« 【文楽】ケレンたっぷり「玉藻前曦袂」(たまものまえあさひのたもと)2017年9月国立劇場第二部 | トップページ | 【歌舞伎】まさに極め付け!吉右衛門の「幡随長兵衛」2017年9月歌舞伎座昼の部 »

2017/10/09

【演劇】ぽん太はちと楽しめず。ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出「ワーニャ伯父さん」

 先日、「陥没」で初めてケラリーノの舞台を観たらとても面白かったので、引き続き「ワーニャ伯父さん」を観に行って来ました。
 チェーホフの舞台を生まれて初めて観たぽん太が偉そうに言うのもなんですが、なんか、あんまし面白くなかったです。でも、ぽん太だって若い頃からチェーホフが好きだったんだい!

 普通に写実的に演じたら、登場人物たちの情けなさというか、悲哀がもっと感じられたんじゃないかと思うのですが、ちょっとエンゲキっぽく演出を加えたせいで、登場人物たちのリアルな生き様が見えてきませんでした。
 だとしたら、動きなりリズムなり、別の演劇的な面白さが加わらないといけないと思うのですが、前回のケラ作品で感じられたような、軽妙さや独特の間合い・リズムが感じられませんでした。

 段田安則はぽん太の好きな役者ではありますが、かつては中二病で教授に心酔していたけど、現在はすっかり幻滅して愚痴ばかりこぼしている、ちょっと神経質っぽいワーニャの「ニン」ではない気がします。なんかガテン系に見えてしまいます。
 宮沢りえも美しく上手でしたが、教授の若い後妻のエレーナがどういう人物なのか今ひとつよくわかりませんでした。演出の問題か?
 人気の黒木華も、あんまりいいと思いませんでした。ラストのワーニャに語りかける長ゼリフも、ぽん太の心には響かなかったです。東方正教会の信者じゃないと思い入れが難しいのかしら。日本で言えば、現世は苦しいけど死んで極楽浄土に生まれ変わるみたいなセリフですよね。
 山崎一、痛みを訴えて同情を引こうとする老いぼれた教授には見えない。これも演出のせいか?
 ぽん太と同業のお医者さんの横田栄司、一見ダンディだが、未来のために森を育てるとか観念的なことをほざいている飲んだくれを好演。
 脇役の立石涼子と小野武彦が良かったです。

「ワーニャ伯父さん」

新国立劇場小劇場
2017年9月14日

・公式サイト
 http://www.siscompany.com/ojisan/gai.htm

作 ・・・・・ アントン・チェーホフ
上演台本・演出 ・・・・・ ケラリーノ・サンドロヴィッチ

キャスト
段田安則、宮沢りえ、黒木華、山崎一、横田栄司、水野あや、遠山俊也、立石涼子、小野武彦

ギター演奏
伏見 蛍

美術 ・・・・・ 伊藤 雅子
照明 ・・・・・ 関口 裕二
衣装デザイン ・・・・・ 伊藤 佐智子
音響 ・・・・・ 水越 佳一
ヘアメイク ・・・・・ 宮内 宏明
演出助手 ・・・・・ 坂本 聖子
舞台監督 ・・・・・ 瀬﨑 将孝
プロデューサー ・・・・・ 北村 明子
企画・製作 ・・・・・ シス・カンパニー

|

« 【文楽】ケレンたっぷり「玉藻前曦袂」(たまものまえあさひのたもと)2017年9月国立劇場第二部 | トップページ | 【歌舞伎】まさに極め付け!吉右衛門の「幡随長兵衛」2017年9月歌舞伎座昼の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/65889969

この記事へのトラックバック一覧です: 【演劇】ぽん太はちと楽しめず。ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出「ワーニャ伯父さん」:

« 【文楽】ケレンたっぷり「玉藻前曦袂」(たまものまえあさひのたもと)2017年9月国立劇場第二部 | トップページ | 【歌舞伎】まさに極め付け!吉右衛門の「幡随長兵衛」2017年9月歌舞伎座昼の部 »