六観音像もすばらしい/千本釈迦堂大報恩寺(京都) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65444212

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像・展覧会】現存の快慶仏のほどんどが出品「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」奈良国立博物館:

« 【登山】渋御殿湯から中山・高見石を周回(北八ヶ岳) | トップページ | 【仏像】快慶作十大弟子。定慶の六観音像もすばらしい/千本釈迦堂大報恩寺(京都) »