« 【登山・石像・ジェラート】栗駒山の湯浜コースを途中まで/行者堂の役行者石像/あいすむら | トップページ | 【登山】白いコマクサ見〜つけた。針ノ木雪渓を登って蓮華岳 »

2017/08/09

【温泉】究極のうなぎの湯をぜひ味わうべし。中山平温泉 琢琇(たくひで)(宮城県鳴子温泉)(★★★★)

Img_5779
 6月末、ぽん太とにゃん子は、ぬるぬるの「うなぎの湯」で有名な琢琇(たくひで)に泊まってきました。宮城県は鳴子温泉郷の中山平温泉にあります。公式サイトはこちらです。

 日本秘湯を守る会の会員宿ですが、建物も新しく、食事も豪華で、立派な高級旅館です。しかし鄙びた宿が好きなぽん太の評価では、立派な高級旅館は大きく減点となりますhappy01。でも、この「うなぎの湯」は、温泉ファンなら一度は入る価値あり!アルカリ性が強いだけでなく、他の成分も多く、しかも源泉掛け流しで入れます。ということでぽん太の評価は4点!

★楽天トラベルからの予約はこちらのリンクをクリック!

Img_5741
 日本秘湯を守る会の会員宿ですが、とても立派な門構え。

Img_5742
 まずはウェルカムところてんのお出迎え。わ〜、ところてん食べるのって何十年ぶりだろう。夏を先取りしたかのような暑い日だったので、とっても美味しかったです。

Img_5743
 この宿の売りは、なんといっても「うなぎの湯」と称されるぬるぬるの美人の湯。複数の自家源泉から汲み上げたお湯を、加水・加温なしの源泉掛け流しで楽しむことができます。しかも浴室は、内湯、露天など、あわせて九つもあるんです。
 上の写真は「亀の湯」です。うわさにたがわずぬるぬるです。わずかに緑がかったお湯で、匂いは感じないのですが、なめると少し硫化水素臭がします。

Img_5745_2
 温泉分析表です。源泉名は白須5号。写真には写っていませんが、泉質は「含硫黄ーナトリウムー炭酸水素塩・硫酸塩泉」で、泉温はなんと100度です。
 ぬるぬるの美人の湯というと、アルカリ性の泉質ということになりますが、ここのお湯はpH9.2とかなりのアルカリ性です。またそれ以外にも、炭酸水素イオン(HC03-)が287.0mg/kgも含まれています。
 
 ちなみに、ぽん太がこれまで入ったアルカリ性の温泉をいくつか調べてみると、おそらく一位は山梨県山梨市の日帰り入浴施設の「はやぶさ温泉」(公式サイト)で、なんとpH9.95!!!。第二位は栃木県の川俣湖温泉 上人一休の湯(栗山郷旅サイト)のpH9.6です。
 ただ、ここ琢琇の湯は、単にアルカリ性が強いというだけでなく、硫黄や炭酸水素イオンなども豊富に含まれているのがいいですね。

Img_5750
 こちらは男女別の内湯の長生の湯。

Img_5755
 温泉分析表です。源泉は「新1号源泉・新2号源泉混合泉」。これもpH9.4となかなかのアルカリ性。泉温は67.9度。「掘削自噴」と記されてますね。
 ちょっと気になるのは、湧出量のところに、「蒸気泉のため測定不能」と書いてあること。蒸気泉というと、箱根などで行われている、火山性の蒸気を水に通して、人工的に作った温泉(造成温泉)を思い浮かべますが。
 琢琇のお湯が、こうした造成温泉なのか、それとも蒸気を伴ったお湯が出ているのか、ぽん太にはちとわかりません。

Img_5758
 温泉分析表の下半分です。泉質は「含硫黄ーナトリウムー炭酸水素塩・硫酸塩泉」で、亀の湯と同じですね。

Img_5783
 長生の湯は、混浴の露天風呂につながってます。

Img_5774
 こちらは男女入れ替えの石橋(しゃっきょう)の湯。大きな石をくり抜いて作ったものです。

Img_5784
 そしてこちらが芍薬の湯。

Img_5787
 樽状の小さな露天風呂がついてます。


Img_5759
 夕食は彩りも美しい華やかな会席料理。

Img_5772
 お品書きです。

Img_5760
 宮城県のブランド豚、伊達桜ポークの陶板焼き。粒味噌が乗ってます。

Img_5763
 揚げたての天ぷらもおいしそ〜。

Img_5766 利き酒セットもいただきました。

Img_5768
 〆はタケノコご飯です。

Img_5778
 朝食もなかなか豪華でした。

|

« 【登山・石像・ジェラート】栗駒山の湯浜コースを途中まで/行者堂の役行者石像/あいすむら | トップページ | 【登山】白いコマクサ見〜つけた。針ノ木雪渓を登って蓮華岳 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65472926

この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】究極のうなぎの湯をぜひ味わうべし。中山平温泉 琢琇(たくひで)(宮城県鳴子温泉)(★★★★):

« 【登山・石像・ジェラート】栗駒山の湯浜コースを途中まで/行者堂の役行者石像/あいすむら | トップページ | 【登山】白いコマクサ見〜つけた。針ノ木雪渓を登って蓮華岳 »