« 【演劇】ぽん太はちと楽しめず。ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出「ワーニャ伯父さん」 | トップページ | 【オペラ】8年越しで結末がわかったぜい。「神々の黄昏」新国立オペラ »

2017/10/10

【歌舞伎】まさに極め付け!吉右衛門の「幡随長兵衛」2017年9月歌舞伎座昼の部

 9月歌舞伎座は、昼の部の観劇。

 「毛谷村」は、染五郎の六助。前半の人の良さは出ているが、後半に真実を知って大魔神に変身するところがパワー不足。吉之丞の杣斧右衛門が、飄々とした感じと踊りの面白さで良かったです。菊之助のお園は、「女房じゃぞ」のところのクネクネ具合や、臼を転がして怪力を見せるあたりが、あんまり面白くなかったです。

 続いて藤十郎と壱太郎の「道行旅路の嫁入」。藤十郎、貫禄はあるけれど、さすがに足腰が弱ってきたか?壱太郎、きっちりと踊っていたけど、なぜか楽しめなかったです。力弥に会いに行くというドラマが感じられず、形に気をとられているように思いました。

 最後は極付、吉右衛門の「幡随長兵衛」。握手でお客さんに愛想を振りまきながら客席から登場し、舞台に上がったところでふっと気を入れて役に入るあたり、自由自在です。歌い上げるような台詞回しを聞いているだけで気持ちよくなります。魁春の女房お時も円熟の芸で、「歌舞伎」を楽しめました。 


歌舞伎座

秀山祭九月大歌舞伎
平成29年9月

公式サイト
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/536

昼の部

一、彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)
  毛谷村

    毛谷村六助 染五郎
    お園 菊之助
    杣斧右衛門 吉之丞
    お幸 吉弥
    微塵弾正実は京極内匠 又五郎

  仮名手本忠臣蔵
二、道行旅路の嫁入(みちゆきたびじのよめいり)

    戸無瀬 藤十郎
    小浪 壱太郎
    奴可内 隼人

  河竹黙阿弥 作
三、極付 幡随長兵衛(きわめつき ばんずいちょうべえ)
  「公平法問諍」

    幡随院長兵衛 吉右衛門
    水野十郎左衛門 染五郎
    近藤登之助 錦之助
    子分極楽十三 松江
    同 雷重五郎 亀鶴
    同 神田弥吉 歌昇
    同 小仏小平 種之助
    御台柏の前 米吉
    伊予守頼義 児太郎
    坂田金左衛門 吉之丞
    慢容上人 橘三郎
    渡辺綱九郎 錦吾
    坂田公平/出尻清兵衛 又五郎
    唐犬権兵衛 歌六
    長兵衛女房お時 魁春

|

« 【演劇】ぽん太はちと楽しめず。ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出「ワーニャ伯父さん」 | トップページ | 【オペラ】8年越しで結末がわかったぜい。「神々の黄昏」新国立オペラ »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65890948

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】まさに極め付け!吉右衛門の「幡随長兵衛」2017年9月歌舞伎座昼の部:

« 【演劇】ぽん太はちと楽しめず。ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出「ワーニャ伯父さん」 | トップページ | 【オペラ】8年越しで結末がわかったぜい。「神々の黄昏」新国立オペラ »